撮り記・食い記

写真を撮ったり、美味しいモノを食べたりの日常の日記的記録です。時々ゲーム・サッカー。

タグ:魚

今日のお弁当!

焼き塩鯖弁当!ごちそうさまでした!
FullSizeRender

今日は東京駅のベンチで一杯やった後にちょっとお腹が空いていた。いつも見かける改札内の立ち食いそば屋さん。気になっていたので、券売機の前に立ってみた。それは「蕎麦29東京」さん。
FullSizeRender

辛いつけそばをメイン蕎麦とするつけそば屋さんだった。そして豚バラ肉をいろんなメニューに使っていることも分かった。改札内の料理屋さんは得てして値段が高いが、こちらのお店はまあまあ手頃なメニューもあった。
IMG_1612

月見肉そば(550円)をポチってみた。昔の人は良く言ったもので、月見とは改めて見ると良いビジュアルである。
FullSizeRender

辛いつけそばに合わせる麺のため、温蕎麦には合わない固めで太い蕎麦麺。それでも濃いめ辛めのツユには合わせてきている。お肉が量が多く柔らかく、作りたて感があって好きだ。値段が安いので、帰宅中間地点の〆には良いお店となりえるかも。蕎麦がどうしても食べたい時ってあるからな~。ごちそうさまでした!
FullSizeRender
-------
蕎麦29東京
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅 改札内 八重洲中央口


    このエントリーをはてなブックマークに追加

はい、通います。

今週の周庵。僕の撮影した料理写真が掲示されていた。ちょっと嬉しいものである。
IMG_1599

お店の前にも掲示。美味しそうに見えれば良いのだが…
IMG_1600

券売機横にも。少しでも来客増進の力になってくれれば本当に嬉しいのだが…
IMG_1598

そして今日はカレーそば(780円)をオーダー。
FullSizeRender

やはり、周庵のカレーはうどんと合う。僕的にはそばはイマイチだ。もっとそばつゆの利いたカレーの方が蕎麦とは合うのだろう。ということで、こちらのお店のカレーは案外スパイシーなのだ。ごちそうさまでした!
FullSizeRender
-----------
つけそば 周庵
東京都千代田区神田富山町24-11

晩ご飯は鯛の昆布締め(カミさん締め)。熟成感があって美味い。ごちそうさまでした!
FullSizeRender

    このエントリーをはてなブックマークに追加

銀ムツ西京焼きとチャプチェ弁当!

ごちそうさまでした!
FullSizeRender

おそらく2021年2月以来の周庵でのアルコール。いやあ、美味い。
IMG_1498

そして、こちらは1年ぶりのかめや 神田東口店でのたぬきそば。小腹空きをちょっと埋めて帰宅へ。
FullSizeRender

家ではさらにチーズ煎餅で一杯。
FullSizeRender

分厚いポークステーキで〆。ごちそうさまでした!
IMG_1501

    このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のお弁当。

サワラの西京焼き弁当!ごちそうさまでした!
FullSizeRender

そして晩ご飯の晩酌は鮎の塩焼き。今日は減酒日なのでつまみは軽く。今年初で最後の鮎は苦いところも美味かった。天然鮎食べてみたいな。ごちそうさまでした!
FullSizeRender

    このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな所に飲食店が?!って場所。

レストラン松輪のランチ値段が想像以上に高かったので、前から来たかった「まるよし食堂」さんに伺ってみた。のんびりした三浦半島の宮川港にある魚介料理のお店だ。駐車場はお店の前に3台分ほどあり、近くには有料駐車場はたっぷりある。
FullSizeRender

僕たちは平日の13時に到着。この時点では空いていたので席は選び放題だったが、この後30分で満席となってしまうほどの人気ぶりだった。海で濡れていても外で食事ができる海に寛大なお店の方針が素晴らしい。三浦のスイカも売っていた。
FullSizeRender

懐かしい、HI-C発見!
IMG_0129

店内からは海と島々が見えて、風光明媚なお店である。僕が生まれて初めて天の川の写真を撮ってみた思い出の地でもある。
FullSizeRender

僕は珍しいというより初めて見たはばのり定食(1100円)をオーダーした。
IMG_0131

店員さんも丁寧に説明をしてくれるが、ハバノリの食べ方はこういうことらしい。醤油をかけて混ぜ、ご飯に乗せてかき込むとのこと。
IMG_0130

こちらのお店も全てに手を抜いていない。
ハバノリは醤油のかかった部分は柔らかくなり、かかっていない部分はパリッとしたまんま。食感は楽しい。見た目は薄いのに、口の中では噛みごたえが出てくる不思議なな海苔だ。海苔らしい磯の香りと味は濃い。こいつはたまに食べに来たくなる定食だ。僕は醤油を多めにかけるのが好きだという調整結果だった。
三浦のひじきは太めでフワフワで美味い。あらさき亭のひじきが美味かったのを思い出す。まるよし食堂は甘めの味付けでご飯を誘う。
きゅうりとプリプリなタコの酢の物が甘美味い。箸休めに最適。そしてぬか漬けは独特なぬかの香りがするもの。ぬか漬けファンにはこの上ない漬物ではないだろうか。
味噌汁もまろやかでほんのり甘かった。玉ねぎの甘さが出ていたのだろうか。
いや、地元の逸品を楽しませていただきました。ごちそうさまでした!
FullSizeRender

カミさんは海かけ丼(1300円)。
FullSizeRender
マグロのすき身とワカメの芽カブ。これも絶妙の組み合わせで磯感たっぷりな丼を安価にいただける。お米にピッタリ合うので是非。どちらもまるよし食堂オリジナル!こういうメニュー展開力は好きだ。また来ます。
----------
まるよし食堂
神奈川県三浦市宮川町11-30


    このエントリーをはてなブックマークに追加