撮り記・食い記

写真を撮ったり、美味しいモノを食べたりの日常の日記的記録です。時々ゲーム・サッカー。

タグ:街中華

ナイスな街中華。

買い物後にカミさんとランチ。時間も遅かったので近所でと、「平塚飯店」さんへ伺った。よく考えると二人は汁麺を食べたことがなかったので汁系をと行ってみた。僕はタンメン(730円)、カミさんは五目うま煮そば(広東麺)と半チャーハン(880円)で、美味いチャーハンはシェアだ。

こちらパラパラとしっとりの中間チャーハン。甘みもあって、平塚の中でも指折りの美味さだと思う。
FullSizeRender

そしてタンメン。
FullSizeRender
スープは野菜と鶏の旨さが深い味を形成する塩味。スープには粉々になったニンニクが入っていて、複雑な味わいをさらに増加させている。
麺は細めの若干ウェーブで加水は高め。量が多く、野菜やスープと一緒に口の中に掻き込める。
野菜は少し固めの炒め具合。野菜と麺がよく絡む。
汁そば系も美味いお店だった。パーフェクトな中華料理屋さん。駅から距離はありますが、お薦めです。

こちらは五目うま煮そば(広東麺)のビジュアル。
FullSizeRender
ごちそうさまでした!
-------
平塚飯店
神奈川県平塚市平塚2-17-32

晩ご飯は羽付き餃子。中華攻めみたいだ。ウチの餃子は酢醤油が美味い。ごちそうさまでした!
FullSizeRender

このコロナ禍で、世界へと直接通じていかない箱根駅伝を巨額のお金を使って行う必要があるのだろうか。そもそも駅伝って何だ?!
IMG_6333

    このエントリーをはてなブックマークに追加

房総愛が強く…

銚子市長崎鼻での写真撮影を終えて、仕事場の君津市に向かう途中に気付いたこと。国道を走っていると、銚子市は風力発電の風車がずーっと続いているということ。何基あるんだろう?ここは風の強い地域で、風と共に生活していく証なのでしょうか。
IMG_6186

君津で仕事を終え、ランチは地元が木更津の後輩に教えてもらった「木村屋食堂」さんへ。チャーハンやラーメンが主力の丁寧なお店と聞いている。店外は昭和の風格を持っている。
IMG_6190

店内も味があって良い感じ。12時半でお客さまは僕を含めて3組だったので、席を選んで余裕で着席できた。
FullSizeRender

一昨日実現しなかった末ッ子での上海焼きそばに近づけようと、木更津では案外地元食に入ってくるヤキソバ 大(700円)をオーダー。
FullSizeRender
いや~、美しくも優しげなビジュアル。
麺は細めで柔らかめ。木更津の焼きそばは柔らかめが多く感じる。ソースは辛め。優しい見た目なのにガツンとくる焼きそばだ。麺との対照が良く、大盛りもペロリだ。
野菜は硬めに、超美味な豚肉は柔らか炒めてある。具も対照的な仕上がり具合で舌をくすぐってくれる。ごちそうさまでした!

テーブルで見付けた七味にんにく。鴨川製となっていた。味変としてふりかけてみる。これは七味ではなく七味風味のニンニクパウダーと思ったほうが良い。にんにく感が強くていっきに気に入った。そして七味部分も侮れないほど辛いのでご注意を。
FullSizeRender
------------
木村屋食堂
千葉県木更津市富士見2-1-6


本日の相棒。一眼レフ撮影は寝坊でできなかった銚子市長崎鼻 一ノ島照射灯からの日の出時にて。めっちゃいい感じの日の出になってるじゃん!逃した魚は大きい。
IMG_6184

帰宅後はカミさんと大げんか。晩ご飯を食べずにふて寝をしてたら明日まで12時間の睡眠をしてた!ふふ、まだ寝れる。まだ若いな。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

おもいっきり食べたいなぁ。

葛西仕事でのランチ。餃子を昨日から食べそびれているので、「張家餃子別館」さんに行ってみた。西葛西の街中華的な外観だった。元気な声の接客が気持ち良かった。けどなぁ…。地元の方や肉体労働者の方でお店はどんどん埋まっていく感じだった。
お店の名前に「餃子」と付いているのに、純粋な餃子定食がなかったのが残念で、炒飯・餃子定食(720円)をオーダー。
FullSizeRender
最初に炒飯。パラパラとしっとりの間のご飯具合。甘めの味付けで美味い。
何だろう、中に入っている小さな挽き肉みたいな肉片が甘さを増していて香ばしい。これがこの炒飯の味を決めているような気がした。

続いて餃子。セットメニューでは3個だけだった。
FullSizeRender
見た目は焦げ目ばかり目立って正直良くない。
しかし、羽付き餃子とて所詮焦げを食べているようなもので、こちらのこの焦げが案外パリパリしていて美味いのだ。焦げっぽい味はしないので、こういう焼き方をしているのだろう。
中身はこのビジュアルから肉汁が出てくる。こちらの餡も炒飯同様甘い。肉汁がたっぷりあって、餡に味がついているタイプは酢醤油をつけなくても十分美味しい。
なかなか良いお店なのに、あそこだけが…残念だった。
-------------
張家餃子別館
東京都江戸川区西葛西8-8-17


苦戦している500px、ようやくフォロワーさんが100人に。がんばっていこう。
BlogPaint

    このエントリーをはてなブックマークに追加

地元民に愛される。

今日は台風14号が近づく中、葛西の畑で待機。なのでランチは浦安橋の「福々亭」さんへ。ご高齢なご夫婦が切り盛りしている地元の方も多い街中華だ。ちゃんぽん(600円)をオーダーしてみた。
image
ビジュアルは生卵が目につく。
さて、スープを一口。甘い。鶏や野菜の旨さが深く甘い。これは淡路町の中華料理ひかりに似てるちゃんぽんだ。長崎のちゃんぽんとは豚骨具合が違う。豚骨が入っていないスープも長崎にあるのだろうか。にしてもこの僕が勝手に名付ける東京ちゃんぽんは美味い。野菜とよく合い、身近に感じる。そしてこちらのお店の生卵は、溶くとマイルドに味変する。
麺は太めちょいウェーブで多加水。野菜と絡み合う麺だ。その野菜がスープをすくうものだから、口いっぱいに野菜の旨味が広がる。
こちらの野菜もキャベツが多い。いろんな食感の野菜が入っているのは食べ進めるのがすごく楽しみだ。
年季が入っている極上品を、ごちそうさまでした!しかし、お隣さんの五目そばも気になったなぁ~。
--------------------------
本場長崎チャンポン 福々亭
東京都江戸川区東葛西3-10-11

最近実装されたシキジカをつかまえた。
image

本日の相棒。壊れたバイク前にて。
image

    このエントリーをはてなブックマークに追加

雰囲気が良い。

今日の麺パトロールは街中華っぽい様相を見せている「鶴の恩がえし」さん。お客さまはたくさん入っているし、店員同志の声のかけ方などの威勢が良い。メニューはたくさんあるので迷ったが、野菜そば(650円)をオーダーした。
image
スープはノーマルな醤油味。中華出汁が効いている。
麺は多加水の中細ウェーブ。麺の量が多い。
野菜のごま油での炒め方はちょうど良く、こちらもボリューミーだ。
---------------
鶴の恩がえし
東京都千代田区神田多町2-2

本日の相棒。夜の歩道橋にて。リザードンの写り込み。
image

    このエントリーをはてなブックマークに追加