撮り記・食い記

写真を撮ったり、美味しいモノを食べたりの日常の日記的記録です。時々ゲーム・サッカー。

タグ:焚き火

酒が飲めるぞ!

今日は夫婦としては初めての宿泊キャンプに挑戦。日曜日の「西丹沢大滝キャンプ場」にやってきた。ここは僕が以前宿泊しているので下見も完了している。サイトはあまり整備されていないが、自然そのままに限りなく近く、それが特徴となっているキャンプ場である。



日曜日なので続々と帰っていく宿泊客やデイキャンプ客を尻目に、川のメインのところにサイト設営。この時点では僕たち1台となっていた。写真のように車ごと乗り入れることができる。今日は宿泊なので、設営をしながらすでに飲酒を開始している。
FullSizeRender

オーガニック白ワインは川で冷やしておけば問題ない水温となっている。
IMG_1788

突き出しはサザエの壺焼き。ここに来る途中、ロピア秦野店で仕入れてきたもの。こいつはササッとつまみにするので、タフまるJrでいっきに焼き上げた。
FullSizeRender

ただ焼くだけで文句なしに美味い。良い食材があればパッと買ってくるのもありだね。
IMG_8346-CR2_DxO_HQ_マスク_ssha_R

秋晴れのキャンプ場を独占している感じ。僕たちのキャンプはひたすら食べて飲むだけのものが続く。
IMG_1787

次は明石焼き。たこ焼きが久しぶりすぎて、こびりついてしまい、ちょっと失敗したとのこと。
IMG_1790

明石焼きの出汁はヒガシマルのうどんスープ。これだけで美味い。僕のひとり車中泊ストックがここで役立った形となった。見た目はアレだったけどお酒が進む。外でタコ焼きも良いではないか!
IMG_8352_R

で、僕は僕で三脚を使ってこんな変態的撮影をしながらご馳走に舌鼓をうっている。
IMG_1791

日が大分傾いてきた。東の空は青空だが、西の山々は影になってきている。山と川と河原、そんな大自然のキャンプ場である。
IMG_1792

この頃には一組のベテランファミリーキャンパーがお隣りにサイトインしてきた。ご挨拶をしていただき、すごく好印象。一番前のワンちゃんはキャンパーさんの犬。後ろはキャンプ場のワンちゃんだ。たとえ河原で遊んでいる時も、子どもたちにはライフジャケットを着させていた。安全第一の考え方は学ぶところがあった。
IMG_1793

日が暮れて寒くなってきたのでウチも焚き火を開始。買った薪から水蒸気が出ているのがよく分かるが、湿っているみたいで中々の苦戦を強いられた。キャンプ場のワンちゃんは自由気ままにこのように遊びに来るけど、大人しいので安心。
IMG_1794

焚き火が本格的になるまではホタテとタコのアヒージョをたこ焼き器で。どちらもサクサクっとした食感とアツアツで良きつまみとなる。寒くなってきたし。
IMG_1796

本日のメインディッシュ、モツ鍋を開始。平塚の肉の石川で良いもつが手に入ったので、カミさんは気分が上々になっていた。
FullSizeRender

焚き火の火力を調節して…
IMG_1797

山盛りのニラと大量のにんにく、モツ!こりゃ美味い!ごちそうさまでした!
IMG_8360-CR2_DxO_DeepPRIME_マスク_ssha_tc_R

〆は中華麺を投入。最後の最後にあと1杯の焼酎を飲むか飲まないかでカミさんと若干の言い合いとなる。ま、ここまで相当量の焼酎を飲んでたからね。焚き火の全体像はこんな感じ。
IMG_8364_R

今宵はほぼ満月。夜も更けていく。
IMG_1802

そろそろお休みの時間だ。車の中の荷物を全てタープ下と運転席&助手席に移動して…
IMG_1800

セレナをフルフラットに。
IMG_1801

テントで寝るのは嫌だというカミさん。僕もそうだけど。2人車中泊に。カミさんの腰が痛くなるといけないから、いつも使っている高周波治療器を持参で。でも割と眠れたみたい。
IMG_1803

翌朝はコーヒーで目覚める。雨雲レーダーとは違って雨がぱらついたが、すぐにやんでくれた。山の天気は分からない。
IMG_1806

そして僕は炭をおこす。カミさんは調理。
IMG_1807

朝はサンマの塩焼き。煙がどれだけ出ても気にならない。脂も適度に落ちてくれる。
IMG_8381-CR2_DxO_HQ_マスク_ssha_tc_R

今年の初さんまが焼き上がってきた。
IMG_8388-CR2_DxO_HQ_マスク_ssha_R

はい、こちらが朝食のテーブル。朝からすげーな、カミさん。ごちそうさまでした!
IMG_8396-CR2_DxO_HQ_R

急いで片付けをして、帰宅後のお昼ご飯はあっさり簡単ににゅうめん。これはこれで良き。テストだった宿泊キャンプも成功だ。楽しみの幅が大きくなったといえる2日間でした。
FullSizeRender

    このエントリーをはてなブックマークに追加

本格はだね~

今日は久しぶりに家族4人揃っての遊びができる日。神奈川県は神奈川県から遊びで出られないから、県内のデイキャンプを選択。裏ヤビツにある「BOSCO Auto Camp Base(ボスコオートキャンプベース)」へと行ってみた。
ヤビツ峠の厳しいジグザグ道に入る前までは免許を取って初めての長男の運転だ。相棒のセレナには久しぶりに初心者マークが貼り付けられた。
IMG_8590

嬉しいね~!通常道路→長男、峠道→次男の運転なので朝からプシュ~!っとできるのは!(帰りは僕の運転なのでアルコールは12までなのだが…)
IMG_8591

グニャグニャ道を上っていき、ヤビツ峠のバス停を越えて裏ヤビツを少し下ると右に降りる道の前に看板が出てくる。そこを降りればキャンプ場だ。車を横付けできる川沿いのサイトがデイキャンプ3540円で楽しめる。神奈川県では抜群に安いほうだ。環境が素晴らしい!
IMG_8595

トイレ、流し、シャワー施設もあって、サイトから近い場所が何か所かある。トイレも水洗らしく、カミさんも気に入っていた。ここならテントで泊まってもいいとか言ってた。夜は虫が出るってことはさておき。
IMG_8593

キャンプといえば雰囲気が大事だと次男が先輩から借りてきたテントをまず建てる。僕はもう酔ってるから男二人いれば自然と建つでしょ(笑)。
IMG_8592

おおー!立派なベースができましたね!焚き火と調理開始です。
IMG_8594

こんな風に川のほとりでキャンプが楽しめます。晴れの日の夜は満天の星が樹間から見れそう!
IMG_8596

この日は山藤が綺麗に咲いていました。持ってた一眼レフで作品風に撮ってました。
IMG_1059-強化-HDR_マスク_光_ssha_オートン_R

焚き火も点いて、何やらいろいろな料理ができてきそうですね~。
IMG_8598

まずは家から持ってきたきゅうりの一本漬けでお酒を飲みながら作業~
IMG_1068-強化-HDR_R

そうこうしている内にガーリックライスが炊けました。まだお預け状態みたい。
IMG_1065-強化-HDR_R

きゅうりから空豆へとつまみは移動していく。
IMG_1075-強化-HDR_R

チーズフォンデュもできあがりました。
FullSizeRender

これが美味かった!鶏のマスタード煮込み。複雑な味が絡み合う旨味の鶏だ。
IMG_1084-強化-HDR-1_R

アヒージョはホタルイカ入り。苦味のある大人のアヒージョ。
IMG_1105-強化-HDR_R

分厚い豚を焼いて、湯煎をして低温調理のレアポーク。美味い!けど、車の中の睡眠から起きた僕には1切れしか残っていなかった(泣)。
IMG_1091-強化_R

〆の第一弾、先に炊きあがっていたガーリックライスとベイクドビーフ。合うね~。
IMG_8605

ピザの写真を撮る変態おじさん(笑)。
FullSizeRender

〆の第二弾。ピザ!これで全ての料理が終わり。ごちそうさまでした!分別処理をすればゴミもほとんど捨てられるし、このキャンプ場は素晴らしかった!みんな酔っ払ってる中、車を運転して帰ったけど…。
IMG_1111-強化-HDR_R

    このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のお弁当。オムライス!

ごちそうさまでした!
IMG_8661

今日はお仕事で屋外での焚き火の申請を初めて行ってみた。無事にできることとなってホッとする。
IMG_8665

その帰りに小腹が空いたので立ち食いの「葛西めんや」へ。
FullSizeRender
かき揚げを初めて食べた記憶だが、揚げ方も美味い。ここの立ち食いはやはりレベルが高い。ごちそうさまでした!
-------------
葛西めんや
東京都江戸川区中葛西5-43-1 メトロセンター

    このエントリーをはてなブックマークに追加

静寂なるところ。

今日は会社の同僚のソロキャンプにお邪魔する予定。キャンプ場は「PICA表富士」なので、途中に前から行きたかった景ヶ島渓谷「屏風岩」にロケハンに行ってみることにした。

地図やナビ通りに屏風岩に着くと、4台ほど停めれる駐車場がある。
BlogPaint

駐車場右手の矢印道標どおりに山の中に入っていく。すると木製の階段が見えてくる。
IMG_8458

歩いて1分ほど。そこは道路の下とは思えない綺麗なグリーンの水が流れている別世界だった。奥には小さな滝も落ちている。
IMG_8461

それにしても分かりやすい柱状節理が淵を囲んでいる。この景色はロケハンに留めておく必要はない。遅刻をしてでもしっかり撮ろう。ということで、低めからフォトを狙ってみた。
IMG_8463

PLフィルターで淵底を写し、長時間露光で水面を滑らかかつ浮いている落ち葉を模様に。さらに、岩にピントを合わせたものと淵の真ん中ぐらいにピントを合わせたものの深度合成を行った写真がこちら。
IMG_1098-強化_blend_hipass_R
この場の静寂さが伝われば幸いである。

さて、裾野市から道を間違えて渋滞にハマりながら遅刻しつつ、PICA表富士に到着した。このキャンプ場は富士山の南側に位置する。

天気は曇天。本来は明日からふもとっぱらで10人ぐらいのキャンプを考えていたが、明日は昼から大雨なのでそちらはキャンセルをして、ソロキャンパーの同僚にご一緒することとなった。
IMG_8471

こんな感じでセッティング完了。天気は下り坂なので、フリースペースには僕たちだけしかいない。
IMG_8469

まずは遅めのランチ。男ふたり何が楽しいかって、ひたすらに酒飲んで肉を食らうのが楽しい。
IMG_8477

地元の鶏が串刺しされてるスーパーの焼鳥だって最高の食事となる。
IMG_8475

そして夜になれば寒くなるので、焚き火で暖をとる。薪もあるが落ちている枝でも十分火種となる。
IMG_8482

そして夜も更ければ焚き火は晩ご飯の調理道具となる。今日のメニューは豆乳鍋だ。野菜と豚肉をことことと煮て、焼酎をホットでいただく。この上ない幸せなひとときであった。
IMG_8488
大分酔っ払ってきた。僕は日付が変わった頃から星を撮りたいので、キャンプ場だけど迷惑をかけないように寝袋を使いながら車中泊。おやすみなさい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

雨のキャンプ明け。

朝食はハムエッグを挟んだパンをいただく。お酒は昨日の残り。朝から飲んでませんよ~。
IMG_7449

テントやタープを片付けて、道の駅こもちへ。白井宿の散策途中に見つけたあじさいがハートだった。良いことがあるかな?キャンプはここで解散となった。
IMG_7450

帰宅後の晩ご飯は自家製パングラタン。おっと今日はカリッカリッの焦げ過ぎパンだ~!
IMG_7454
ごちそうさまでした!

    このエントリーをはてなブックマークに追加