撮り記・食い記

写真を撮ったり、美味しいモノを食べたりの日常の日記的記録です。時々ゲーム・サッカー。

タグ:潮位

秘境千葉。

君津での仕事を終えた後は館山に写真撮影のロケハンに向かう。Google Mapsで気になっていた館山砂丘だ。館山カントリークラブの北側にある砂地らしいが…。
クラブハウスのちょうど裏側に北側に入る砂利道が出てくる。
IMG_8635

間隔を開ければ何台かの車が停められる駐車スペースがあった。
IMG_8636

奥の道を歩いて行くと、何やら砂の固まりが見えてくる。これがGoogle Maps上の砂山だ。緑地の中にポッカリと砂が溜まっているのはこれも変わった光景だ。
IMG_8637

海に向かって右側の砂丘陵からゴルフ場を見下ろした風景は…。しかし何でこんなところにゴルフ場作るかな?!必要か~?!
IMG_8638

夜はゴルフ場の灯りが目立つのだろうか。
IMG_8640

天の川がゴルフ場辺りから立つイメージだろうか。
IMG_8639

太陽としては冬の夕日が良い感じなのだろう。
FullSizeRender

砂山をさらに登っていくと頂上から下りだしたところで、向こう側に何やら開けた場所が見えてくる。
IMG_8642

お?!砂の斜面が…
IMG_8643

砂の斜面が下って上って?!ちょうど先行の見学人が真ん中にいます。スケール感が分かるでしょう。これだけでも珍景だ。周りに植物があるのが余計に違和感を出している。これが「館山砂丘」か!
IMG_8644

海側の砂丘を下から眺めてみる。
IMG_8648

こんな感じの光景に…
IMG_8647

天の川は45度から、
IMG_8645

垂直までコラボできそう。
IMG_8646

太陽は冬の朝日で砂が輝きそう!
FullSizeRender

夕日は来た道の砂山方面で砂が輝きそう。
FullSizeRender

山側の斜面に登って海側の砂丘を見た図。夜になれば面白いかもしれない。それにしても変わった風景だ。チャンスがあれば天の川撮影に訪れてみたい。
IMG_8652

悲しいかな、白浜フラワーパーク Ocean's キャンプ場の閉業をこの目で確かめた後、布良海岸のロケハンに行ってみた。どうすればこの海岸にたどり着けるのか…
房総フラワーラインから青木繁記念碑方面に行く道路はキャンプマナビス 海サイトや私有地にしか行けない道路なので進めない。しかし、このキャンプマナビス 海サイトは見ただけで良いキャンプ場だと感じた。いつかここに泊まって天の川撮影に呆けたいものだ。
FullSizeRender

房総フラワーラインからは相浜の交差点を布良港線を海の方に入っていくとすれ違いのできる大きな道路が続く。
FullSizeRender

車で進入できる限界地に布良児童遊園の広い駐車場があるのでここに車を停めて海岸に行ける。
IMG_8658

まずは海岸に建っている素敵な一軒家の向こう側。
IMG_8656

斜めに倒れた岩床が海に伸びる白浜独特の風景のひとつ。天の川は垂直が一番合うでしょう。
IMG_8657

そして布良児童遊園から改めて調査。駐車場の海側に堤防道に降りる小道がある。
IMG_8659

階段で海に直接降りることができる。
IMG_8660

この時点での潮位は1mを少し超えたところ。
IMG_8661


階段を降りてすぐの場所。
IMG_8664

白浜らしい細長い岩が海に縞状に伸びている場所でアクセスは簡単。潮位は低ければ低いほどビジュアルが良さそうだ。
IMG_8663

天の川は左側に垂直がせいいっぱい。左に傾いてる時期や時間は画角に入らない可能性がある。
IMG_8662

夕日のシーンの方が撮り安そうだ。冬至がベストっぽい。
FullSizeRender

潮位が高いと隣りの磯場には簡単には移動できないようだ。
IMG_8665

道路上から見える風景①
IMG_8667

道路上から見える風景②
IMG_8668

道路上から見える風景③
IMG_8669

それぞれの赤いエリアは海からは行き来ができない。いったん道路に登ってから小道でのアクセスが必要になる。
FullSizeRender

さらにキャンプマナビス 海サイト方面に行くと公衆トイレがある。いざという時の頼りになる相棒だ。
IMG_8671

そして次の日は塩浦海水浴場をロケハン。ここも広い駐車場がある。夏のシーズンには有料駐車場となるのだろうか。
IMG_8686

駐車場を奥に歩いていくと岩場がある。
IMG_8690

広い岩と海のコラボ。
IMG_8689

天の川は45度から
IMG_8688

垂直まで全てOKっぽい。
IMG_8687

太陽は日の出が良さそうだ。
FullSizeRender

この日この時の潮位は1mを超えているので、潮位が低ければもっと岩が出てきて面白そう。
IMG_8692

    このエントリーをはてなブックマークに追加

緊急事態宣言時にはこんなことしか…

トラスコ湘南大橋下の海杭が近寄って写真撮影ができないということが分かったので、今度は沖側にある砂州から行ける突堤のロケハンに行ってみた。潮位の確認と夜に通行可能な歩行路の実歩きである。

相模川流域下水道左岸処理場のシンプルな建物。星グルが合いそう。
IMG_7181

相模川流域下水道左岸処理場の複雑な建物。星グルが合いそう。電線をどう処理するかが問題。
IMG_7182

相模川流域下水道左岸処理場の複雑な建物反対アングル。北極星星グルができるか。テトラポットも不可思議な感じ。
IMG_7183

現時刻で潮位80cmぐらいかな。
IMG_7184

階段から砂洲に降りていける。安全なコースで。
IMG_7185

積石の向こう側はテトラポットなので危険。
IMG_7186

砂地を通って西へ。潮位が相当高くても突堤には辿り着けそうな気がする。
IMG_7187

貝殻がびっしりと付着した流木。星グルや天の川とコラボができそう。
IMG_7188

突堤もどきに到着。湘南大橋側。こちら側は海杭と車のヘッドライトレーザーがコラボできそうかな。
IMG_7189

西側の対岸防波堤。夏の夜にはうなぎ釣りの人達が綺麗な色のライトを点けて並ぶ。こちらから撮るのも面白いかもしれない。
IMG_7190

突堤の根本で東方面を向いてみる。
IMG_7193

突堤と支柱が南に伸びる海の絵。
IMG_7192

明日の朝の4時には天の川が横たわって出現する。これは良い絵ではないだろうか。明日の朝が晴れていたら撮りに来ようと計画をしたけれど、本日の23時に東北地方を中心とした震度6強の地震が発生。余震で津波発生時にこの砂州を走って逃げて、車がないというのは危険すぎる。曇りということもあったけど、明日の朝の撮影行は断念をした。
IMG_7191

突堤の先の方には支柱群が続く。曇りであってもFINE ART系の写真が撮れそう。やはり相模川河口の砂州は被写体が多い。夏でも南が開けているから、光害がなければ天の川が見えるんじゃないかな。
IMG_7194

せっかく家から5kmは歩いてきたので、堤防でパスタを作って食べた。こんな外出なら良いと思うのだが、自粛はしておこう。
IMG_7196

さて、パスタの完成とともにソーシャルディスタンスを詰めてきたヤツがいた。鳩の飛来だ。10匹ぐらいがソースをかけた途端に飛んできた。僕は鳩に囲まれながら、鳩と会話をしながらランチを食べることとなった。誰か~野生の鳥獣に餌をあげないでくれよ!
IMG_7199

オービタル7がKC CUPの特別パックから出てきた。現時点でこのパックからしか入できないので、貴重な存在なのかな?!
IMG_7179

本日の相棒。トラスコ湘南大橋上にて。
IMG_7200

    このエントリーをはてなブックマークに追加