撮り記・食い記

写真を撮ったり、美味しいモノを食べたりの日常の日記的記録です。時々ゲーム・サッカー。

タグ:洋食

洋食屋さんとは?!

正式な付き合い出し記念日が法事で高速道路を移動していたため、何もできなかったので、今日はカミさんとランチに行くことにした。考えてみればその記念日も34回めを迎えることとなった。三代目ひもの仙人 真鶴 高橋水産で贈り物をするためにやってきた真鶴半島。そして選んだお店は「海to里」さん。湯河原のフレンチ、エルルカン・ビスがプロデュースをしたお店のシェフが開業したらしい。今日は強風で生憎の天気だが、海が見えるお店の造りになっているらしい。楽しみだ。
IMG_2612

店内からは海が少しだけ見える。テラス席からはよく見えるだろう。フレンチっぽいお店ではあるが、洋食、洋食とレビューに書いてある。その訳は?ということでノンアルコールワインをいただくことにした。ランチコースは木漏れ日(2750円)をオーダー。嫌いなものはこのオーダー時にある程度聞いてくれる。今日の内容にはなさそうだった。
IMG_2613

アミューズ。フルーツトマトと蟹の和出汁のジュレがけ 青大豆豆乳入り。カニと和出汁の相性が抜群。洋食だけれど、和テイストもあるとのレビューもある。食欲の出る逸品だ。
FullSizeRender

前菜。北海道産ホタテとマグロのレアグリル 柚子の◯◯ソース サラダ仕立て。僕は勝手にエルルカン・ビスは火加減の魔術師と言っているのだが、海to里も魔術的な火入れをしているようだ。このホタテは生と焼きの中間で甘さがすごく出ている。口中の食感も良い。綺麗だ。
FullSizeRender

スープ。カリフラワーのスープ。かぼちゃのスープと言っていたようだが、カリフラワーだった。僕はカリフラワーが苦手だ。恐る恐るいただいてみると…美味い。スパイシーでいろんな味がするスープだった。擦ってしまえば食べれるようだ。
FullSizeRender

メインディッシュ。僕が選んだのは秀麗豚ロースの厚切り豚カツ。8種類からメインを選べるのは結構楽しかった。トマトカレーなんかもある。このメインに洋食要素が隠されていた。そして豚カツにあえてパンを選択。ライスも選べます。
FullSizeRender

レアな豚かつは流行りなので、いろんな豚カツ屋さんでも出てくる。火入れの魔術師は違った。レアを少しだけ通り過ぎるミディアム・レア?。しっかり噛んで肉の美味しさが出てくる部分を残しているかのようだ。肉が柔らかいとか、そんな次元の豚カツではない。
FullSizeRender

豚カツをパンに乗せて一緒にいただくとこれがまた良き。極上のカツサンドをいただいているみたいだ。これもパンにして正解だった。
FullSizeRender

カミさんのメインディッシュ。旬魚のレアグリル 洋風海鮮丼。こりゃビジュアルが綺麗だ。カミさん曰く、この魚たちも完全の生から微妙な火入れといろんな食感と味を楽しめたらしい。何種類の魚が乗ってるんだろう?
FullSizeRender

ここからはランチに付けれるデザートと飲み物セット(550円)。干し柿とベイクドチーズ、コーヒーゼリーとアーモンドのグラサージュ。甘いものが苦手な僕でもすんなり入る。
FullSizeRender

これとコーヒーで終わりかと思いきや!コーヒーとマロンのムース、自家製バニラアイスも出てきた。ここでみなさん「え?頼んでません」となるらしい。これが海to里のデザートだという訳だ。綺麗で素晴らしい。ごちそうさまでした!真鶴のこんな良いお店に気付いていないなんて…リピートします。カレーとか気になるなぁ。
FullSizeRender
----
海to里
神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴1408-1
https://to-western-restaurant.business.site/

晩ご飯はおでん。と高橋水産のエイヒレ。ふっくらなエイヒレ。こんなの食べたことない!ごちそうさまでした!
IMG_2640

僕が仕事場で抜いてきた三浦大根。しゅんでる、しゅんでる。
IMG_2641

アポリア。早くキャラゲットせねば。
FullSizeRender

    このエントリーをはてなブックマークに追加

まいったよ。おっちゃん。

今日の君津仕事は早く終わったので、魚で飲んで〆が実現できるお店を探したら、「佐野和洋食店」さんが僕にはヒットした。ここもホテルから歩いて行ける距離だった。駐車場もあります。
FullSizeRender

君津市はお酒は飲めますか?と店主らしきおっちゃんに聞いたら、どうなんでしょう?とにやにや顔ではっきりしない皮肉返答をしてくるので、こんな店二度と来るかと思ってビールを頼んじゃったじゃん。
FullSizeRender

マグロブツ(480円)。お店にて魚で飲む。何と久しぶりな話しではないでしょうか。こんな感じで晩酌に入っていくと、気分が盛り上がる。
FullSizeRender

そして〆の焼きそば(670円)。ごめん、おっちゃん。二度と来るか!なんて二度と思いません。
FullSizeRender

こいつゎ美味い!値段からすれば具の質などは普通であろう。甘くてちょい辛のソースがやめられない、止まらない。水分と油分のバランス良い炒め方が完璧。スルスルと食欲をそそり、ぐいぐい胃の中に入っていった。一緒に頼んだレモンサワーを飲み忘れるぐらいにスルッと。
こちらのお店の海苔は添え物ではありませんよ。香りと食感の存在感がすげーよ。ごちそうさまでした!
FullSizeRender
----------
佐野和洋食店
千葉県君津市西坂田2-15-12

リサーチでメロエッタをゲット。
FullSizeRender

本日の相棒。高架下にて。
IMG_0056

    このエントリーをはてなブックマークに追加

シンプルが良い。

仕事中の暇な時に食べログを見ていると、何だか美味しそうなお店を見つけた。今日はここへ行ってみよう、の「こいわ軒」さんだ。とんかつを中心とした洋食のお店で、地元で永らくやっている老舗のようだ。ランチメニューを見ていたらクリームコロッケを発見!トンカツに後ろ髪を引かれながら、カニクリームコロッケとハンバーグ(800円)をオーダーした。
FullSizeRender
見た目はザッツ洋食という感じ。
荒ら目のパン粉で揚げられたカニクリームコロッケは外はサクサク、中はトロトロでこの感覚は久しぶりだ。クリームコロッケは揚げる時に爆発するらしく、カミさんも家での調理は苦手だという。ご飯によく合って美味い。
ハンバーグは肉肉しく、サッパリしたデミグラスソースがかかっているので、おじさんでも難なくいただける健康ハンバーグに感じた。
定食屋さんの美味しいところはほとんど全てがご飯、味噌汁、お新香に手を抜いていない。こちらこいわ軒も全てが美味しい。最後はコーヒーゼリーでお口をサッパリと。ごちそうさまでした!
-----
こいわ軒
東京都葛飾区新小岩1-40-12

家の十味唐辛子が切れたので、その後釜は黄金一味。京都の唐辛子で、本当に日本一の辛さかもしれない。僕にはちょうど良いがめちゃ辛いので注意が必要かも。でも美味いんだ!
FullSizeRender

本日の相棒。小松川境川親水公園の桜と一緒に。
IMG_7826

    このエントリーをはてなブックマークに追加

心地よい空間は良い。

今日は平塚市でも雪が降る天気予報だったので、緊急事態宣言時下では徒歩で行ける写真撮影地を3つ考えていた。久しぶりに撮影に行けるかとワクワクしていたが、天気予報は見事に外れて雨。また行き場・外出場を失った僕でした。なのでランチは少し贅沢にしようと「三澤亭」さんにとんかつを食べに向かった。東雲橋から金目川の西側に行った三角路にある一軒家だ。
FullSizeRender

駐車場はお店の前に2台、お店の左に入る小さな道路を行ったところに2台分あるので、車で行っても安心だ。
IMG_6822

玄関から靴を脱いでお店に上がるシステム。玄関を開けると大きめ長めのチャイムで店員さんが出てきてくれて、下駄箱の案内をしてくれた。入っただけではどうして良いのか一瞬固まる感じだ。お家の居間に入っていく感じでドアを開けると、カウンターとテーブル3つ、奥に座敷テーブル2つのアットホームなお店。奥さんでしょうか、女性店員さんが事細かにメニューを説明してくれた。初めての顔だったのでしょう、なぜここに?どこから?なんかも嫌味なく聞かれました。トンカツ 中 ライス味噌汁付き(1400円)をオーダー。ランチメニューがいろいろとあるので安心。
FullSizeRender
味噌汁はえのきが多めで、手作り感満載で良い。辛子がバターナイフ付きでたっぷりと出るのだが、何となく洋辛子と和辛子の中間な感じの食感と香りが良い。塩がテーブルにあるので、僕は塩とソースで交互にいただいた。
衣はサクサクではなくカリカリという揚がり方。衣に混ぜてあるのだろうか、ふってあるのだろうか、良い感じのスパイシーさが美味い。
肉は若干レアの仕上がり。柔らかいのではなく、トロトロに溶ける肉である。トロトロ肉とカリカリ衣の組み合わせは和のトンカツ定食ではなく、まさに洋食のとんかつ。値段の割りにはビックリするぐらい美味いトンカツだった。三澤亭さんオリジナル!な感じがひしひしと伝わってきた。
お米の粒は大きくふっくら。ソースは自家製でしょうか?割りとスパイシーで若干のフルーティさを感じるふくよかなものでした。付け合せのサラダパスタもコクがあって美味かった~。ごちそうさまでした!
------
三澤亭
神奈川県平塚市徳延431-3

    このエントリーをはてなブックマークに追加

平塚ラーメンの伝説再び。

今日のランチは前から行きたいと思っていた「キッチン みどり蒸し」さん。何でも以前この場所にあった小林屋さんと太古の湯のレストランが合体したという噂を耳にしている。ラーメン、定食、洋食など、何でもあれの多メニューレストランだ。
2階への階段を上がって厚い木でできたサウナの入り口扉から入っていく。おお、地元のおっちゃんたちが昼間っから飲んでいる。これは美味しいお店に違いない。店内のオブジェも銭湯のロッカー扉をそのまま鍵付きで飾ってある。入り口横には太古の湯の看板もある。たくさんのファンから愛されていたスーパー銭湯なんだなと改めて感じるところだ。
IMG_6742

お客さまは僕の入店時は4組だったけれど、13時を過ぎてもひっきりなしにお客さまが入ってくる。退店時には満席となっていた。アクリル仕切りやビニールカーテンなどのコロナ対策もバッチリだ。ここに来たらこれと決めていた城門ラーメン(800円)、入れるかどうか迷ったが、辛さトッピング5倍(50円)を追加でオーダー。ラー油で辛さを調整することも可能だと店員さんが教えてくれた。グリーンのユニフォームがカッコいい!
FullSizeRender
さて、こちらがビジュアル。何やらいろんなものが入っていそうだが、川崎タンタン麺みたいに大きな具は一切入っていない。
ではスープを一口。複雑な味が絡み合って口中に広がる。鶏ガラ出汁、醤油、溶き卵、ひき肉、砕いた海老、焦がしネギ、若干ニンニク、酢、ラー油が入っているような感じがする。そして、軽~く麺を絡ませる餡がある。軽めなので、最後の方には餡入りのことを忘れるぐらい。このスープは美味い、そして大量。平塚ラーメンは酢が定番なのか、酸っぱさがアクセントの旨味があるスープは最後まで飽きない。飽きないどころか、麺を完食後でも大量に余ったので、ご飯(150円・半ライスはなし)を投入して雑炊でいただいた。エビが効いていて美味い。炭水化物のダブル摂取だが、このスープを前にしたら止まらない。ごめんなさい、僕の身体よ!である。
麺は細めのストレート。少量の餡で全ての具を絡め上げる。うん、1970年代の伝説ラーメンをいただけて満足だった。なぜに「城門」という名前が付いたのだろう?ごちそうさまでした!
隣りのおっちゃんはビールとレモンサワーを飲んだ後にクリームパスタセットだった。どれもこれも美味そうだったぞ!
--------------------
キッチン みどり蒸し
神奈川県平塚市紅谷町4-5 2F

    このエントリーをはてなブックマークに追加