撮り記・食い記

写真を撮ったり、美味しいモノを食べたりの日常の日記的記録です。時々ゲーム・サッカー。

タグ:東京タワー

楽しみだった。

緊急事態宣言で東京都の人は他県への移動自粛はもちろんだったが、神奈川県からも不必要な東京都への移動は自粛されていたので、東京の写真撮影に行けなかった。が、しかし、宣言は明けたので、ロケハンを行っていた東京夜景を撮りに久々に車を走らせた。
まずは「城南島海浜公園」だ。ここは猫がたくさんいる有料駐車場がある。21時で閉場となってしまうので注意が必要だ。この写真の中に何匹の猫がいるでしょうか?!
IMG_1573

ここは人工浜だろうか…100mぐらいの砂浜があってその上を羽田空港に着陸する飛行機が次々とやってくる場所だ。しかし、19時すぎには砂浜への進入が禁止されているとはロケハン時に気づかなかった。柵をまたいでの撮影である。右手の奥にはテントを張っている強者、僕の後ろにはカップルたちが飛行機や海や空港の光を見つめていた。
IMG_1572

こんな感じの写真を撮ってみた。シャッタースピード30秒で飛行機の光跡を流して撮る。4台分撮ってみたが、この写真に写っている3台分ぐらいでちょうど良かった。その光跡を比較明合成する。そして飛行機はISOを25600に上げて限りなく止めて写したかった。それを連続撮影を行う。ちょいブレぐらいのこの位置の飛行機を採用。もちろんノイズだらけではあったが、飛行機部分だけ切り抜いて合成。レイヤーを80%ぐらいに透過させて躍動感を出す。
イメージ通りではあったが、Instagramではややウケが悪かった。もっと海感が欲しかったのは事実だが…
IMG_2691-CR2_DxO_DeepPRIME_R

続いて訪れたのは「豊洲ぐるり公園」。1回ロケハンに来ているというのに、僕のカーナビに周辺がデータされていないので、迷った迷った。30分ぐらい迷ってGoogle Mapsのナビでたどり着けた。東京湾岸の道路はUターンが簡単にはできないので、橋と信号に阻まれて迷うという都会迷路。
平日の21時30分だというのになかなかの混み具合な駐車場だ。公園にも多くの人たちが散歩や釣り、飲酒などを楽しんでいた。公園内は密ではありません。
FullSizeRender

この公園は東京タワーとレインボーブリッジが見える。陸地が見えないので海にビル群が浮いているように見える。
IMG_1574

三脚を塀に立てかけるようにすれば、僕の持っている17mmレンズで東京タワーとレインボーブリッジが両方とも画角に入る。
IMG_1575

ブラックな夜景をイメージしてみた。ランドマークをアップで撮ることには興味がほとんどなかったので、ザ・海辺の東京を引き写真で表現してみた。
雲が出ていたので雲とリフレクションを動かすためにシャッタースピードは2分のバルブ撮影。良い感じの動きと光が捉えられたと思う。人工物の塊をネイチャー化させることができるのが東京だと思う。
IMG_2772-CR2_DxO_DeepPRIME_R

続いては一段上に上がった場所からレインボーブリッジを狙う。公園の角からは東京タワーは見えない。
IMG_1576

ブルーな夜景写真をイメージしてみた。こちらもシャッタースピードは2分。おもいっきりオレンジティール&オートン効果現像をしている。少し場所が上になるだけで浮遊感があるのが不思議だ。
IMG_2774-CR2_DxO_DeepPRIME_R

この公園に隣接する飲食店からは今みたいな夜景が見える。また、海辺にはBBQ施設もある(現在は休業)。完全稼働すればとても魅力のある公園なのではないだろうか。昼でも夜でも眺めが抜群だ。
ありがとうございます。今日は東京を楽しませてもらいました。
IMG_1577

    このエントリーをはてなブックマークに追加

こりゃ、豊洲は楽しそうだ!

江戸川区での仕事帰りに「豊洲ぐるり公園」に寄ってみた。レインボーブリッジの夜景が撮れるかどうかのロケハンだ。豊洲ふ頭内公園(豊洲ぐるりパーク)はふ頭を囲む遊歩道でかなりの距離がある。豊洲ぐるり公園はその南側一角をそう名付けられている。
まずは交通機関チェック。豊洲市場の隣りにある公園なので、電車ならばゆりかもめの市場前が最寄り。駐車場は24時間営業で1時間400円。30台ぐらいは停めれるスペースがある。
FullSizeRender

レンタサイクルもあるので、自転車で豊洲辺りの夜景をちょい遠くまで行くこともできそうだ。
IMG_3199

スロープの上からのレインボーブリッジ。ちょっと海が遠くに見える。
IMG_3183

これは富士見橋からのレインボーブリッジ。辰巳ジャンクションが見えてくる。トラックが通ると橋が揺れるので長時間露光はきついかな。
IMG_3185

南側の端からのレインボーブリッジ。辰巳ジャンクションの立体感と海の迫力のバランスが良さそうだ。
IMG_3186

ちなみに夕日は年間を通じてレインボーブリッジとコラボできそうだ。
FullSizeRender

街頭とレインボーブリッジ。夜にはどのように見えるのだろう。
IMG_3193

ベンチなんかも被写体として使えるのではないだろうか。
FullSizeRender

北の角からはビルの間からスカイツリーが見える。こちらも夜景が楽しみだが、一直線上に見える豊洲大橋から見た方がツリーが大きく見えるだろう。
IMG_3196

ちょっとガチャガチャしてるけれど東京タワーも見える。海へのリフレクションが楽しみだ。
IMG_3197

晴海客船ターミナルと東京タワー。夜になると、どっちも光るのだろうか。この公園には、ぎりぎり曇りの夕方から夜にかけて長時間の撮影ができるぐらい被写体の数はある。
IMG_3198

海が見えるレストランか結婚式場みたいな建物があって、その屋根を撮ってみたもの。FINE ART的写真は撮れないだろうか。
IMG_3184

豊洲ぐるり公園手ぶらBBQ広場の受け付け。
IMG_3191

季節が早めか遅めならレインボーブリッジの夜景を見ながらBBQが野外で楽しめそう。奥にあるガラスで囲まれた建物は何だろう。中からは東京の夜景が見えそうだが…。
IMG_3190

THE BBQ BEACH in TOYOSU。こちらは半屋内で海側の席ならレインボーブリッジの夜景を見ながらのBBQが楽しめる。営業時間も日曜日を除いて夜の10時まで。BBQ施設が2つも競合しているのにはビックリ。
IMG_3200

本日の相棒。レインボーブリッジが見える遊歩道にて。デカいピカチュウの写り込み。
IMG_3188

    このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの日か。

仕事が早く終わったので、若洲海浜公園にロケハンに行ってみた。東京ゲートブリッジが見える、前から気になっていた公園だ。

駐車場は24時間で1回500円。東京の秘境とはいえお財布に優しい。
IMG_1224

そして駐車場はめちゃくちゃ広い。休日は埋まるのかな?
IMG_1226

サービスセンターなるものがあって、公園の案内をしてくれるようだ。
IMG_1227

公園には風車の袂に広々とした広場があり、たくさんの子供たちが遊んでいた。ここにはめぼしい被写体はなさそうだ。
IMG_1225

そしてアウトドアセンターがあり、各種キャンプ用品や道具や食材の販売・レンタルを行っている。公園内にはキャンプ場があって、テント泊やBBQのデイキャンプなどで遊べるようだ。キャンプ場内は有料で入れなかったが、沢山の人が平日の昼間っからキャンプを行っていた。女性には安全かもしれない。
IMG_1228

で、僕は釣り堤防の端から端まで歩いてみることにした。
IMG_1233

北端では海に突き出た工場と東京タワーの夜景が撮れそう。
IMG_1229

夕日は2月から10月ぐらいまでならコラボできそう。
FullSizeRender

こちらから見たゲートブリッジはいたってシンプル。橋の形はよく分かる構図になりそうだ。
IMG_1232

夕日が橋に最も近づくのは冬至の12月22日。絵としては9月~3月までいけそう。
FullSizeRender

ちょっと橋に近づいてみた。潮位を見るのを忘れたが、岩がこのように出ていれば、アクセントとなるだろう。
IMG_1234

橋の左側に移動。この場所は橋の曲線がよく分かる迫力のある絵にできそう。手前の石をいれるかどうかはその時間になってみないと分からない。
IMG_1236

この位置はゲートブリッジ下から遠くの橋の主構が見える。夜になって光ったら面白いかも。
IMG_1237

この位置は橋の下から発電用の風車が見える。夜には見えなくなるかな?後になって分かったけど、この位置から橋の下に富士山が見えるらしい。ただ、この場所の主役はあくまでもゲートブリッジの気がする。
IMG_1238

一番南端からの絵。岩の遠近感から東京のビル夜景を従える東京ゲートブリッジの夜景は面白いかも。撮影当日は夜釣りの人がいないことを祈る。
IMG_1239

この灯台は変わった形をしている。夜にはどんな風に見えるのだろう。遠近を修正して、限りなく正面から見た感じにレタッチした方が良いかも。
IMG_1240

最後に若洲昇降タワーに登ってみた。エレベーターで行ける。9階は展望スペース。しかしガラスが汚くて撮影は不可能だ。多くの日にちは10時~17時まで開業している。冬至の日で16時半の日没。夕日はギリギリで撮れそうにない。
IMG_1244

8階はゲートブリッジの歩道に出ることができるフロアで、徒歩で反対側まで歩いていけるようだ。この写真は8階から螺旋階段を撮ってみたもの。埃が汚くて、撮る気を失せさせる。
IMG_1241

橋の上からは東京湾とゲートブリッジがよく見える。しかし、結構高く、行き交うクルマで橋が揺れる。高所恐怖症の僕にはとうてい長い時間いることができない。この写真は手すりに雲が写り込んだもの。ゲートブリッジの撮影は動く雲があれば面白くなりそうだ。
IMG_1243

    このエントリーをはてなブックマークに追加

コスパ良い場所あり。

今日、明日と江戸川区でお仕事なので、そのまま江戸川区に宿泊となった。ただ泊まるだけではもったいないので「タワーホール船堀」に夜景撮影に行ってみることにした。船堀駅前にある結婚式場もあるこのような建物である。展望タワーも付いている。
IMG_9170

江戸川区にはお仕事で何度も通っているが、区歌があることは初めて知った。
IMG_9168

さて、展望台にエレベーターで昇ってみた。左に東京タワー、右にスカイツリーを眼下に従えた東京の夜景が綺羅びやかに光る。無料の展望台でこれは贅沢だ。土曜日でもあるので、お客さまが多いし、女性はインスタアップと思われる写真をバシバシ撮っている。
IMG_9166

三脚は禁止である。幸いにガラスに棧があるのでそこにカメラを置けた。ガラスへの映り込みが激しいので、僕は黒い布で隠しつつ撮影を行う。これが思うようにいかずに苦労だった。
IMG_9160

最終的には手すりも使わせてもらって横にタオルを張った。この姿を若い女性たちは写真撮ってアップしてたかもな~。変態的だもんな。
IMG_9162

スカイツリーのアップ。よくある写真だ。というか展望台という性格上、ほとんどが同じ構図となるだろう。
IMG_0033

東京タワーと東京スカイツリーを両方入れた東京夜景俯瞰。今日は雲が流れていたので、超秒でその感じを出す。僕はこの方面の景色が一番好きだった。
IMG_0034

ちょっと右側に向けた絵。首都高速のカーブと川のカーブが美しい。SNSではこの写真が一番人気があった。確かにこの展望タワー特有の景色かもしれない。
IMG_0038

平日の夜なんかは絶対に空いていて穴場なのだろう。江戸川区もちょこちょこ良いフォトスポットを持っている。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

素敵な東京の見える場所。

「有明北緑道公園」。いつかのSNSで見た東京タワーのリフレクション。撮りに行ってみましょう。赤丸印のところに駐車場がありましたので(実はこれを探すのに苦労しました。)、ここに停めて矢印のように進むと細い道があって、海側に出ることができます。
有明北緑道公園

早速A地点で夕陽を待ちます。この時の先客のおじさん(僕もおじさんですが...)がおしゃべりマシーンで困りました。次々と東京の撮影地を知ってるか攻撃してきて、そこで撮った写真を見せてはちょい自慢げに語るのです。こういう方は、よくいらっしゃるんですが、僕は長秒かつ露出を変えるカットを1時間ぐらい撮り続くけていくタイプなので、申し訳ないんですが、この語り続けタイプは困っちゃうんです。
IMG_6769

会話をかき分けて捉えた日没時の太陽と東京のシルエット。この日は東京タワーの下側が塗料塗り直しでモノに覆われていました。さきほどのおじさんはそれについてタップリ教えてくれて、その後「今日は焼けない」と帰られました。これでも十分綺麗な空かと思うのですが。
IMG_0018-強化-HDRs

さて、日は暮れて、青と赤の穏やかな東京世界になっていきます。A地点です。
IMG_6771

東京タワーとレインボーブリッジがイルミネーションを始める頃、ちょうど屋形船が通りました。東京のシルエットがイルミネーションに変化する素敵なトワイライトタイムを捉えることができました。
IMG_0077-強化-HDR_hipasss

続いてB地点。A地点に向かう途中に高速道路のカーブがカッコいいので気になったポイントです。東京は完全に夜景へと変わっています。
IMG_6775

こんな感じで縦構図で遠近感を出してみました。東京タワーのリフレクションもハッキリではないですが、映り込みました。人が少ない場所かと思います。一味違った東京の夜景が楽しめる場所だと思います。
IMG_0095-強化-HDR_hipasss

    このエントリーをはてなブックマークに追加