撮り記・食い記

写真を撮ったり、美味しいモノを食べたりの日常の日記的記録です。時々ゲーム・サッカー。

タグ:明石焼き

酒が飲めるぞ!

今日は夫婦としては初めての宿泊キャンプに挑戦。日曜日の「西丹沢大滝キャンプ場」にやってきた。ここは僕が以前宿泊しているので下見も完了している。サイトはあまり整備されていないが、自然そのままに限りなく近く、それが特徴となっているキャンプ場である。



日曜日なので続々と帰っていく宿泊客やデイキャンプ客を尻目に、川のメインのところにサイト設営。この時点では僕たち1台となっていた。写真のように車ごと乗り入れることができる。今日は宿泊なので、設営をしながらすでに飲酒を開始している。
FullSizeRender

オーガニック白ワインは川で冷やしておけば問題ない水温となっている。
IMG_1788

突き出しはサザエの壺焼き。ここに来る途中、ロピア秦野店で仕入れてきたもの。こいつはササッとつまみにするので、タフまるJrでいっきに焼き上げた。
FullSizeRender

ただ焼くだけで文句なしに美味い。良い食材があればパッと買ってくるのもありだね。
IMG_8346-CR2_DxO_HQ_マスク_ssha_R

秋晴れのキャンプ場を独占している感じ。僕たちのキャンプはひたすら食べて飲むだけのものが続く。
IMG_1787

次は明石焼き。たこ焼きが久しぶりすぎて、こびりついてしまい、ちょっと失敗したとのこと。
IMG_1790

明石焼きの出汁はヒガシマルのうどんスープ。これだけで美味い。僕のひとり車中泊ストックがここで役立った形となった。見た目はアレだったけどお酒が進む。外でタコ焼きも良いではないか!
IMG_8352_R

で、僕は僕で三脚を使ってこんな変態的撮影をしながらご馳走に舌鼓をうっている。
IMG_1791

日が大分傾いてきた。東の空は青空だが、西の山々は影になってきている。山と川と河原、そんな大自然のキャンプ場である。
IMG_1792

この頃には一組のベテランファミリーキャンパーがお隣りにサイトインしてきた。ご挨拶をしていただき、すごく好印象。一番前のワンちゃんはキャンパーさんの犬。後ろはキャンプ場のワンちゃんだ。たとえ河原で遊んでいる時も、子どもたちにはライフジャケットを着させていた。安全第一の考え方は学ぶところがあった。
IMG_1793

日が暮れて寒くなってきたのでウチも焚き火を開始。買った薪から水蒸気が出ているのがよく分かるが、湿っているみたいで中々の苦戦を強いられた。キャンプ場のワンちゃんは自由気ままにこのように遊びに来るけど、大人しいので安心。
IMG_1794

焚き火が本格的になるまではホタテとタコのアヒージョをたこ焼き器で。どちらもサクサクっとした食感とアツアツで良きつまみとなる。寒くなってきたし。
IMG_1796

本日のメインディッシュ、モツ鍋を開始。平塚の肉の石川で良いもつが手に入ったので、カミさんは気分が上々になっていた。
FullSizeRender

焚き火の火力を調節して…
IMG_1797

山盛りのニラと大量のにんにく、モツ!こりゃ美味い!ごちそうさまでした!
IMG_8360-CR2_DxO_DeepPRIME_マスク_ssha_tc_R

〆は中華麺を投入。最後の最後にあと1杯の焼酎を飲むか飲まないかでカミさんと若干の言い合いとなる。ま、ここまで相当量の焼酎を飲んでたからね。焚き火の全体像はこんな感じ。
IMG_8364_R

今宵はほぼ満月。夜も更けていく。
IMG_1802

そろそろお休みの時間だ。車の中の荷物を全てタープ下と運転席&助手席に移動して…
IMG_1800

セレナをフルフラットに。
IMG_1801

テントで寝るのは嫌だというカミさん。僕もそうだけど。2人車中泊に。カミさんの腰が痛くなるといけないから、いつも使っている高周波治療器を持参で。でも割と眠れたみたい。
IMG_1803

翌朝はコーヒーで目覚める。雨雲レーダーとは違って雨がぱらついたが、すぐにやんでくれた。山の天気は分からない。
IMG_1806

そして僕は炭をおこす。カミさんは調理。
IMG_1807

朝はサンマの塩焼き。煙がどれだけ出ても気にならない。脂も適度に落ちてくれる。
IMG_8381-CR2_DxO_HQ_マスク_ssha_tc_R

今年の初さんまが焼き上がってきた。
IMG_8388-CR2_DxO_HQ_マスク_ssha_R

はい、こちらが朝食のテーブル。朝からすげーな、カミさん。ごちそうさまでした!
IMG_8396-CR2_DxO_HQ_R

急いで片付けをして、帰宅後のお昼ご飯はあっさり簡単ににゅうめん。これはこれで良き。テストだった宿泊キャンプも成功だ。楽しみの幅が大きくなったといえる2日間でした。
FullSizeRender

    このエントリーをはてなブックマークに追加

地元ものはいいね!

佐用町でお義母さんの用事を済ませたら平塚へ帰宅だ。実家から帰るロングドライブでは高速道路を降りて何か美味しいものを食べていこうと決めている。せっかくの長距離移動なのだから。今回は名古屋でひつまぶしの予定だったが、朝に、お義母さんの口の中と足の裏にしっしんが急に出てきてしまい、医者やバスの予約などをしていたら出発が遅れてしまったため、カミさんが前から食べたいといっていた明石焼きに変更。食べログの和食トップ5000に入っているという「ふなまち」さんを目指した。行列で入れない時のサブ店も念のために近くで検索をしておいたが…
駐車場は5台分。そこは何とか停めることができた。しかしこの行列である。並んでいる間にもひっきりなしにテイクアウトで持ち帰る人がお店に来る。テイクアウトの時間を告げておけば良かったかと後悔した。
IMG_9137

このロープの目印の辺りで90分待ちライン。僕たちはちょっと前だったので約60分待ちで店内に入ることができた。平日でこの勢いということは、休日はどうなることやら。
IMG_9138

店内の席は、おおよそ2人席×3組ぐらいの狭いスペース。僕たちは玉子焼(650円:安い!)を2人分注文した。が、ちょっとこれは失敗だった。
IMG_9140

そう、1人前20個もあるのだ。ネットにも書いてあるし、店主さんもオーダー前に言ってくれるのだが、入店の嬉しさに気持ちが浮ついていて、2人共玉子焼しか頭になかった。僕たちの正解は玉子焼とタコそばのシェアだったであろう。
IMG_9141

にしても表面の焦げカリ部分と中のトロトロ部分の差が上手く焼かれている。玉子焼とはこういうことをいうのかと感心していただいた。今まで食べてきた明石焼きとはいったい何だったんだろう。冷たい出汁につけるのも、超アツアツの焼き物には丁度いい温度といえる。味も甘すぎず、卵すぎず、アッサリ20個ぺろりといける感じ。全てが絶妙なバランス。並ぶの1時間、食べるの10分だが、満足度は高かった。ごちそうさまでした!
IMG_9142
---------
ふなまち
兵庫県明石市材木町5-12

佐用町で朝ゴミ出しに行った時の畑の脇。これって、猪の糞じゃない?おいおい民家がたくさんあるところの畑だぞ。夜、出てきてるね。
IMG_9134

ローソンで。なんだこりゃ?!しかもペヤングの焼きそばでなくて、ラーメンだぞ!
IMG_9136

またもや一定のポケモンの出現確率が高いイブニングタイム。うじゃってる!
FullSizeRender

    このエントリーをはてなブックマークに追加

時間の余裕はアクティビティへ。

さて、本来ならば緊急事態宣言終了している今日、コロナ孤独を避けて1ヶ月平塚に滞在したお義母さんを兵庫の自宅まで無事に送ってきた。その復路である。あわよくば、復路の時には写真撮影旅にしようかと思っていたが、宣言延長でその目論見は泡と消えていた。

それならばちょこ食べで楽しんで行こう!ということで、まずは宝塚北SA (上り)。いつもの蕎麦屋さんへお土産を買った後、カミさんが以前から気になっていた明石焼きのキッチンカーへ。お昼前から明石焼きをいただこうということだ。
IMG_7083

出汁は袋入りで絞り出す感じ。最後の一滴までどうぞとあったが、しょっぱくて飲むことはできず。焼きの方もたこ焼きの卵コーティングみたいな感じで、あのフワフワ感の再現は少なし。残念。
FullSizeRender

そしてお義母さんから電話が入った。座席下の掃除用具トレイを見てくれとのこと。何やら封筒が入っていた。
FullSizeRender

何と嬉しい言葉ではないか!言葉どころかお心付けまで。少しでもコロナ孤独を感じない時間を過ごしていただけたようで安心。入っていたものでは毎月美味しい物を何かお届けしていこうと夫婦でお話しをしました。お元気でいてくださいね!
FullSizeRender

さて、車は信楽ICで降りて「銀俵」さんでランチ。銀俵さんは使用している食器の中でお気に入りの陶器があれば窯元を紹介してくれる。カミさんは八角形の平皿が気に入ったみたいで「古谷製陶所」さんをご紹介いただいた。その途中にある大規模店「大小屋」や「陶珍館」も教えていただき寄ってみた。平塚の帰路で食料品を買い物する予定だったが、もうそんなことはどうでもよく、陶器の初めての街を少し廻ってみることにした。
陶珍館前には陶器のお風呂に入った狸が…。信楽には至る所に「スカーレット」のポスターが貼ってあった。戸田恵梨香は大好きなのだが、NHKが一つの街をクローズアップしていくのが少し気に入らない。民間やネットでガンガンやってほしいものだ。もちろん、信楽町は何も悪くないですし、巨大な陶器の街には正直驚いている。
IMG_7097

陶珍館さんではい草の鍋敷きを購入。お安く買えたみたいで喜んでいた。食器の付帯物の生産拠点もあるのだろうか。大小屋と陶珍館にはお目当ての初期はサイズ違いしかなく、本拠地古谷製陶所そのものへ行ってみることにした。
FullSizeRender

信楽駅の方から来ると、たにかね酒店さんの前にあるカッコいい白い立て看板を右に曲がる。細い道なので本当にここなのかとビビるが、そこを曲がる。坂を少し上がると、駐車スペースもある洒落た窯元が見えてくる。大量注文も受けているような感じで、在庫スペースもたくさんある。
お店というか、工房の方がとても丁寧にしゃきしゃきと案内をしてくれた。初めての地と場所でも安心だった。
FullSizeRender

工房とは別にショールームスペースがあって、製陶製品をここでゆっくりと見ることができる。奥にはアウトレットコーナーもある。カミさんが気に入ってたのは、真ん中のテーブル。食べ物写真もふんだんにあることから、実際に食べ物を入れたシーンを想像しやすいという。
シンプルで素敵で実用的な作品がたくさんあるのでお薦めです。陶器については僕は少しでも気に入らないと見向きもしないのだけれど、このショールームは楽しかった!
そして、信楽の現地窯元に赴くと、信楽価格という価格でお安く買えるということも教えていただいた。
IMG_7098

透明な買い物バッグもシンプルで素敵だ。持ち歩くのも楽しくなりそうだ。
FullSizeRender

購入品はこちら。ベージュとグレーの2色セットで平皿、ボール皿、箸置き。さあ、この食器はいつ食卓に出てくるだろうかな。
FullSizeRender

新名神→伊勢湾道路→新東名を車で飛ばして、もう日は暮れている。NEOPASA浜松上りの鍵盤デザインがかわいい。
IMG_7102

そして晩ご飯時には駿河湾沼津SA (上り)へ到着。普段なら、海鮮丼とか海鮮弁当とかでテンションが上がるサービスエリアなのだが、今日は何せ銀俵でご飯を約3杯食べた二人なので、何を食べようかじっくり吟味することにした。
しかし、フードコートを見回ってもピンとくるものがない。うどんもラーメンも触手が伸びない。そこで「天神屋」さんで静岡おでん。お腹が空いていたら、帰ってからカップ麺系としてみた。「しぞーかおでん」ということで青海苔いり粉をかけすぎてその味だけになってしまった!次回はシンプルにしよう。カミさん曰く、富士の白雪が美味しいそうですよ。ごちそうさまでした!
FullSizeRender
--------------------------------------
天神屋 ドライバーズスポットNEOPASA浜松上り
静岡県浜松市浜北区大平36 新東名高速道路NEOPASA浜松上り線

    このエントリーをはてなブックマークに追加