撮り記・食い記

写真を撮ったり、美味しいモノを食べたりの日常の日記的記録です。時々ゲーム・サッカー。

タグ:川

まだまだあるな、千葉の秘境。

本州で最も遅いと言われる紅葉の写真撮影をしに、千葉県の「七里川渓谷」に行ってみた。亀山湖の南東に位置する小櫃川沿いの道を行く。
FullSizeRender

ほとんどの道は車のすれ違いが困難な部分が多い細い道路である。
IMG_2549

いろんな場所にクルマが停まっている「白岩橋」というバス停付近で車を降りてみた。
IMG_2551

道路上の橋から見えたのは地層が見える白い岩。その壁面に紅葉樹が生えていた。橋からだと迫力がなく、千葉では珍しい綺麗な水の川がよく分からないので、河原へと降りる道を下ってみた。
IMG_2550

長靴を持ってくればもっと中まで入れたのだが、河原からすぐの部分は長い岩で浅瀬となっていた。なるべく河原を入れずに岩と紅葉のリフレクションだけになるように画角を工夫した1枚。岩壁の白さが影に隠れていなければもっと新鮮なカットとなっただろう。
IMG_8939-CR2_DxO_HQ_マスク_ssha_オートン_blend_R

次なる目的地は「四方木不動滝」。四方木不動滝近辺の駐車場までの道のりは車道が非常に狭いので、四方木ふれあい館に自動車を駐車するように看板等に書いてある。10台ぐらいは駐車が可能だ。
IMG_2552

一旦、大きな道路に出てから不動滝入り口を左へと小さな道に入っていく。
IMG_2553

周りは相当のどかな農業地帯と山林だ。猪などの動物避けの電柵が設置されている。獣も相当出るのだろう。
IMG_2554

こんな細い道を登っていく。
IMG_2557

途中にはやはりすれ違い場所などがあるので、2台の観光客と思われる車とすれ違った。良いことなのか、悪いことなのか。
IMG_2556

ここが滝に近い駐車スペースだ。
IMG_2558

鳥居みたいな自然観察園の入り口を通ると、滝に降りる坂道となる。
IMG_2559

坂を降りる手前にひときわ立派な紅葉があった。四方木ふれあい館からここまで僕の足で16分。
IMG_2560

Googleの写真なんかで見る四方木不動滝写真はこの観瀑台からのものが素敵だ。僕が来た時は紅葉のピークが過ぎていたのだが、滝の右上にかかる楓が紅葉していれば、紅葉している樹々の中から少しだけ滝が見えるという紅葉に囲まれた滝となるようだ。なので、僕がここから撮った写真はボツ。
IMG_2563

滝壺面まで降り、浮き石を渡って川の対岸に来ると雌滝が見れる。ここまで来ると、案外滝の大きさにびっくりする。そしてやはりこの川の水も綺麗だ。夏にはヤマビルに注意することと、観光看板には書いてある。
IMG_2562

谷あいの午後にはなかなか良い光がなく、滝の上部に隠れる太陽を題材に写真を撮ってみた。
IMG_2561

紅葉と滝と太陽の光芒だけ目立たせて、他は闇の底へと沈んでもらった。なかなか幽玄な感じに仕上がったのでホッとした。紅葉たちがもう少し滝に近づいて生えていれば人もたくさん来ることだろう。が、僕が写真を撮るこの往復の間に見たこの滝への観光客は5組。平日なので誰もいないだろうと予測した僕が甘かった。写真撮影中に人去り待ちの時間が発生したのは久ぶりのことだった。四方木不動滝、けっこう人気があるんだね。
IMG_8954-CR2_DxO_HQ_マスク_ssha_オートン_blend_R

    このエントリーをはてなブックマークに追加

知らない場所ならば戻る勇気を。

今日はカミさんと家の用事を済ませて、写真撮影と車中泊を兼ねて「西丹沢 大滝キャンプ場」にやってきた。綺麗な河内川が流れる山間のキャンプ場だ。宿泊とデイキャンプは予約なしのフリーサイトで車が乗り入れできる。平日の空いているところを狙ってみた。
IMG_1440
----
西丹沢 大滝キャンプ場


今日の写真の狙いは夏・冬の天の川と朝方の大滝。特に夏の天の川は今日が最後だろう。こんなに車の近くで安全に飲食しながらゆっくり星空を撮れることはそうそうないだろう。
FullSizeRender

水道と自販機は近くにある。
IMG_1444

トイレも水洗で綺麗だ。
IMG_1445

日が暮れるのを焼酎ロックを飲みながらゆっくり待つ。今日は19時から20時の1時間は雲がなくなるSCWの予報だ。雲だけが赤く焼けている。
IMG_1448

ところがだ。ゆっくりしている間に予報は変わり、20時はもちろん夜中まで雲が消えない予報に変わっているではないか。
FullSizeRender

雲がなくなるのは夜の1時。計画変更、残念だが夏の天の川には会えずじまい。今から食事をとって、0時まで睡眠をとることにした。
FullSizeRender

本日のリビングダイニング。
IMG_1460

今日の最初のメニューはイカ下足焼き。ランタンは少し離して置いておかないと、この時期でもたくさんの虫が寄ってきた。
IMG_1451

スプレーに入れた醤油で味付けをする。
IMG_1454

カット野菜を入れたり。
IMG_1455

イカを少し残しておいて、〆はパスタ。
IMG_1463

今日はマ・マー あえるだけパスタソース ペペロンチーニ。パスタは簡単で美味いので車中泊にはピッタリなメニューだ。
IMG_1465

食事の後は仮眠。0時30分に起きてみた。東の空にはオリオン座の右上が見えてきているので、完全にオリオン座が出てくるまで南の空で星の光跡撮影を始めてみた。ゆっくりお酒を飲みながら、満天の星を見上げる。そしてカメラをほっといて回し続ける。これをやってみたかった。ISO800で15秒、45分回してみた。
IMG_1467

うわっ!しまった!まだ10月初旬となめていた。わずかな冷え込みと、川からくるたっぷりの湿気にレンズが曇り状態だ。撮影データを見てみたが、撮影開始直後からボケボケ状態。いや失敗だ。やはり時々はレンズを見に行かねば、このようなことが起こるということを学んだ。
IMG_1468

さて、気を取り直してレンズフードとレンズヒーターを装着。これで大丈夫だろう。このころには東の空にオリオン座の全てが姿を現していた。
IMG_1469

川のほとりでカメラを空に向ける。
IMG_1470

それにしても大滝キャンプ場はなかなかの暗さを保っている。iPhoneのナイトモードでは何も映らないので、相当に光が乏しいといえる。
IMG_1474

ようやくワンカット。この写真の撮影時間は4時30分。かれこれ4時間近くは写真に奮闘していたわけだ。きれいな川と森がすぐ近くで撮れ、オリオンが冬の星たちを連れてくる場所と時。森の切り抜きさえもっと上手くできればもっと良い写真になっただろう。
IMG_2640-CR2_DxO_PRIME_R

次は日の出時の大滝に向かってみた。出発時はまだ辺りの山は暗い。4回目の大滝で慣れていたせいもあり慢心した。途中、道が分かりづらい部分があり、きっと川の近くに行くのだろうとない道を勝手に想像して2メートルぐらい歩いた時、足を滑らせて約2メートルぐらい下の傾斜地に滑落した。右肩を痛打し、右股を擦りむいていた。確実に道を認識して歩かないと痛い目に合うということがよく分かった。軽傷で良かった。滑落の怪我具合は落ちる距離によらないことも感じた。どんなに鋭い草木が待っているか分からないからだ。
しっかりと確実に登り返してから、山道をしっかりと探してから大滝への道に復帰をした。まだ紅葉ではないが森は朝日に照らされて黄色からオレンジに光っていた。
IMG_1477

相変わらず、優美かつ迫力のある滝だ。今日は滝の手前まで倒木が伸びていた。この時間は朝日の光は滝壺に届いておらず、後ろの山々を照らしているだけだ。ここで30分ほどどんな光になるのか待ってみた。
IMG_1476

朝日は左側の岩を照らし始め、滝の下部にスポットライトを当ててきた。それと同時に倒木や岩は赤く、バックの山々は黄色に照らされてきた。そして緑の滝壺はとどまることを知らずに音を立てて流れ続ける。綺麗だ。負傷の代償に今までで一番綺麗な大滝を見ることができた。ありがとうネイチャーよ。
IMG_2678-CR2_DxO_HQ-_R

キャンプ場に帰ってからはコンソメスープと余りのカット野菜を煮て、ランチパックで朝食だ。夜通し動いているとお腹が空く。美味くも綺麗な谷間の夜明けだ。大滝キャンプ場の夜活!お勧めします!
IMG_1479

本日の相棒。大滝キャンプ場にて。
IMG_1482

    このエントリーをはてなブックマークに追加

我が家の楽しみになるでしょう。

さて、今月からカミさんと月1でデイキャンプをやっていこうということでひととおりのグッズを購入して始めた初回。荷物はなかなかのミニマニストで済んでいるかと思われる。
IMG_0333

キャンプ場所はボスコ・オート・キャンプ・ベース。2回めの訪問だ。裏ヤビツにある家から1時間程度で来れる家近キャンプ場である。お盆時期なので、デイキャンプ 車1台 4人まで で、5100円である。これが高いか安いかは本人たちの楽しみ具合で変わるだろう。
IMG_0332
----
BOSCO Auto Camp Base


100番台のトイレは改築されてとても綺麗だった。炊事場も完備。釣りや手づかみの鱒がさばける木板も付いていて非常に使いやすかった。ハンドソープ・食器洗剤も置いてある。
IMG_0341

100番区画のトイレ内部。ログハウストイレといえば良いだろうか。綺麗。アルコール・ハンドソープは置いてある。
IMG_0342

こちらはBOSCO Auto Camp Baseで一番良いとされている400番台区画。滝などもあって、川の幅も広くてダイナミックな地域だ。デイキャンプごときでは配置されないのかな?…
IMG_0351

で、この400番台区画近くには秦野の名水が湧き出ている。この名水が後から紹介するコーヒーや炊飯に大きな影響を与えることになる。簡単に言うと冷たくてまろやかなお水である。前回はこの湧水のことを知らなかったので飲まず仕舞いだったのが惜しまれる。
IMG_0352

今回の区画は103番。グランピングっぽいテントがレンタルされている、管理棟から一番近い区画だった。そして103はこの2本の樹が日陰を作ってくれるので、日差し的にはとても楽な区画と感じた。
IMG_0359

夫婦二人のキャンプは初。無事にポールを使ったカーサイドタープを張ることができた。このタープで大分広い居住区画が作成された。ポールがあれば4人ぐらいまでテーブルに座れるかな。
IMG_0335

103は川から一段遠目の区画だ。その代わりに、食事をしながら川を眺めることができる。今日はお盆休みだからか、どの区画もほぼ埋まっていて(区画での生活は密にはならない)、子供たちが終始川で遊んでいるのを見ながらの食事は会話が尽きなくて良い。
IMG_0347

さて、僕たちのキャンプの目的は「食べる」「飲む」こと。それ以外ない。カセットフー タフまるJr.が活躍するのは当たり前だが、OD缶の加熱を安定させるこの金属台が値段は安いのに大活躍だった。
IMG_0337

枝豆を茹でる。夏の緑色は綺麗かつ食欲をそそる。
IMG_0338

アルコールは午前中の早い時間に飲んでおかねばクルマで帰れない。これが今回我が家の設営直後の速攻オードブル。自家製ガーリックラスク・ミニきゅうりの浅漬・枝豆、これを檸檬堂でいただく。最高のキャンプスタートとなった。
IMG_0339

残念ながらここからはノンアルコールで食していく。タコと枝豆のアヒージョ。枝豆はさっき茹でた余りを僕がボールにプチプチと手で出した豆の粒。僕の仕事はこういう簡単なことしかない。キャンプでは使えないやつで、食って飲むことしかできない。あ、あと、こうやって記録をしておくことも仕事のひとつかなぁ。
IMG_0294_R

続いては牛肉のステーキ。グリラーで低音調理をすると柔らかく旨味を閉じ込められるそうだ。美味い。
IMG_0309_R

付け合せのじゃがいもはインカのめざめ。ネットリ食感でコクがあって良い。これはあとでカレーに付けて食べても超美味かった。
FullSizeRender

続いてはピザ。設営後からここまで生地を発酵させていた。その生地に自家製トマトソース、チーズを乗せ、バジルソースを付けて焼き、仕上げにバーナーで焦げ目を付ける。
IMG_0345

こんなふっくら&カリカリピザを外で食べられることの幸せ。そしてノンアルコールのビールでもレモンサワーでも食事に合うのがすごい。そして嬉しい。酒飲みがアルコールなしでも充分楽しめるのがキャンプということも分かってきた。
IMG_0318_R

ここで食事は休憩。何か、手挽きのミルまで買ってるんだよね。カミさんが食器を洗っている間の僕の仕事となった。そして、場内湧水で入れたコーヒーの美味いこと。みんなが大きな給水タンクで汲みに行っていく理由がよく分かった。水は若干の粘度を伴ったまろやかなもの。これはやめられない。このため、次回の訪問時は缶のお酒ではなく、ウイスキーの水割りにすることに決定した。
IMG_0354

ちょい休憩の後はメスティンで炊飯開始。この炊飯で使った水も場内湧水であることはいうまでもない。僕が写真撮影の時に使ってきた歴戦の友だちグッズたちがこうして夫婦キャンプに使われるのは、子供たちが成長するのを見ているように嬉しいことだ。
IMG_0357

そして完成したのはカレー。僕の誕生日パーティーで作ったブイヤベースを凍らせて保存しておいたものを今日のカレーに投入したらしい。そこに大量のホタテと採りたてトマトソースを入れた贅沢カレー。全部をペロリ。50代にして自分にしては底なしっぽいの胃袋を確認。いや~、美味いカレーだった。オールでごちそうさまでした!
IMG_0330_R
カミさんはこのBOSCO Auto Camp Baseならキャンプを続けていけるという感想を持っている。全ての条件が彼女の頭の中で合致しているらしい。よって9月も予約を取った。次のご飯は何だろうか、楽しみである。できれば子供たちも来れればなお楽しくなるだろう。
レモンサワーの缶にスズメバチが数回来ていたたことが反省点。果実関連は速攻で匂いのしない環境に隠さねばならない。グッズ関連の不足・改善点は今のところキャリングケースだけかな。あと、泊まりはいろんな問題点をはらむのでまだもう少し経験を積んでから。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

ルールは絶対。

神奈川県松田町寄(やどりき)に天然のホタルが飛来するという噂をききつけネットで調べてみると、そのものズバリの場所は出てこなかったが、「寄七つ星ドッグラン」の駐車場横の川というキーワードは出てきたのでとにかくその近くに行ってみた。

しかし、ドッグランの駐車場は1日500円、16時で閉場(ドッグラン奥の寄マス釣場駐車場も同様)となるのでゲンジボタルが飛び出す20時までも停めておくわけにもいかなかった。※写真は閉園後に1匹だけいたワンチャン。僕の顔を見るや走ってきて、おしっこをして帰っていったわ(笑)
IMG_9215

そこで周りを探してみた。平成館という旅館(現在の営業は不明)の川側に無料の駐車スペースがあった。谷戸口橋の手前を左折するとすぐだ。
FullSizeRender

平成館さんの壁には大きく「蛍」の文字があって期待が高まる。
IMG_9202

駐車スペースはこんな感じでかなり広い。大自然真っ只中の駐車スペースである。
IMG_9207

駐車場から南を見るとこんな景色。
IMG_9206

方角的には天の川がバッチリコラボできる。川に降りても天の川は画角に入るだろう。
FullSizeRender

駐車場脇には茂みを抜けて河原に出られる小道があった。
IMG_9211

この河原でテントを張ってデイキャンプをしていたご家族に蛍の飛ぶ場所を訪ねたが、昼間専門で数回しか来たことがないらしく分からなかった。
IMG_9210

この浮石群を渡っていくと寄マス釣場のキャンプエリアの方に行くことができる。ただしキャンプは有料エリアなのでもちろん不可だ。
IMG_9209

しかし水が綺麗だ。が、このような草のない流れの早い川に蛍は飛ぶのだろうか?!ちょっと心配になりつつも夜を待つしかないという状態になっていた。
IMG_9208

無料駐車スペースから行けるトイレはここ。歩いて5分ぐらいだろうか。僕はお腹がゆるいので早速お世話になった。
FullSizeRender

このトイレも広い駐車スペースがあるので車で来ても安心だ。さあ、調査は終わって後は神のみぞ知る。僕はiPhoneのアラームを18時にして車中で睡眠に入った。
IMG_9212

18時にはムクリと起きた。少し薄暗くなっている。19時まではさらに辺りを探ってみようと、谷戸口橋からマス釣り場の奥まで歩いてみた。橋にはホタルの絵が飾ってあるので、確かにこの辺りでほたるは飛んでいる(いた)ようだ。
IMG_9214

これが釣り堀のある寄自然休養村 清流マス釣り場だ。昼間はなかなかの人出だったが、今はほとんど人がいない。
IMG_9216

マス釣り場を通り過ぎたところで、ルアーの練習池にカメラを2台向けてチェアをスタンバってるおじさんがいた。そしてそのおじさんは僕の顔を見るなり「蛍?」と声をかけてきた。そんなに蛍の顔をしていたのだろうか。そのルアー練習池の向こう側に流れている小さな川に蛍が飛ぶらしい。さすが地元の方、そして去年も来ている方、頼もしい限りだ。
IMG_9217

一旦車に戻ってから19時30分ごろに中津川の方からチェック。19時50分ごろまでは飛んでいなかった(撮影終了後にはいろんな地点で1匹づつは飛んでいた)ので、20時前には池に行ってみた。
これはすごい。池の反対側から見てもかなりの数が飛んでいる。池横の駐車場はこの時間では無料状態になっているので相当数のご家族やカップルが見学に来ていた。非常にアクセスのしやすい蛍見学場所だと思う。完全にマス釣り場の私有地だと思うので、①過度な光で照らさない ②ゴミを捨てない ③蛍を採らない ④宿泊施設が近くにあるので大声を出さない ⑤川に入らない などのルールを守ればお子様が簡単に見学できる場所なので是非みんなで見てほしいと思う。来年は僕もカミさんを連れてこようと思っている。
IMG_9222

写真はこちら。20時15分を過ぎると、見学者はほとんどいなくなった。教えてくれたおじさんと距離をとって三脚を設置。同じく池にリフレクションする蛍の光跡を狙ってみた。ss30秒×30枚のデータを比較明合成している。もう少し焦点距離の長いレンズを選択した方が良かったかな?
最盛時間(20時30分程度で少なくなった)には100匹程度の蛍が飛んでいたと思う。まさに乱舞状態。おじさんに教えてもらったのは、飛んでるのは雄、岸辺で休んでいるのは雌とのこと。雌のリフレクションも美しい。
今回のこのマス釣り場の蛍は目で見ているともっと美しく感じた。15分間はレリーズで連続撮影をしていたのでその間の時間はぼーっと幻想的な時間を過ごせた。昼間から長時間待ったかいがあったというものだ。おじさん!ありがとうございました!
IMG_1560-強化_背景_中央値_比較明_マスク_ssha_特定色域_オートン_R

撤収時に蛍が車内に入っていた!僕の身体に付いてきたのだろうか。綺麗な光をありがとね。ウインドウをおろしたらフワフワと飛んでいきました。ありがとう!
IMG_9225

    このエントリーをはてなブックマークに追加

鴨、鴨、鴨。

牧馬大滝の写真撮影後は青野原オートキャンプ場組合でソロのデイキャンプ。とは言っても飯食って、酒飲んで、寝るということなのだが…。道志川サイドのキャンプ場である。
IMG_9011

車で料金所に行くと、管理員の方が出てくる。テントやタープがない場合のデイキャンプ料金は1000円と安い。予約は不可。平日は空いていると電話では聞いていた。
FullSizeRender

デイキャンプエリアはAとE。Aサイトはテントやタープが張れない。Eサイトは張れる。川沿いのデイキャンプエリアには車は進入できないが、テントやタープが張れるエリアだ。
IMG_9007

トイレ、炊事場(水道)、かまど、BBQコンロ(足)洗い場は設置されている。
IMG_8996

管理棟には自販機、シャワーが設置されている。
IMG_8998

くりーむしちゅー、向井 理、竹内涼真、間宮祥太朗、上白石萌音、なだぎ武など有名な方々が来場した証のサインが飾ってあった。
IMG_8997

さすがに道志川の水は綺麗だ。
IMG_9005

上手く写ってはいないが、魚が泳いでいるのが見える。
IMG_9002

アメンボもおたまじゃくしもいる。夏の夜には蛙の合唱が聞こえるのだろうか。
FullSizeRender

平日にも関わらず、奥のサイトには宿泊客も含めて大量のテントが張られていた。コロナ禍の今、キャンプ人気の高さが伺えた。
IMG_9031

Aサイトのデイキャンプエリアの車との距離感はこんな感じ。ソロならば高い場所から川を臨んで気持ちの良い食事ができる。車からもすぐ近くで荷物も運びやすい。ほとんど荷物などないが…
FullSizeRender

今日は鴨焼きからスタートだ。
IMG_9030

お値段は少々張るが、脂の美味さがたまらない。カット野菜やネギと一緒に焼けばさらに美味しい。焼酎が進む。この岩手がもはジューシーで肉部分も味が滲み出てくる。ネイチャーを前に贅沢な一時だと思う。
FullSizeRender

アウトドアクッカーセット OCS-4 山善 YAMAZEN キャンパーズは、鍋に水が入っていないと、取っ手が重くて傾くという口コミが多かったが、五徳の方向にかければ傾かなくて済む。このクッカーがあればいろんな料理ができそうだ。※料理自体は苦手だが…
IMG_9037

今日の〆は鴨ざる。鴨肉とネギを少し余らせておいて、ヒガシマルの蕎麦スープを少し濃い目に溶いたそばつゆに入れて煮立てる。そばは、思いっきり面倒くさくないように、流水麺。料理を面倒くさくさせるとキャンプがいやになっていくような気がするので、簡単にできる部分は簡単に!
IMG_9038

そして川を見ながら、食後のコーヒー。タフまるが大活躍だ。
IMG_9039

午後は丸ごと睡眠。この車網戸リア用が良かった。左右1組づつあるのでエンジンを停めていても風が通って寝心地が良い。特にキャンプ場であれば窓から侵入してくる悪い者もそうそうはいないでしょうから、安全の面でも安心できる。
IMG_9040
朝っぱらから夕方まで、楽しませていただきました。相模原市にも自然はたくさんありますね!

帰宅後の晩ご飯は魚祭り。小イワシのみりん干し、
IMG_9043

久しぶりに食うと美味いししゃも。居酒屋に行けないから、僕の中ではすでに懐かしい味となっている。ごちそうさまでした!
IMG_9044

本日の相棒。川原にて。ドーブルの写り込み。
IMG_9042

    このエントリーをはてなブックマークに追加