撮り記・食い記

写真を撮ったり、美味しいモノを食べたりの日常の日記的記録です。時々ゲーム・サッカー。

タグ:山中湖

撮れ高あって良かった。

さて、今週は土日の天気が不安定との予報なので金曜日の仕事終わりから天の川撮影に出発を予定していた。そしてこの日は三浦半島の夜は完全に晴れ。クルマのエンジンをかけるまでは三浦半島に行く予定だった。エンジンをかけてからSCWを見てみた。おっ、箱根→山中湖方面がギリギリ雲なしに変化している!今日の21時半ぐらいまでは夏の濃い天の川が垂直だから向日葵と富士山と天の川、これを撮ってみたいと西方面に出発~。

まずは箱根。ここでは箱根神社の平和の鳥居と天の川を前々から撮ってみたかった。しかし生憎SCW予報に反して南の空は雲だらけ。天の川が見えない。そもそも明るいので見えるかどうかも分からないが、また来年に来てみよう。恐る恐る夜の鳥居に行ってみた。おお、平日は誰もいず、ライトアップがされている。
IMG_4026

そしてコンパスモードのCelestron SkyPortal を見てみると、確かに天の川はその向こうに存在していた。残念だが、今日は山中湖へ向かおう。
IMG_4027

そして、到着したのは夜の山中湖 花の都公園。星も富士山も見えない。そして向日葵もどこに咲いているのか分からない。道路沿いにかなり広範囲に歩いてみたが、百日草しか見えない。ひまわりがない。つまり、富士山・ヒマワリ・天の川も今年は断念しろということを示している。今日は何も撮れ高のない日になる可能性が濃厚だ。酒でも買ってパノラマ台で飲もうかと、途中ローソンに寄ってから高地へと向かってみた。

純粋なトイレのあるパノラマ台は金曜日の夜にも関わらず、クルマと人でごった返していた。テーブルを使って食事もしていた。元々そこで撮るつもりはないので、そこから2つ上の駐車スペースへと向かった。お、先週はいっぱいだった場所も今日は空いている。クルマを停めてから、じっと空を見つめてみた。若干、星が出ている。肉眼では富士山が見えないが、星と富士山は取れるのではないかと、撮影スタート。
IMG_4030

山中湖の夜はとても涼しい。星空を眺めながら白ワインをたしなみ、天の川を狙う。気持ちの良い時間の始まりだ!
IMG_4033

天の川は右に傾いてしまったが、少し濃い部分は残ってる。かなり霞が多かった。黄金に光る山中湖と中央に聳える富士山。この絵は日本人しかピンとこない絵ではあろうが、日本人は好きな画像ではないだろうか。
IMG_9966_R

この後はレンズが曇るほどの湿気攻撃。レンズヒーターは1年中必要な相棒だということがよく分かってきた。
IMG_4035

レンズヒーターをいじったりしている際の試し撮り。この曲線の光はなんだろう?
IMG_9969_R

縦構図。秋の天の川が天頂まで伸びる。すすきが伸びる秋の山地で燃えるような霞の富士山。なかなか見ることはできない光景に満足して、目覚ましをかけるの忘れて車中にて熟睡してしまった…。おやすみなさい。
IMG_0001-ン_R

朝ふっと起きると、すげー大きな三脚を構えたご高齢のお方がこの地にいた。ギリギリ日の出前に起きれたのでカメラをセットしていると、お決まりのおしゃべりが始まった。おい、僕はシャッターチャンスを逃したくないんだよっと心に思いながら。どこぞのカメラクラブの名刺まで渡されて…。
IMG_4042

しゃべりながら手を動かして撮れました。2週連続の赤富士。今週は上部だけで少し霞がかってる感じの。やはり手前のススキが秋のお訪れを感じさせてくれますね。
IMG_0018-_R

撮影終了後は富士山レストラン。もうこの場所には誰もいない。僕だけのレストラン。カミさん製のハムマヨパンとローソンのコーンポタージュ。食後はコーヒータイム。ここまでが僕の撮影旅行の締めくくり。ごちそうさまでした!
IMG_4038

ようやくエモンガがタマゴから生まれてきた。これで今週の撮影旅行は終了である。
IMG_4040

    このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの人が観光地にいた。

今日は伊豆半島の下田市に写真撮影へ。下田市のいくつかの海水浴場はコロナ禍の今年も開場している。ここ白浜大浜海水浴場は駐車場が満車、旅館・ホテルも満室っぽい。とにかく車の渋滞ができるほど人が多かった。
IMG_3882

まずは須崎の恵比須島へ。ここも橋の近くにはクルマが停めれないぐらい大量の観光か地元の人が押し寄せていた。
IMG_3887

人が集まるとこの通りだ。やはり効果が少ないと言われてはいるが、レジ袋削減には協力しよう。
IMG_3888

恵比須島の水は蟹と魚がみえるぐらいに綺麗なところがある。
IMG_3902

橋からは飛び込んでいる人たちもいた!
IMG_3904

急激な坂に建つ民家には籠を背負った女性が階段を登っていく。この猛暑時に辛い仕事だ。
IMG_3906

ダイソーで買った300円の発泡スチロールのクーラーボックス。車中泊の強い味方がまた加わった!
IMG_3907

さて、日が傾いてきた。が、時既に遅し。プランでは奥側の群生しているユリに落ちる日が当たる絵だったが、車中で仮眠をしていたら、奥側は樹の影になってしまった。
IMG_3915

ん~、スカスカ感がいなめない。
IMG_9707-強化_R

そこから、鬼の洗濯岩に降りる途中。これも、もう少し干潮なら岩の様相が見えて面白かったに違いない。
IMG_3916

イマイチ、踏み込めていない写真だ。
IMG_9738-強化_R

洗濯岩まで降りて日没を待つ。干潮でない今日は、右側のトンガリ岩が象徴的だ。
IMG_3917

雲ひとつない空は残念だった(雲があると空の表情が深くなる)が、オレンジ色が優しくなだらかな海面に反射してくれた。
IMG_9769-強化_R

ここから日没後は爪木崎へ行って、天の川を撮る。恵比須島は現在漁港の駐車場などが使えないので注意です。みんなが使えるトイレは使えるようだ。
IMG_3918

あっ、カミさんには内緒です。
IMG_3920

やって来ました爪木崎。水仙と灯台で有名な海。今日は水仙まつりの時に見たマイナーな場所での天の川撮影を行う。カップラーメンで少し空腹を満たす。下の駐車場は使用不可。上の駐車場は、簡易キャンパーを含めて割りと満車に近かった。みんなどこにいるんだろう。
IMG_3921

僕は左に行くと灯台、右に行くと海に出る道を右に向かった。もちろん誰もいない。海に出ると、柱状節理の岩が二つある。この間からの天の川をロケハンしていた。
IMG_3923

こんな感じ。今日の天の川は肉眼で見えて、なかなか濃い。優しい川と力強い岩の組み合わせが異世界感を出している。すごく歩きにくい大きさの岩が多いので、足をくじかないように気をつけてください。この時点で20時30分。次は舞磯浜海水浴場へと向かう。被写体は天の川だ。
IMG_9803-強化_R

舞磯浜は遊泳禁止で駐車場が完全閉鎖されていたのにはまいった。ごめんなさい。1時間だけ邪魔にならない場所を選んで路駐しました。この浜にはバイ・ザ・シーというリゾート施設があって、宿泊やグランピングが楽しめるようだ。写真は洞窟バーで外でも飲めるみたいだ。洞窟のDJブースからガンガンのポップスが聞こえてくる。
IMG_3933

こちらは宿泊棟。めちゃくちゃ綺麗で、贅沢だ。目の前は星空と砂浜と海だけ。日中も夜も贅沢な景色が楽しめる。1回は過ごしてみたい場所だ。
IMG_3932

僕はというとひとり孤独に暗闇と闘っていた。波の音と肉眼で見える天の川。この場所はビーチの一番奥。崖の下あたりだ。ここは去年の9月ぐらいにロケハンをしておいた場所。
IMG_3928

やった!煙突岩と天の川。それも時間帯的に大分垂直に立っていた。本当ならもう少し浜に座って完全垂直天の川を狙うのだが、路駐が申し訳なくて気が気でなかった。前景5枚、星10枚のスタック撮影で終了。煙突岩の後ろに灯台があって、煙突岩だけライティングされている雰囲気に仕上がった。下田の海は夜でも青いのか!
IMG_9824-強化_R

本来ならここ舞磯浜でひとり宴会を行い、朝まで過ごして下田のどこかで朝日の撮影というのが普通だ。しかし、過ごすための駐車場がない。よし、ダメ元でも良い。ここから山中湖まで行って、ラッキーなら赤富士を見よう!ということで約140kmの北上ドライブをすることにした。
パノラマ台経由で行ってみたのだが、夜中の1時30分でどの撮影場所も三脚やクルマでいっぱい。さすが土曜日の夜。きらら東側の平野浜が増水で場所が少なくなっていたら密になると思い、僕はきららの西側で朝まで待機した。
IMG_3936

今日の朝焼けはすごかった。が、山中湖の富士山はこの方向にはない。
IMG_3938

相変わらず、ここには僕だけしかいない。この2日間、鳥としか話しをしていない。日の出とともに山頂が赤くなった。お、見れるのか?
IMG_3939

と思ったら、日の出の時刻でただの夏富士に戻ってしまった。今日は赤く染まらないのではとガックリしていた。
IMG_3940

日の出時間を経過後、山頂が再び赤くなってきた。ビーナスベルトが下がるとともに赤が下がっていくのは紅富士と同じだ。
IMG_3941

日の出後10分経過で赤い部分が最も下となった。今年の長雨で山肌の花崗岩がタップリ水分を含んだのだろうか、観光協会様のSNSを見ていても赤富士となる日が多いような気がする。
IMG_3943

見ることができれば幸運になるという赤富士。みなさまにもおすそ分けを。綺麗とはいっても、富士山をよく見ると荒々しいむき出しの岩肌がよく見える。改めて自然とは厳しいものだと再認識をする。
IMG_9914-強化_R

マルハニチロのホームページにある魚肉ソーセージの美味しい食べ方。
IMG_3934

さあ、2日間ほぼ1時間半の睡眠で撮りまくった休日。張り詰めた気持ちはいっきに開放へ。富士山レストランで朝食だ。今日はカミさん製の食パンでマルハニチロのお勧めで温めたギョニソを巻く。そしてスープはじゃがいもポタージュ。これを食ったら帰るぞ~!ごちそうさまでした!
IMG_3946

岩肌が見える夏富士。朝なのにもう暑くなってきた。海も富士山もありがとう。
IMG_3947

本日の相棒。山中湖にて。
IMG_3948

    このエントリーをはてなブックマークに追加

キャンプ飯が美味い。

この日の夜2時ぐらいに全国育樹祭記念広場で天の川と富士山を写真撮影した後に、運転手&料理人を兼ねる次男とともに山中湖の平野浜に移動をしてきた。キャンプ場ではないが、富士山を見ながらご飯を食べれる絶好のポイントだからだ。
が、あいにく山中湖は霧の真っ只中。富士山は全く見えない。
IMG_3004

そんな中、朝ご飯の用意が始まった。全部次男のコーディネイトと働きである。
IMG_3005

例によって、臭いを嗅ぎつけたのか白鳥がやってきた。霧の中なので、波紋が幻想的に見えるのは許すが、観光客のご飯をあてにしてくるのは気に入らない。
IMG_3008

ローリエというハーブを入れてお湯を沸騰させるそうだ(ここからは全て次男の話し)。
IMG_3010

別のコンロの鍋にはオリーブオイルをひく。
IMG_3011

ここで生米を炒める。油をコーティングさせて、米の粘りを出さなくさせるために。
IMG_3012

ここからハーブのローリエの葉っぱが入ったお湯をお米に注いでいく。
FullSizeRender

何回かに分けてお湯を注いで、最後に粉チーズとバターと塩コショウで味付けをしてお米のアルデンテでリゾットを仕上げる。
IMG_3016

その間にベーコンエッグのベーコンを炒める。肉の香りが食欲をそそる。
IMG_3017

ローソンの中華スープとチーズリゾットをネイチャーの中でいただく。自分ひとりでは考えられないほど贅沢な朝のご飯だ。幸せこの上ない。ごちそうさまでした!僕は料理がまったくできないので、そのステージを用意することしかできない。
FullSizeRender

何でしょう。ご飯を食べながら湖畔を見ていると、プロの誰かたちが船で湖に出発していく。しかも全部の船が竹竿を船に入れて出ていく。竹竿の使用目的は何なんだろう。
IMG_3019

そうこうしていると、朝日は出て、気温が上がり、富士山が霧の中から姿を現してきた。おお、幻想的だ。素晴らしいブレックファーストだ。次男よありがとう。そして、ごちそうさまでした!
IMG_3021

朝の凪で逆さ富士が出現。青と白の世界が綺麗だ。
IMG_8713_R

富士山のアップ。また来るね~。
IMG_8722_R

    このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルス収束後にはさらにがんばろう。

風景写真撮影封印の中、嬉しいお知らせが届いた。「山中湖Instagramアートフォトコンテスト」での準グランプリ受賞だ。雪の降った日の夜景で富士山が写っている作品。ご選出、ありがとうございます!
IMG_1644

受賞作品はこちら。前日のお昼ぐらいから雪が止むのを待って、当日午前3時に撮ったもので、おそらく-5度ぐらいだった気がする。とにかく雪が多くて寒くて、長時間の待機があっただけに喜びもひとしおだ。
img_4579_川の星_R

本日の晩ご飯はノーマルに生姜焼き。ごちそうさまでした!
FullSizeRender

本日の相棒。大衆焼肉さんの前にて。エイパムの写り込みでグレッグルが見えない!
IMG_1647

    このエントリーをはてなブックマークに追加

今シーズン最後の白いプレゼント。

金曜日に中華街にドラゴンの装飾の写真撮影に行くということを、昨今の事情で家族に止められて激怒して喧嘩をした結果、スネてWindyを見ていたら、昨日の土曜日から関東地方には雪マークが!道志村のエビラ沢の滝に行こうかとかなり迷ったが、やはり絵的と道路的に安全圏な山中湖を選択した。
さて、土曜日の22時にクルマで出発。御殿場の山に差し掛かる辺りから積雪している。山中湖に着いたら、それはもう雪の花が木に咲いた見事な雪景色となっていた。
まず最初に選んだ撮影場所は山中湖夕焼けの渚にある展望台。ここは確か湖畔の樹木の向こうに富士山が見えたはずだ。夜中の撮影は溶けていないうちの着雪樹木を中心としたかったのだ。それにしてもiPhone 11のナイトモードの映りはすごい。街灯や月の明かりがあって3秒耐えればバッチリ写る。Google Pixel 4はもっとすごいのだろうか。
IMG_1274

月明かりではこんな感じで遠景も写る。一眼レフが負けそうだ。この展望台にはこの時、僕一人だけ。後から複数人の男女がここを目標に来ていたが、僕がいると分かると、別の場所に移動をしていった。こうして、富士山から雲が離れるまで1時間30分ほど粘ってみたが、離れることはなかった。
IMG_1277

こちらは一眼レフの絵。富士山から雲が離れない代わりに巨大な鳥に似た雲が富士山に襲いかかるような絵をゲット。顔まで付いている感じで。
IMG_5936-強化_色かぶり_ssha_R

次はレストラン ダラスヴィレッジの近くの川の左岸を少し行ったところにある大きな空き地に生えている木の撮影ポイントに向かった。ここは前回の雪の山中湖撮影の時に目を付けておいた場所だ。数本の大きな樹木群の向こうに富士山が見える。月明かりが景色全体を照らしてくれている。
IMG_1279

長秒写真を撮っていると、今日はレンズフィルターが曇り出してしまった。レンズヒーターがないのでホッカイロを乗せて拭き拭きしながら前景の撮影を終了。帰宅してから早速レンズヒーターをAmazonでポチりました。
IMG_1280

樹と富士山は長秒写真9枚をスタックしてノイズを除去。空が暗闇だけだと少し寂しいかなと思って、星グルにしてみた。が、10分ほど回していると…、
IMG_5966-強化_中央値_色かぶり_ssha_切り抜き_R

レンズフィルターだけでなく、カメラ全体が凍ってきた。今日は寒いうえに、ヘッドライトに霧の小さい履いた息っぽいものが反射するぐらい空気中に湿気があった。
IMG_1282

しまいには三脚も凍って、タイマーレリーズは正常動作をしなくなったので、日の出まで車の中で待機と決めた。
IMG_1283

リュックサックも凍っていた。レンズが結露しないように寒い室温のまんま、車の中でゆっくりと解凍。少し身体を休めよう。
IMG_1288

さて、今日の紅富士はこれも前回の雪景色山中湖撮影の時に下見をしておいたこの赤ピンの場所に行ってみることにした。今日は凪状態なので、湖メインでも良いのではなかろうかと。
IMG_1294

この場所の逆さ富士のリフレクションにはちょっとビックリした。両脇の山が富士山から離れていて、稜線が綺麗に見えるからだ。そして先客はお一人。日の出後も、撮り終わるまでで僕を入れて合計4人しかいなかった。伸び伸びと撮れる場所で気に入った。
IMG_1286

夜明け前の富士山は冠雪部の白が美しい。前景の雪は誰も踏んでいないモフモフの雪だ!
IMG_5995-強化_色かぶり_ssha_R

日の出前に湖は気嵐、ヴィーナスベルトが上がってきた頃には冠雪部分がピンクに染まる。これを見に多くの人は富士山に通う。
IMG_1287

まず先端のみがピンクに染まる。こんな風に稜線が綺麗な富士山が撮れる。それにしても逆さ富士が見事だ。
IMG_6007-強化_色かぶり_ssha_R

次に冠雪部全体がピンクに染まる。富士山を絵的に端にしても収まりが良い。
IMG_6011-強化_色かぶり_ssha_R

そして最後は富士山全体がピンクに染まる。是非、現場で見てほしい景色だ。特に山中湖は富士山がデカく見えるので迫力がある。
IMG_6015-強化_色かぶり_ssha_R

撮影終了後は平野浜に移動をして朝ごはん。夜中中撮影をしていると、案外お腹が空く。早速いやしい白鳥が目の前に腰を降ろした。野生の動物たちには餌はあげないが鉄則なので、今日は追っ払って退散いただいた。
IMG_1291

今日の朝食は崎陽軒のシウマイチリ。レトルトなので買ってみた。
IMG_1292

本日の相棒。でかい。
IMG_1289

さあ、富士山レストランの準備です!今日はリフレクション付き!
IMG_1293

ご飯が炊ける間に相棒を交代して遊んでみたり。今日からはツタージャに。
IMG_1290

シウマイチリは焼売とチリソースとの相性が良いのにビックリするし、何より冷えても美味い崎陽軒のしゅうまいがやっぱり美味い。一緒に購入したシウマイ麻婆とシウマイカレーも楽しみになってきた。ごちそうさまでした!
IMG_1297

なんちゃってダイヤモンドダストも見れたし、さて帰宅するか。
BlogPaint

    このエントリーをはてなブックマークに追加