撮り記・食い記

写真を撮ったり、美味しいモノを食べたりの日常の日記的記録です。時々ゲーム・サッカー。

タグ:山

冬にありがち。

今日は雨&雨上がり。明日は君津市で仕事。といえば僕の乏しい風景写真撮影地知識としてはここ「鹿野山九十九谷展望公園」しか知らない。ということで車中泊前提で来てみた。何回目の訪問となるだろう。
着いた時の19時は公園全体が霧に包まれていて、期待が膨らんだ。2時ぐらいには雲が若干晴れてきそうな予報だったので、少々お酒をいただき車中で睡眠をとることにした。この時、TVerで真犯人フラグを見ていたので、トイレのために闇夜を歩くのが少し怖くなっていた。
IMG_1759

午前2時。ありゃりゃ。霧が晴れてしまって街明かりがほぼダイレクトに見えている。これでは絵にならない。夜霧の九十九谷の撮影はちょっと無理かな…てか、もっと早く起きていれば良かったのだろうか。
IMG_1762

では、霧に煙る遠くの山々の方を撮ってみよう。月明かりがけっこうな明るさをもっているのがよく分かる。
IMG_1763

湿気と中途半端な寒さでレンズが曇るので今季2回目のレンズヒーターの登場だ。
IMG_1766

夜中の千葉の山々の写真。う~ん。実につまらない。ちょい霧の山が若干暗く写っている程度の写真だ。あまりにもつまらないので、朝日と霧を狙うこととして再び車中へと睡眠の旅へ。
IMG_8322-CR2_DxO_DeepPRIME_R

ああっ~!しまった!太陽は完全に昇りきっているではないですか!そう。寝坊した!というか、日の出前にはちゃんと目を覚まして外の空が綺麗にオレンジになっているのは確認したのだが…①すごい多くのカメラマンがいた。(人が嫌い) ②寝袋の中があまりにも気持ちよかった。ので、今日は雨がふっていたことにしようと自分の中で言い聞かせて三度寝へと落ちていっていた。
この時点で7時。人がいなくなったころ、遠くの山を見てみるとちょっと良さげな雰囲気がある。
IMG_1767

谷々が霧にむせているところを望遠レンズで狙ってみた。この時点では単色画のイメージで仕上げれないかと考えていた。そうです。この時点では太陽が出ているのでこの朝焼け色はありえません。ハイライト部分にオレンジ色をグレーティングするためにできるだけ、モノクロに近い写真を撮影してみました。そしてそのオレンジは寝袋の社内から見た空のオレンジを再現。なかなかイメージ通りの現像ができたのではないだろうか。
IMG_8327-CR2_DxO_HQ_マスク_ゴミ_ssha_オートン_R

この後はちょっと贅沢に鮪のお寿司と味噌汁と絶景で朝食をいただいた後に仕事場へ。
IMG_1768

九十九谷では風景がを描いている方もいらっしゃいました。素敵なご趣味。
IMG_1769

そしてヤドンも絶景を見ていました。本日の相棒。
IMG_1770

    このエントリーをはてなブックマークに追加

僕にとっては必要のないもの。

前日は台風10号がたっぷりと地面を濡らした君津市。夜→朝日写真撮影の地は災害が起きていた外房へは行かずに鹿野山九十九谷展望公園と決め、前日から車中泊で泊まり込んでいた。ここには広い駐車場がある。濡れた地面からは霧が出ることを期待していた。
SCWによると夜中の2時頃から1時間ぐらいはかすかに雲が晴れそうな予報となっていた。
FullSizeRender

夜中の3時。カメラと三脚を構えている人は僕を含めて2人。霧は出ているが、風で早く流れる雲が星を隠してなかなか絵にならなかった。特に天の川側は雲が分厚い。
IMG_0306

そんな中、40枚夜空を撮った内、6枚だけかろうじて雲間から星々が見える写真があったのでスタック。朝方3時40分ぐらいには、もう冬の星座の代表格オリオン座が空へと上がってきていた。地上は予想通り霧の発生。しかし、出過ぎ感もある。カラフルな街明かりが下から霧を照らすのはここ鹿野山の特徴だ。悪条件下で、まあまあな写真を撮れたのではないだろうか。
IMG_0246_R

夜明け前。分厚い雲と濃い霧が全てを覆い尽くしている。夜と違って照らす光がないので絵にはならない。この頃にはカメラマンは5人ぐらい。ご家族やカップルで日の出見学が4組ぐらいに人出は増えていた。マスク着用の写真撮影となっていた。
IMG_0307

日の出は駐車場の真横から。この場所での夏の日の出は絵にならないことが分かった。
IMG_0308

そこでカメラを反対側に向けて、これぞ九十九谷の名の所以という感じの山谷の連続風景を撮ってみた。日の出後の一瞬の側光時の写真である。山々や樹々が立体的になる瞬間である。霧も薄っすら残って登山感も少し出たかな?それにしても闇が明けると目に入ってくる多くのゴルフ場。この写真はそのゴルフ場を画角内に入れないように避けた結果の構図である。山が丸ハゲしているように見えるゴルフ場は本当にこんなに多い数量が必要なのだろうか。日本を上から見た時にいつも思うことである。
これにて撮影は終了。このまま君津市への仕事へと向かったのであった。
IMG_0286_R

本日の相棒。海ほたるPAにて。
IMG_0309

    このエントリーをはてなブックマークに追加

だるま山高原レストハウスに住み込み?!

明日の土曜日は天気が悪そうで、おそらく最後になるであろう夏の天の川を写真撮影する場所が特定できずにいた。と、帰宅途中の電車の中でSCWを見ると、今日金曜日の夜の伊豆がワンチャン雲がなくなる予報となっていた。18時帰宅で19時出発、現場に21時到着予定で車に飛び乗って、西伊豆スカイライン 大平台駐車場へと向かった。被写体は山と天の川。
image

途中、大分遠くのコンビニで食料とアルコールを調達して、何はともあれ撮影開始。駐車場の南面にススキの切れ間があったのでそこで暗闇に向かう。
image

iPhoneの3秒モード写真。画面左側にうっすら天の川が写っている。空が暗く、天の川を肉眼で天頂まで追うことができた日だった。もちろん星は満天。ここまで車で辿り着く途中にも10匹ほどの鹿に会っていたが、撮影中は殺される女性の悲鳴にも似た鹿の鳴き声が辺りにこだましていた。
ガサっと草をかき分ける音に怯えながら(三浦半島には熊はいないらしい)、崖の下を見ると光った目がこちらを見ている。近くにも鹿が来ていたのだ!大声で歌って追い払う~。
image

撮れたのはこの縦構図1枚。画面の左側からは伊豆半島の南側から急ピッチでやってくる積乱雲があった。こいつが達磨山まで来ないうちに切り上げだ。横構図の広い山も撮ってみたかったが、天の川が右に傾いてしまうので、それは来年にお預けだ。左に傾く天の川と組み合わせるかな。
1時間に自動車1台、バイクが1台通って光跡を作ってくれたのはラッキー!山の上に聳え立つ天の川がしっかり表現できたのではないだろうか。
IMG_0630_R

パンをかじりながらの撮影。雨が降りそうなので、だるま山高原レストハウスでの車中泊。カップヌードルで腹を満たして後はひとり宴会。この時間もたまらなく好きなんだな~。自由で。
image

さて、今日の夜景はどうかな?雲は多いけどしっかり富士山が見えてますね!でも明日は朝からいろんな地方で雨予報。さて、明日の天の川はどこで撮るかな?この時点では御前崎しかない。2日の車中泊を予定し、明日は静岡辺りをウロウロするか…。
image

    このエントリーをはてなブックマークに追加

出会えない。

今日の午前中は君津で仕事なので、車中泊をした道の駅 保田小学校から夜の鹿野山に向かった。前に行った大きな駐車場側で撮影を行った。今日は雲が多いけれど、雲海は出ていない。星の光跡写真を撮ろうとやってきたが、雲が邪魔をして目的達成は無理となった。静止星の写真がこちら。
IMG_0046

夜が明けてくるとこんな感じだ。今日は雲が赤く染まった。
IMG_9403

アップで撮るとこんな感じ。連なる山々が美しい。
IMG_0051

太陽が完全に出てきた。新しい日の始まりである。
IMG_9405

ここは日の出後の30分間は黄金?オレンジ?に世界が染まる。この瞬間が非常に好きな場所だ。次回は是非雲海(朝霧)に出会いたい。
IMG_0056

さて、撮影終了後、小さい駐車場側に行ってみた。あれ?こっちの方が谷の重なり合いが多い!
IMG_9406

うん、こっちの方が僕は好きだな。今まで何で気が付かなかった!
IMG_9408

また来ま~す。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

次男引っ越し2日目。

買い出しに行った時に買ったコーヒー。最近、この250cc缶を見ないことありませんか?今から40年前ぐらいにはこの缶が多かったと思うのですが。缶コーヒーとしては多すぎず、少なすぎず、丁度良い量かと思いました。
IMG_5724

引っ越しは夕方になって佳境を向かえてますが、僕ができる仕事はなくなってきた(仕上げのキッチン周りとか)ので、引越し先の近所で撮影です。南アルプスの仙丈ヶ岳が夕日で赤くなってきました。
FullSizeRender

伊那市の誇り、南アルプスのモルゲンロート、パノラマで展開できます。次男にはこれから3年間、この美しい景色とともに伊那市で学んでいってほしいものです。
IMG_9465-Pano_hipasss

ほどなく、引っ越しは終了です。僕たち親のできることはなくなって、明日は次男ひとりで整理です。さあ、みんな帰って焼き肉食うぞ~。

    このエントリーをはてなブックマークに追加