撮り記・食い記

写真を撮ったり、美味しいモノを食べたりの日常の日記的記録です。時々ゲーム・サッカー。

タグ:天の川

清里駅周辺は廃墟だが…景色良し。

今日は山梨県 北杜市に写真撮影のロケハンにやって来た。ショッピングセンター きららシティへ、トイレ休憩に寄った時に気付いた北杜市紅葉スポット 案内マップ。こういうのが案外参考になるのかもしれない。
IMG_2211

まずは八ヶ岳高原大橋 北詰展望駐車場に車を停めて、辺りの景色を調査開始。
FullSizeRender

駐車場からも森の向こうに八ヶ岳が見えるなかなかの景色だ。夕日もコラボできそうだ。
FullSizeRender

少し歩いて「八ヶ岳高原大橋」の上からの景色はどうかなと。
FullSizeRender

おお、森と川と八ヶ岳!全体的には紅葉は終盤を迎えていた。夕暮れ時に良さげな景色となりそうだ。
IMG_2214

反対側を見ると富士山と紅葉が見える。しかし反対側には歩道がなく危険なので一眼レフでじっくりの撮影はできそうにない。iPhoneで収めておこう。
IMG_2216

続いてのロケハン地は「平沢峠」。八ヶ岳と夕日が期待できそうなのだが。
FullSizeRender

景色は良い感じだ。森と八ヶ岳のパノラマが見える。
IMG_2223

しかし、17時には駐車場が閉鎖されるということは、日の短い冬でも夕日の景色を余裕で撮っている時間がない。朝も何時からオープンしているのかが告知されていない。本日は撮影候補地から外そう。せっかくの観光資源なのに、こういうところがもったいない。
IMG_2222

続いて、美し森 展望台へ行く途中に、勘で寄ってみた「清泉寮 第3駐車場」。
FullSizeRender

牧草地と富士山のコラボ。
IMG_2225

夜にはオリオン座と冬の天の川が出てきそうだ。これは良い場所を見つけたかもしれない。
FullSizeRender

ロケハンの最後は「美し森 展望台」。
FullSizeRender

かなり広い駐車場と観光案内センター、お土産物売り場がある。
IMG_2228

お土産物売り場の後ろから展望台へと続く木道がある。
IMG_2229

こんな斜面を登っていく。
IMG_2230

穴が開いている箇所があるので、夜間等は気を付けた方が良いだろう。
IMG_2231

僕の足だと約10分で頂上展望台に着いた。
IMG_2232

途中、木道が二手に分かれる。別れた木道から見た景色。森と山と富士山。素晴らしいパノラマだ。
IMG_2234

夜にはオリオン座と冬の天の川が富士山の右側に昇ってくる。夏もしかりということか。
FullSizeRender

さあ、夕日→星→日の出と、写真撮影をどうやって組み立てようか。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

絶景と遊び。

写真撮影のロケハンのために茨城県日立市の伊師浜にやって来た。どなたかのフォトコンテスト入賞作品で崖と海という鮮烈な光景を目にしたので、どこがそうなのかとロケハンに来てみた。

駐車場が難しい。ホテルやレストランの駐車場はたくさんあるのだが、一般の駐車場が見当たらない中、P2には公園来園者 ご利用者専用駐車場とある。よし、ここに停めて、行ってみよう!
IMG_2051

まずは海水浴場から。白い花と海はコラボできそうだけど、太陽や星と絡まない。
IMG_2052

これが伊師浜のマップ。海沿いの道を歩いてみよう。
IMG_2053

この辺りから海水浴場を覗ける場所がある。
FullSizeRender

崖と海。ん~、こんなんだったかな?
IMG_2055

次は国民宿舎側の海岸。
FullSizeRender

ここは入り江になっていて波も荒くてダイナミックな絵が撮れそう!
IMG_2057

オリオン座と冬の天の川も立つ。時期を狙えば素晴らしい絵が撮れそうだ。本日の候補地のひとつ。
FullSizeRender

今日はこの辺りの北茨城が夜に晴れそうなのではるばるやって来たけれど、この15時の時点で少々怪しくなってきている。
FullSizeRender

ウミウ捕獲場には何か崖的なものがあるかとドキドキしながら行ってみたけど「立入禁止」。だったら遊歩道とか作るなよ!と思う。
IMG_2060

で、このウミウ捕獲場立入禁止場の目の前。
FullSizeRender

枯れ木が2本。
IMG_2062

冬の天の川と絡むね~。夜のこの場所は怖そうだけど、まあ候補地のひとつ。
FullSizeRender

ウミウ捕獲場へのトンネルもコロナ感染対策で閉鎖中。崖と海感は皆無な散歩となっている。
IMG_2064

いろんな道があるが…
IMG_2066

スズメバチで立入禁止!今いるのか?!観光地なら駆除すべきでは?!とかであまり海側に出れない遊歩道だったのは報告すべきこと。次のロケハン地に向かってみよう!という気になる残念な観光地だった。
IMG_2065

小貝ヶ浜に来てみた。6台ほどの駐車場はある。
IMG_2071

いろいろ林の中を歩いてはみたが…朝日は北側の崎から出そうだ。
FullSizeRender

南北の崎の間に…
IMG_2070

オリオン座が上がってきそう。駐車場は民家への影響もなさそうだし、候補、候補。
FullSizeRender

夕日の写真撮影は捨てているので、夜にはまだ時間がある。もう1ヶ所の「東滑川ヒカリモ公園」へ行ってみた。スーパービバホーム シーマークスクエア日立店の向かい側に相当数駐車可能な駐車場がある。
FullSizeRender

海に岩がある公園だということを誰かの写真で見たことがある。
IMG_2073

公園自体は子どもたちが遊ぶ遊具がある普通よく見る公園となっている。この坂を下っていくと…
IMG_2074

海岸には降りられないが、このような風光明媚な景色が広がる。この公園で遊んでいるキッズたちはこの綺麗さはなかなか分からないであろうが、幸運な場所で遊んでいることには間違いない。
IMG_2076

日の出撮影には1年中良さそうな場所。
FullSizeRender

今日はオリオン座と冬の天の川もコラボできそうな方向と時間だ。
FullSizeRender

ちょっとだけ場所を変えると、全く違ったアングルも捉えることができる。
IMG_2080

そして地図看板の「砂浜」とサラッと書かれている場所がフォトグラフィー的にはグッとくる景色だった。波で侵食された垂直の岩が切り立っている。
IMG_2081

ただ、この岩を綺麗に撮るには砂浜の左側奥から撮りたいのだが、完全に安全に奥に行けそうなのは23時。星空の岩を想像してワクワクしてきた。
FullSizeRender

ところがっ!雲なしだったので、はるばるやって来た日立市だったのに、この時点でのSCWの雲予想は0時で快晴ではなくなった!東滑川ヒカリモ公園の駐車場で車中泊をしたのだが、オリオン座が昇ってくる0時には東の空は星が見えなかった。残念。まあ、自然相手なんだからこんなこともあるさ。
FullSizeRender

気を取り直して、日の出写真撮影に挑戦。日の出前。しっかり雲があるのだが、太陽が絡んでくれば雲があった方がドラマチックな写真となる。太陽は岩と岩の間から出てくるはずなのだが、赤くなっているのはそれより北の方だった。
IMG_2092

波の動きを表現して、赤色の面積が多い部分を中心にした構図。左側の岸も画角に入れて、プチ窓枠構図に。夜明け前の赤と青は美しい。
IMG_8469-CR2_DxO_HQ_マスク_ssha_切り抜き_blend_オートン_R

場所をちょい変えて日の出の太陽自体を捉える。
IMG_2093

かすかなオレンジが海と空を淡く染める今日の日の出。普段の僕の写真とは違う柔らかで優しい仕上げを心がけてみました。こういうの難しい!
IMG_8488-CR2_DxO_HQ_マスク_ssha_オートン_R

撮影終了後に見る公園の日の出風景。この遊具で朝夕遊ぶ子どもたちはやっぱり幸せだなぁ。
IMG_2094

    このエントリーをはてなブックマークに追加

秘境。

明日は君津市で仕事なので前泊して風景写真撮影のロケハンを行おうと、今日はフェリーで房総半島に渡った。
IMG_1934

平日の東京湾フェリーの車量はこれぐらいで空いている。
FullSizeRender

ゆっくりした船旅は何だか久しぶりだ。空が青い。
IMG_1936

鋸南町でランチを食べた後は道の駅 富楽里 とみやまへ向かった。ここに車を停めてロケハン地に向かう。
IMG_1952

途中、草に囲まれた電柱を発見。のどかな道を歩いていく。
IMG_1953

道路の反対側に紅葉が始まった山が見えた。そしてここには小高い階段を登ったところにお寺の鐘が見えた。
FullSizeRender

そして行ってみたのだが、道の奥にある「勝善寺」さんの鐘みたいだ。いろんなアングルで鐘と紅葉と空を入れようとしてみたが、どんなアングルでもテーマがボケてしまい上手くいかない。
IMG_1956

う~ん、良い絵にならない。ここは僕は諦めました。どなたかに絵にしてほしい場所ですね。
IMG_1958

さて、やって来たのは本当のロケハン目的地「とみやま水仙遊歩道」だ。89号線にこのような山に登る道と看板が現れる。
IMG_1959

もちろん水仙は季節でないので咲いていない。咲く季節の前にどんな場所なのかを見ておきたかった。地図看板を見るとVISTA POINTというものが書いてある。そこに行ってみよう。
IMG_1960

こんな明るい山道を登っていく。
IMG_1961

樹々の間に水仙が育ってきている。これ全部咲いたら綺麗だろうな!
IMG_1963

でっかいキノコが樹に生えてるし。
IMG_1966

この水仙の量は爪木崎より綺麗なんではないかな?!
IMG_1967

上に登っていくと、上に行くか下に行くかの分かれ道に出る。VISTA POINTは上だ。
IMG_1969

竹林を抜けるとこんな車道に出る。
IMG_1970

このポイントだ。Google Mapsの展望所の近くだ。
IMG_1971

ここを左に入っていくと展望所に行ける。ということはこの車道に来れば、この場所に車を停められるということだ。さあ、入っていってみよう。
IMG_1972

元々はお寺か神社があった場所らしいので、コンクリートの基礎がある場所からの眺めは最高だった。海と山と高速道路!
IMG_1974

夕日は10月から2月ぐらいまでOKそう。
FullSizeRender

夏から冬の天の川も立ちそうだ。海の方には街があるので光害がどれぐらいあるかは、夜に来てみなければ分からない。いつか挑戦してみよう。
FullSizeRender

展望所を見ればあとは山を下るだけ。
IMG_1977

とみやま水仙遊歩道の西側はこんなところに出てきます。
IMG_1979

次は車中泊場所のロケハンで「岩井海岸第一駐車場」へ。ちょっと後ろに民家があるけど一番右奥のこの写真の場所なら砂部分にテーブルを出せそう。内房の中央での撮影時には使用できるかもしれない。
IMG_1980

その次は大福寺(崖観音)へ。駐車場があります。この上側(別の道)にも駐車場があります。
IMG_1981

こんな狭い道を歩いていくと…
IMG_1982

崖の中腹にお寺が存在します。登って行きましょう。
IMG_1983

こんなクネクネ道を登っていきます。広大な墓地があります。
IMG_8430-強化-HDR_R

社殿からは館山の海と街が綺麗に見える。この景色も上手く撮れる(残せる)術を模索したのだけど失敗。どなたか上手く撮ってくれるのを期待だね。下手だわ~
IMG_1985

社殿の天井画はこんな感じ。紺と金が美しい!これが4面ぐらい。是非みんな見てみて。
IMG_8421-CR2_DxO_HQ_マスク_ssha_R

社務所の方に行くと、どうやら崖崩れで社を失っているらしい。是非再建を望む。
IMG_1986

    このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道らしい景色。

今日は北海道農作業出張最終日。作業続きの日ばかりだったので、上席からは行ってはいけないと言われていた観光に、後輩たちと一緒に行くことにした。「清水円山展望台」。根室本線の御影駅から車で30分弱で行ける展望台だという。
FullSizeRender

最後は砂利道を上がっていく道路事情だが、上には駐車スペースがしっかりある広い公園があった。雑草やベンチ、展望台そのものなど、しっかり管理されている感がある。綺麗だ。
IMG_1122

左側のアスファルトが駐車スペース。右側の芝生部分や今写真を撮っている上側からの景色が良い。ここは熊の生息地らしいので、夜の撮影では車からどれだけ離れないかが安全ポイントになってきそうだった。
IMG_1132

駐車スペース近くからの景色。牧場や畑、それらを仕切る森だけが続く本州ではなかなか見られない光景が広がる。街ははるか向こうだ。夜はかなりの暗さを保っているに違いない。空も晴れていて綺麗だった。
IMG_1124

方向は東向きのようだ。1年中朝日とのコラボが楽しめそうだ。
FullSizeRender

さて南西側はどうかというと、畑と山。ここに…
IMG_1127

垂直の天の川が立つ。ということは景色左側の牧場や畑側は東側に斜めに出てくる時の天の川とコラボができそうだということだ。2月後半から8月ぐらいまで天の川撮影もできそうだ。もし、来るならば、熊よけのために音量たっぷりの音源を持ってこよう。
FullSizeRender

展望台から見た山側のパノラマ。
IMG_1129

展望台から見た牧場側のパノラマ。素晴らしい角度で景色が広がる。写真家でなくても素敵だと感じられる風景だった。
IMG_1130

西側の夕日景色はちょっとイマイチそうだ。ここは目をつぶろう。
FullSizeRender

十勝清水には5個の展望景色が臨める場所があるみたいだ。次回以降、制覇してみたいなと思った。
IMG_1128

この後は後輩たちとで、ここでソフトクリームを食べ、
--------------
牧場のソフト 御影店
北海道上川郡清水町御影南1線57

ここのお弁当を食べながら、この後の東京から来た農作業グループに引き継ぎを行い、新千歳空港へと車にて向かった。これで秋の北海道行は終わりだ。
-------
ひだまり
北海道上川郡清水町御影東8条4-2-1

空港でハイボールを一杯やっていると、カミさんは今日の帰宅を忘れていたらしい。まあ、北海道にいた期間が長かったからな~
FullSizeRender

晩ご飯はとり天。何にしても共同生活から開放された食事が嬉しかった。そして北海道では飲めなかった麦焼酎のロックが美味かった。会社からはコロナもあるので寮内でも夜間の団体飲酒は禁止されていたので…
FullSizeRender

この前新東名や新名神を走った時のカップラーメンコレクション。念のため記念撮影を。
IMG_1144

北海道出張に行っていて、イベントに参加できなかったのでようやくフーパをゲット。
FullSizeRender

    このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道の夜空。

先週から約10日間、北海道の清水町に畑作業で出張に来ていたのだが、そのミッションのひとつに「畑と星々を撮影する」というものがあった。10日間中、夜間に晴れたのは今日一日だけ。共同生活の晩ご飯からは少しだけ抜け出して、車中で食事をし、雲が切れるのを待った。久しぶりのセブン飯はなかなかに美味かった。
IMG_1085

こちらはアロニア畑と天の川。アーチが見えるほど星空の環境は良かった。
IMG_1950-CR2_DxO_PRIME_R

こちらは蕎麦畑と少し傾いた天の川。畑からの湿気がものすごく、レンズが曇るのを拭き拭きしながらの撮影。さらにレリーズが壊れてバルブ撮影ができなくなった。前景はシャッターボタンを直接2分間押して撮った4カットをスタックしたもの。最後の最後で幻想的なシーンが撮れたのは嬉しいものだ。これで晴れて東京に帰れるというものだ。
IMG_2033-CR2_DxO_PRIME_中央値_マスク_ssha_オートン_blend_R

寮にあったやきそば弁当4種。若者たちの夜食らしい。
IMG_1091

KCカップはDLv.15へ。
FullSizeRender

    このエントリーをはてなブックマークに追加