撮り記・食い記

写真を撮ったり、美味しいモノを食べたりの日常の日記的記録です。時々ゲーム・サッカー。

タグ:夜景

定番東京駅でないところを探したい。

丸ビルでランチを食べた後、ふと見ると東京駅一望テラスがあるではないか。写真撮影のロケハンにちょっと行ってみよう。ほほう、三脚は使えないんだな。
IMG_1886

夜は20時まで。夜景写真撮影でも十分な時間だ。
IMG_1885

手前の送風機みたいな四角い建物が邪魔だけど、夜にどうなっているかがキーポイントだな。夜に一回来てみよう。
IMG_1882

展望台枠の上側に道路を走る車が写っている。夜にはこの枠にレーザービーム光跡が写るんではないだろうか。これも面白そうだ。
IMG_1884

三脚は使えないけどこの手摺を利用すればカメラを固定できて、長時間露光も可能になってくるんではないだろうか。
IMG_1887

5階の吹き抜けはモノクロやオレンジ単色の写真にすると不思議空間になりそう。
IMG_1888

丸の内ビルディング前の交差点からは幾何学的なビルの重なりが。こちらも夜にどうなるかを見てみたい。
IMG_1889

晩ご飯はとり天。ごちそうさまでした!
FullSizeRender

ガラルヤドランのどく進化。ようやくできた。
FullSizeRender

    このエントリーをはてなブックマークに追加

冬にありがち。

今日は雨&雨上がり。明日は君津市で仕事。といえば僕の乏しい風景写真撮影地知識としてはここ「鹿野山九十九谷展望公園」しか知らない。ということで車中泊前提で来てみた。何回目の訪問となるだろう。
着いた時の19時は公園全体が霧に包まれていて、期待が膨らんだ。2時ぐらいには雲が若干晴れてきそうな予報だったので、少々お酒をいただき車中で睡眠をとることにした。この時、TVerで真犯人フラグを見ていたので、トイレのために闇夜を歩くのが少し怖くなっていた。
IMG_1759

午前2時。ありゃりゃ。霧が晴れてしまって街明かりがほぼダイレクトに見えている。これでは絵にならない。夜霧の九十九谷の撮影はちょっと無理かな…てか、もっと早く起きていれば良かったのだろうか。
IMG_1762

では、霧に煙る遠くの山々の方を撮ってみよう。月明かりがけっこうな明るさをもっているのがよく分かる。
IMG_1763

湿気と中途半端な寒さでレンズが曇るので今季2回目のレンズヒーターの登場だ。
IMG_1766

夜中の千葉の山々の写真。う~ん。実につまらない。ちょい霧の山が若干暗く写っている程度の写真だ。あまりにもつまらないので、朝日と霧を狙うこととして再び車中へと睡眠の旅へ。
IMG_8322-CR2_DxO_DeepPRIME_R

ああっ~!しまった!太陽は完全に昇りきっているではないですか!そう。寝坊した!というか、日の出前にはちゃんと目を覚まして外の空が綺麗にオレンジになっているのは確認したのだが…①すごい多くのカメラマンがいた。(人が嫌い) ②寝袋の中があまりにも気持ちよかった。ので、今日は雨がふっていたことにしようと自分の中で言い聞かせて三度寝へと落ちていっていた。
この時点で7時。人がいなくなったころ、遠くの山を見てみるとちょっと良さげな雰囲気がある。
IMG_1767

谷々が霧にむせているところを望遠レンズで狙ってみた。この時点では単色画のイメージで仕上げれないかと考えていた。そうです。この時点では太陽が出ているのでこの朝焼け色はありえません。ハイライト部分にオレンジ色をグレーティングするためにできるだけ、モノクロに近い写真を撮影してみました。そしてそのオレンジは寝袋の社内から見た空のオレンジを再現。なかなかイメージ通りの現像ができたのではないだろうか。
IMG_8327-CR2_DxO_HQ_マスク_ゴミ_ssha_オートン_R

この後はちょっと贅沢に鮪のお寿司と味噌汁と絶景で朝食をいただいた後に仕事場へ。
IMG_1768

九十九谷では風景がを描いている方もいらっしゃいました。素敵なご趣味。
IMG_1769

そしてヤドンも絶景を見ていました。本日の相棒。
IMG_1770

    このエントリーをはてなブックマークに追加

楽しみだった。

緊急事態宣言で東京都の人は他県への移動自粛はもちろんだったが、神奈川県からも不必要な東京都への移動は自粛されていたので、東京の写真撮影に行けなかった。が、しかし、宣言は明けたので、ロケハンを行っていた東京夜景を撮りに久々に車を走らせた。
まずは「城南島海浜公園」だ。ここは猫がたくさんいる有料駐車場がある。21時で閉場となってしまうので注意が必要だ。この写真の中に何匹の猫がいるでしょうか?!
IMG_1573

ここは人工浜だろうか…100mぐらいの砂浜があってその上を羽田空港に着陸する飛行機が次々とやってくる場所だ。しかし、19時すぎには砂浜への進入が禁止されているとはロケハン時に気づかなかった。柵をまたいでの撮影である。右手の奥にはテントを張っている強者、僕の後ろにはカップルたちが飛行機や海や空港の光を見つめていた。
IMG_1572

こんな感じの写真を撮ってみた。シャッタースピード30秒で飛行機の光跡を流して撮る。4台分撮ってみたが、この写真に写っている3台分ぐらいでちょうど良かった。その光跡を比較明合成する。そして飛行機はISOを25600に上げて限りなく止めて写したかった。それを連続撮影を行う。ちょいブレぐらいのこの位置の飛行機を採用。もちろんノイズだらけではあったが、飛行機部分だけ切り抜いて合成。レイヤーを80%ぐらいに透過させて躍動感を出す。
イメージ通りではあったが、Instagramではややウケが悪かった。もっと海感が欲しかったのは事実だが…
IMG_2691-CR2_DxO_DeepPRIME_R

続いて訪れたのは「豊洲ぐるり公園」。1回ロケハンに来ているというのに、僕のカーナビに周辺がデータされていないので、迷った迷った。30分ぐらい迷ってGoogle Mapsのナビでたどり着けた。東京湾岸の道路はUターンが簡単にはできないので、橋と信号に阻まれて迷うという都会迷路。
平日の21時30分だというのになかなかの混み具合な駐車場だ。公園にも多くの人たちが散歩や釣り、飲酒などを楽しんでいた。公園内は密ではありません。
FullSizeRender

この公園は東京タワーとレインボーブリッジが見える。陸地が見えないので海にビル群が浮いているように見える。
IMG_1574

三脚を塀に立てかけるようにすれば、僕の持っている17mmレンズで東京タワーとレインボーブリッジが両方とも画角に入る。
IMG_1575

ブラックな夜景をイメージしてみた。ランドマークをアップで撮ることには興味がほとんどなかったので、ザ・海辺の東京を引き写真で表現してみた。
雲が出ていたので雲とリフレクションを動かすためにシャッタースピードは2分のバルブ撮影。良い感じの動きと光が捉えられたと思う。人工物の塊をネイチャー化させることができるのが東京だと思う。
IMG_2772-CR2_DxO_DeepPRIME_R

続いては一段上に上がった場所からレインボーブリッジを狙う。公園の角からは東京タワーは見えない。
IMG_1576

ブルーな夜景写真をイメージしてみた。こちらもシャッタースピードは2分。おもいっきりオレンジティール&オートン効果現像をしている。少し場所が上になるだけで浮遊感があるのが不思議だ。
IMG_2774-CR2_DxO_DeepPRIME_R

この公園に隣接する飲食店からは今みたいな夜景が見える。また、海辺にはBBQ施設もある(現在は休業)。完全稼働すればとても魅力のある公園なのではないだろうか。昼でも夜でも眺めが抜群だ。
ありがとうございます。今日は東京を楽しませてもらいました。
IMG_1577

    このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道の夜空。

先週から約10日間、北海道の清水町に畑作業で出張に来ていたのだが、そのミッションのひとつに「畑と星々を撮影する」というものがあった。10日間中、夜間に晴れたのは今日一日だけ。共同生活の晩ご飯からは少しだけ抜け出して、車中で食事をし、雲が切れるのを待った。久しぶりのセブン飯はなかなかに美味かった。
IMG_1085

こちらはアロニア畑と天の川。アーチが見えるほど星空の環境は良かった。
IMG_1950-CR2_DxO_PRIME_R

こちらは蕎麦畑と少し傾いた天の川。畑からの湿気がものすごく、レンズが曇るのを拭き拭きしながらの撮影。さらにレリーズが壊れてバルブ撮影ができなくなった。前景はシャッターボタンを直接2分間押して撮った4カットをスタックしたもの。最後の最後で幻想的なシーンが撮れたのは嬉しいものだ。これで晴れて東京に帰れるというものだ。
IMG_2033-CR2_DxO_PRIME_中央値_マスク_ssha_オートン_blend_R

寮にあったやきそば弁当4種。若者たちの夜食らしい。
IMG_1091

KCカップはDLv.15へ。
FullSizeRender

    このエントリーをはてなブックマークに追加

僕にとっては必要のないもの。

前日は台風10号がたっぷりと地面を濡らした君津市。夜→朝日写真撮影の地は災害が起きていた外房へは行かずに鹿野山九十九谷展望公園と決め、前日から車中泊で泊まり込んでいた。ここには広い駐車場がある。濡れた地面からは霧が出ることを期待していた。
SCWによると夜中の2時頃から1時間ぐらいはかすかに雲が晴れそうな予報となっていた。
FullSizeRender

夜中の3時。カメラと三脚を構えている人は僕を含めて2人。霧は出ているが、風で早く流れる雲が星を隠してなかなか絵にならなかった。特に天の川側は雲が分厚い。
IMG_0306

そんな中、40枚夜空を撮った内、6枚だけかろうじて雲間から星々が見える写真があったのでスタック。朝方3時40分ぐらいには、もう冬の星座の代表格オリオン座が空へと上がってきていた。地上は予想通り霧の発生。しかし、出過ぎ感もある。カラフルな街明かりが下から霧を照らすのはここ鹿野山の特徴だ。悪条件下で、まあまあな写真を撮れたのではないだろうか。
IMG_0246_R

夜明け前。分厚い雲と濃い霧が全てを覆い尽くしている。夜と違って照らす光がないので絵にはならない。この頃にはカメラマンは5人ぐらい。ご家族やカップルで日の出見学が4組ぐらいに人出は増えていた。マスク着用の写真撮影となっていた。
IMG_0307

日の出は駐車場の真横から。この場所での夏の日の出は絵にならないことが分かった。
IMG_0308

そこでカメラを反対側に向けて、これぞ九十九谷の名の所以という感じの山谷の連続風景を撮ってみた。日の出後の一瞬の側光時の写真である。山々や樹々が立体的になる瞬間である。霧も薄っすら残って登山感も少し出たかな?それにしても闇が明けると目に入ってくる多くのゴルフ場。この写真はそのゴルフ場を画角内に入れないように避けた結果の構図である。山が丸ハゲしているように見えるゴルフ場は本当にこんなに多い数量が必要なのだろうか。日本を上から見た時にいつも思うことである。
これにて撮影は終了。このまま君津市への仕事へと向かったのであった。
IMG_0286_R

本日の相棒。海ほたるPAにて。
IMG_0309

    このエントリーをはてなブックマークに追加