撮り記・食い記

写真を撮ったり、美味しいモノを食べたりの日常の日記的記録です。時々ゲーム・サッカー。

タグ:ホタルイカ

ハンバーグ弁当!

ごちそうさまでした!
FullSizeRender

晩ご飯は、キャンプの残り飯。牛肉!
IMG_8617

ホタルイカのパスタ。炭水化物攻撃!
IMG_8618

レイドバトルでヤンチャムをゲット。
IMG_8613

そして、ようやくメガフシギバナをゲット。
IMG_8615

本日の相棒。横断歩道にて。
IMG_8616

    このエントリーをはてなブックマークに追加

何を控えれば良いのか。

仕事で葛西までやって来たのだが、イトーヨーカドーグループのアリオモールが休業していた。こういうところを見ると改めて緊急事態宣言になっているんだと実感する。特に今回の緊急事態宣言は自分の居住地では宣言が出ていず、まん防も対象地域ではないのでその比較がよく分かる。
IMG_8366

フードコートの客席も利用できず。しかし、今日はテイクアウトの気分ではなかったので隣りの島忠 ホームズ葛西店に行ってみた。
IMG_8367

こちら島忠 ホームズ葛西店ではフードコートがやっていたので、いつぶりだろうか「幸楽苑」さんに行ってみた。ラーメンは週一なので餃子定食のダブル A定食(600円)をオーダーした。普段の平日よりコートでのお客さま数は少なかった。
FullSizeRender
お子ちゃま用のお皿を使って酢胡椒でもいただく。スープがラーメンのスープそのままで、しょっぱくて飲めなかった!
-------------
幸楽苑 島忠ホームズ葛西店
東京都江戸川区東葛西9-3-6


減酒日の今日の晩ご飯はホタルイカの炊き込みご飯。苦さと甘さの混在する大人の炊き込みご飯が大好きだ。ごちそうさまでした!
FullSizeRender

本日の相棒。耕された畑にて。
IMG_8371

    このエントリーをはてなブックマークに追加

鯖の塩焼き弁当!

ごちそうさまでした!
FullSizeRender

さて、昨日から始まった3回目のコロナ感染予防のための緊急事態宣言。東京都、京都府、大阪府、兵庫県の4都府県だ。今回は飲食店に対してお酒を出さないように要請。お酒を出さなければ営業が成り立たない場合は休業要請。東京都からお酒が消える期間だ。こんな貼り紙のお店が増えることだろう。
FullSizeRender
しかし、実際は神田駅周辺でもお酒を出しながら営業しているお店もある。むしろお酒を宣伝しているお店がある。ある方から聞いた話では、アメ横などでは路上にテーブルを出してお酒を出しているお店も多いという。どうなるニッポン、どうなる地球。

晩ご飯はアクアパッツァでした。安い鱸が平塚のアール元気で手に入ったらしい。帰宅途中で白ワイン購入命令LINEが入ってきたのは言うまでもない。
IMG_8363

残ったスープでパスタ。魚やホタルイカからの出汁が強烈。さらにホタルイカを投入して濃厚に。ごちそうさまでした!
FullSizeRender

本日の相棒。満月をバックに光るローソン前にて。
IMG_8362

    このエントリーをはてなブックマークに追加

火。

真鶴の高橋水産で干物を買った後の湯河原旅行の今日はカミさんの記念日なので、ちょっと背伸びをして湯河原の有名フレンチへ。「エルルカン・ビス」さんだ。湯河原駅北側の入り組んだ道を車で上っていくとあるアクセス難いお店だ。
しかもナビ通りに行くとお店の北側からアクセスする道を示され、この道は普段僕が天の川の写真を撮りに行ったりする山道より細く急ですれ違いも厳しかった。死ぬ思いでお店の前に着いた。それが下の写真の赤い矢印からの進入路だ。しかもこっちから来ると駐車場の看板が視界に入りづらいので駐車場の場所が分からなかった。一旦通り過ぎてから青の矢印進入路から駐車場への道を見つけたほどである。※帰りは青い矢印の道から帰ったが、こっちの道の方は狭いのは狭いけど、すれ違いもできるぐらいに快適な道である。ふきやの脇を通る道。
FullSizeRender

青い矢印の坂を上ると20台はゆうに停められる広い駐車場があるので、道さえ分かっていれば安心。
FullSizeRender

さて、お店はこのような階段を降りていく。車椅子の方や足の悪い方にはちょっと辛い入り口かもしれない。
IMG_8163

階段を降りるとこんな感じにお店が佇んでいる。竹林の横にテラス席が見える。期待感が高まるエントランス風景だ。
IMG_8164

席に案内されると僕たちはテラス席だった。180度+天井のガラス張りテラス。前面は竹林だ。まるで外にいるようだ。雨の竹林も風情がある。カミさんは記念日なので白ワイン、僕は運転があるのでノンアルコールビール。素晴らしいロケーションだ。食欲が湧いてきた。木漏れ日のランチ(4400円)をオーダーだ。
IMG_8167

アミューズ。サラミとクリームチーズのシュー包み。大人の味のバランスで食欲増進に加担する。
IMG_8168

前菜のひとつめ。ホタルイカと菜の花 ゴボウのソース和え。綺麗な黒の器とともにショッキングな逸品が出てきた。旬のホタルイカプリプリでジューシーなのももちろん美味いが、素晴らしいのはゴボウのソースだった。ゴボウの野味な感じは残しつつ、深みのあるゴボウの味をスッキリ口に入れてくれるソースだ。しかも僕の嫌いなはずの菜の花が美味い。嫌な苦味がないのが菜の花といえるかどうかは別として、ゴボウのソースが一級品の野菜として変えてくれた!(火入れもすごいのかな?!)
カミさんはこのコースの中で一番美味しかったのはこの料理だと言っていた。そしてゴボウのソースに挑戦するらしい。
FullSizeRender

窓の外の竹林に猫ちゃん登場。下の方にも1匹いました。
FullSizeRender

前菜2品目。2種ソースの蒸し地鶏。説明が上手く聞こえなかったのが残念。付け合わせのパクチーとセロリは僕が苦手のもの。しかし、パクチーはどけたのだが、セロリは美味かった。料理の仕方でこんなにも変わるものなんだ!そして鶏の方は低温調理なのだろうか…中の部分がギリギリレアで外はしっとり日が通っている感じで、ジューシー過ぎない鶏の旨味がすごかった。
IMG_8172

本日のスープはネギと筍とベーコンのスープだった。春の一品というところだろうか。こちらの筍は料理を運んでくれる若いお兄さんが目の前の竹林から掘り出した筍だという(笑)。これでもかという玉ねぎが優しいコンソメに浸かっていて甘さが口中に広がる。その中を柔らかい筍がアクセントで泳ぐ。メインの前でさらに食欲を増進させる一杯である。美味い。
FullSizeRender

メインは僕はお肉。秀麗豚ロース肉のロースト 柚子のコンフィチュール 付け合わせは2種のいんげん。天井からのガラスの光が反射して浅い色に写ってしまった写真だが、この肉料理が圧巻だった。ここでも火入れ具合のファイヤーマジックを見せてくれた感じだった。レアからカリカリまでのグラデーションで焼き上がった秀麗豚が柔らかくも香ばしい。甘いだけでない柚子のソースが爽やかだ。すごいコースだった!
IMG_8174

デザート1品目。ヘーゼルナッツのムースとコーヒーアイス。苦味をもった大人のアイスが2種。

IMG_8175

最後はプリン。こちら、濃厚すぎてもはや異次元のプリン。甘いものが苦手な僕でも病みつきになりそうだ。どこかに売ってないかな。1ヶ月に1度は食べたくなるかも。
IMG_8176
素敵な環境とお料理、特に火入れのマジックを味わせていただきありがとうございました。ごちそうさまでした!
----------
エルルカン・ビス
神奈川県足柄下郡湯河原町宮上744-49


帰宅後の家ご飯はカミさん初挑戦だというクリームコロッケ。ちょっと粘度が高くて失敗模様。でも毎日の感謝の意を込めて、ごちそうさまでした!
IMG_8182

    このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はどんな冒険?。

横浜でカットを済ませた後、先日に続き京急で三崎口駅に向かいました。まだ見ぬ諸磯の景色を求めて。三崎口駅からはバスで三崎港まで、そして赤線を歩いて名前の分からない磯に向かいます。
地図

まずはお昼ご飯を求めにうらり産直センターに向かいます。ここは全ての鮪、鮪の全てが揃うおみやげセンターです。
image

こんなものまであります。美味しいのかな?!。
image

次は三崎の北西の岩礁地域らしきところを目指して歩きます。廃プールではカモメが休息をしていました。のどかですね~。
image

人工物がなければ撮影に適しそうな岩があります。リフレクションがいけそうでした。
image

この家の方のあーとでしょうか。街歩きには素敵なアクセントです。
image

一帯は漁港です。被写体になりそうなものはまだありません。
image

自然の岩の中を資材置き場にしています。何と風流ですね。
image

三浦海の学校を過ぎて、油壷の方に曲がってすぐを左折して、海に出ることを期待して農地を歩きました。Googleマップの通りに海に出ることができます。その地点のパノラマです。
image
正直、海は汚いですが、この辺りの方のプライベートビーチでしょう。Googleマップには対岸に道が見えます。海岸沿いに行ってみましょう。ところが、行けども行けども、海岸沿い別荘地の「私道につき立入禁止」の看板ばかりで、Googleマップに出ている道は海岸から抜け出せません。干潮だから通ってこれた岩場もあります。行くか戻るかかなり考えましたが、進んでみました。

何のことはありません。
image
ここまで来れれば、浜諸磯のバス停に出れる道に繋がるではないですか。良かった。磯歩きには山にはない満潮での道ふさがりというリスクがあることを改めて感じました。

トンビの恐怖におののいていたので、浜諸磯のバス停でウイスキーをやりながら先ほどうらりで買った鮪コロッケとまぐろパイカで昼食です。まぐろパイカは軟骨が混ざったコロッケ風で、コリコリの食感がたまりません。みなさま、コロッケもパイカもお勧めですよ~。
image

ここからは、小桜姫神社脇の道を通って北側の諸磯海岸に出てみました。うわっ、ここも遮るもののない圧倒的な海海な場所ですね。簡易灯台らしきものもあります。地元の方の犬の散歩も見受けられます。
image
海岸伝いに夕景の撮影場所を見つけます。と、ふと遠くを見てみると、あ、あるではないですか富士山のシルエット。ここは素晴らしい眺めの富士が見えます。海と岩と富士、本当にそれだけです。いつか富士と星、なんてのも狙えるかもしれませんね。

夕日は海に沈んでいきます。夕陽と富士山の距離はかなり離れていますので、本日は富士山に集中です。こんな感じの風景です。もっと波の流れ感を出したかったですね。
DSC_1751s

岩間からの富士山です。靴が海水で濡れました。いずれもモノクロ岩写真とカラー富士山写真とのブレンディングです。この手法、やってみたかったんです!。
DSC_1757s

おお、帰宅後は、ごちそうが待ってました。
DSC_1782s

ホタルイカの炊き込みご飯です。
DSC_1783s

いただきまーす!。
DSC_1787s

現実も食も冒険は辞められませんね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加