撮り記・食い記

写真を撮ったり、美味しいモノを食べたりの日常の日記的記録です。時々ゲーム・サッカー。

タグ:パノラマ台

山中湖の可動域を広げる。

今日は最初に今まで行ったことがなかった、山中湖の長池親水公園駐車場からみさきキャンプ場までの富士吉田山中湖自転車道線を写真撮影のために少し見ておくことにした。
IMG_6278

長池親水公園駐車場は広く、駐車場からも逆さ富士を撮影することができることは有名。
IMG_6277

うっ、ここにもコロナの影響が!河川敷(浜?)に降りてはいけないということか?!
IMG_6273

これぐらいの水深だったら長靴を用意しておけば、少し向こう側の浜に渡れそうだ。水面だけでなく、画角の中に地面を少し入れればアクセントとなり得るからだ。
IMG_6274

稜線が綺麗で、方向は南西なので、夏の天の川が垂直になるところを収められそう。今日は時間がなかったけど、GoogleMapでみるとみさきキャンプ場側は浜の面積が多そうなので、富士山がどう見えるかを確認しておきたい。ママの森展望台下ぐらいまでが稜線観覧ポイントかな?
IMG_6276

次は鉄砲木ノ頭へのハイキングだ。山中湖一帯に雪が降った時の俯瞰風景写真が撮りたい!この希望があるので、ロケハンに行ってみた。①降雪時はクルマでパノラマ台に行くのは危険な場合があった ②降雪時はパノラマ台には人が溢れかえっていた ③パノラマ台を避けてさらにその上の場所で人混みを避けてゆっくり撮影をしてみたい ④ナイトハイクになる可能性もあるので道を確かめておきたい これが状況と目的である。
車はダラスヴィレッジに停めようかと考えていたが、その北隣りぐらいに駐車スペースがあったのでそちらに駐車。
FullSizeRender

YAMAPデータをこんな感じ。行動時間は登り降り合計で1時間20分なので時間や距離自体はプチハイキングだ。
IMG_6337


国道413号線を渡ると、パノラマ台方面への道標がある。
IMG_6281

少しアスファルトを歩くと山道へと入っていく。
IMG_6282

このような山道だが、雪が降れば分かりにくい道となりそう。
IMG_6284

一旦山梨県道730号線を渡る。この道路に出る手前が急だ。雪がある時は登れるかどうか自信がない。そしてナイトハイク時のこの道路の横断は気をつけたほうが良い。スピードを出してくる車も多い。
IMG_6286

この写真はパノラマ台に出る急坂。ここも中々急で、捕まる樹木がない。
IMG_6289

徒歩でパノラマ台に到達。コロナ禍なのか寒さなのか、駐車されている車は少ない。
IMG_6290

さて、道路から奥側に鉄砲木ノ頭へと通じる登山道がある。
IMG_6291

最初はこんな感じで薄の中の木段を登っていく。
IMG_6292

道の脇には薄が掻き分けられた場所がいくつかある。植生の手入れのためなのか、カメラマンが眺望確保のために分け入っているのか…
IMG_6294

振り向くと、すすき、樹海、山中湖、富士山のパノラマ風景が楽しめる。こんな登山道はめったにないのでは?
IMG_6297

頂上が近づいてくると木段は崩れて溝だけになってくるので歩きにくくなる。右側のススキが掻き分けられて道となっているので、そちらを登った方が歩きやすい。ただし、脇道があるのでそちらに行かないように地図をしっかり見た方が安心。あと、砂が多いので滑りやすいことにも注意が必要かもしれない。
IMG_6296

頂上近くは土が多くなってくる。
IMG_6299

頂上には山中湖諏訪神社の奥宮がある。
IMG_6301

振り返ると、そこには大パノラマ風景が広がる。富士山から南アルプスまで見え、山中湖の見える面積がパノラマ台の倍ぐらい。平らな部分が多く、360度の景色が楽しめる。
IMG_6302

方角は南南西。夏冬西の天の川はコラボれそう。
IMG_6311

夕日はこんな感じ。3月から12月ぐらいまで。
FullSizeRender

今日は日没まであと約2時間を過ごさないといけない。まずは水割りを一杯やって、ゆっくりした時間を過ごす。人が少なければ大分広々とスペースが取れる。
IMG_6305

お昼ご飯は軽めにすませておいたので、山頂ではカップヌードルのノーマルをいただく。減カップ麺を行っているので、久しぶりのカップヌードルは最高の景色も相まって、この上なく美味い。
IMG_6307

そして仕上げにコーヒーをいただけば、もう日はかなり傾いてきていた。頂上からはススキの先端で下の方の景色が見えないので、ここで荷物を片付けてからカメラの準備を開始して、撮影場所を探すこととなる。
IMG_6309

少し下った位置。人はいないが、登山道に三脚を立てるのはNGなので、道と溝の間に陣取った。
IMG_6310

太陽は富士山の左に沈んでいった。太陽が沈む直前は手前の景色が赤く照らし出される。今日はススキだ。そしていつものパノラマ台より大きく見える山中湖も光って見える!テーマは光る水と草。湖畔の街もうっすらと光る時間だ。
IMG_0247-強化_R

例えば明日として、3時には冬の天の川が右に傾く。
IMG_6312

そのままアプリをカメラにすると、正面は富士山ということで、半アーチになりそうだ。
IMG_6313

さて、こちらは現実世界。場所をさらに変えて薄が湖を隠さない位置へ。
IMG_6314

雲がなかったのでスッキリしすぎの空となったが、青とオレンジの空色を山中湖面が反射させる。鉄砲木ノ頭ならではのシーンではないだろうか。辺りは急速に夜へと変わっていく。
IMG_0290-強化_R

さて撮影を終えた下りはナイトハイクになる。初めてだ。ヘッドライトで足元をしっかり照らしてつまずかないようにして歩いた。登山道が開けていたので初めての僕でも比較的楽だったかもしれない。果たして、雪の夜道に歩けるだろうか…。
IMG_6316

本日の相棒。パノラマ台までの山道にて。
IMG_6285

    このエントリーをはてなブックマークに追加

撮れ高あって良かった。

さて、今週は土日の天気が不安定との予報なので金曜日の仕事終わりから天の川撮影に出発を予定していた。そしてこの日は三浦半島の夜は完全に晴れ。クルマのエンジンをかけるまでは三浦半島に行く予定だった。エンジンをかけてからSCWを見てみた。おっ、箱根→山中湖方面がギリギリ雲なしに変化している!今日の21時半ぐらいまでは夏の濃い天の川が垂直だから向日葵と富士山と天の川、これを撮ってみたいと西方面に出発~。

まずは箱根。ここでは箱根神社の平和の鳥居と天の川を前々から撮ってみたかった。しかし生憎SCW予報に反して南の空は雲だらけ。天の川が見えない。そもそも明るいので見えるかどうかも分からないが、また来年に来てみよう。恐る恐る夜の鳥居に行ってみた。おお、平日は誰もいず、ライトアップがされている。
IMG_4026

そしてコンパスモードのCelestron SkyPortal を見てみると、確かに天の川はその向こうに存在していた。残念だが、今日は山中湖へ向かおう。
IMG_4027

そして、到着したのは夜の山中湖 花の都公園。星も富士山も見えない。そして向日葵もどこに咲いているのか分からない。道路沿いにかなり広範囲に歩いてみたが、百日草しか見えない。ひまわりがない。つまり、富士山・ヒマワリ・天の川も今年は断念しろということを示している。今日は何も撮れ高のない日になる可能性が濃厚だ。酒でも買ってパノラマ台で飲もうかと、途中ローソンに寄ってから高地へと向かってみた。

純粋なトイレのあるパノラマ台は金曜日の夜にも関わらず、クルマと人でごった返していた。テーブルを使って食事もしていた。元々そこで撮るつもりはないので、そこから2つ上の駐車スペースへと向かった。お、先週はいっぱいだった場所も今日は空いている。クルマを停めてから、じっと空を見つめてみた。若干、星が出ている。肉眼では富士山が見えないが、星と富士山は取れるのではないかと、撮影スタート。
IMG_4030

山中湖の夜はとても涼しい。星空を眺めながら白ワインをたしなみ、天の川を狙う。気持ちの良い時間の始まりだ!
IMG_4033

天の川は右に傾いてしまったが、少し濃い部分は残ってる。かなり霞が多かった。黄金に光る山中湖と中央に聳える富士山。この絵は日本人しかピンとこない絵ではあろうが、日本人は好きな画像ではないだろうか。
IMG_9966_R

この後はレンズが曇るほどの湿気攻撃。レンズヒーターは1年中必要な相棒だということがよく分かってきた。
IMG_4035

レンズヒーターをいじったりしている際の試し撮り。この曲線の光はなんだろう?
IMG_9969_R

縦構図。秋の天の川が天頂まで伸びる。すすきが伸びる秋の山地で燃えるような霞の富士山。なかなか見ることはできない光景に満足して、目覚ましをかけるの忘れて車中にて熟睡してしまった…。おやすみなさい。
IMG_0001-ン_R

朝ふっと起きると、すげー大きな三脚を構えたご高齢のお方がこの地にいた。ギリギリ日の出前に起きれたのでカメラをセットしていると、お決まりのおしゃべりが始まった。おい、僕はシャッターチャンスを逃したくないんだよっと心に思いながら。どこぞのカメラクラブの名刺まで渡されて…。
IMG_4042

しゃべりながら手を動かして撮れました。2週連続の赤富士。今週は上部だけで少し霞がかってる感じの。やはり手前のススキが秋のお訪れを感じさせてくれますね。
IMG_0018-_R

撮影終了後は富士山レストラン。もうこの場所には誰もいない。僕だけのレストラン。カミさん製のハムマヨパンとローソンのコーンポタージュ。食後はコーヒータイム。ここまでが僕の撮影旅行の締めくくり。ごちそうさまでした!
IMG_4038

ようやくエモンガがタマゴから生まれてきた。これで今週の撮影旅行は終了である。
IMG_4040

    このエントリーをはてなブックマークに追加

待ってましたの雪景色。

今日から明日の3時ぐらいまで降り続く雪の予報。カメラマンとしては撮影ネタが満載になるので大歓迎だが、山梨県は大雪警報が出ていた。そんな中、雪がやむ瞬間に撮影をしようと、雪の降り続く山中湖に午前11時に到着した。スタッドレスを装着しているので、湖畔まで来る道で恐ろしい道路はなかった。まだまだ降り続けるので、湖を一周周ってみて、良い撮影ポイントがないかロケハンをしてみた。
IMG_0423

あの木の密集している場所はどうだろう?
IMG_0424

みさきキャンプ場というところらしい。樹々に雪がつもって、先端からは富士山が見えるんじゃないかな。無料で入れるキャンプ場ならばありかも。と、夕方に行ってみたが、729号線からキャンプ場に行く道が狭くて急だったのでスリップを恐れて進入しなかった。
IMG_0693

鴨がたくさんいるところを撮ってみた。雪が深々と降り続いている。
IMG_0425

このまま降り続いて車が動けなくなるぐらいに積もったらどうしようと思い出して、セブンイレブンに食料の買い出しに行っておいた。一応ガスバーナーと水は持っているので、カップラーメン3個とパンを3個、お菓子などを車に積んだ。自宅から自家製ビーフシチューとパンを持ってきたので、2日間ぐらいは大丈夫だろう。早速雪上でお湯を沸かして、
IMG_0426

豚ラ王をお昼ごはんで食べて、
FullSizeRender

食後に熱々のコーヒーを飲む。寒いけど、良い時間を過ごした。
IMG_0428

山中湖のトイレは凍らせないために水道がずーと出ている。長野県もそうだったかな?
IMG_0429

本日の相棒。雪上で。
IMG_0431

ドーブルの割り込みあり。
IMG_0430

さて、道が凍る前にパノラマ台へと上ってみた。途中、スリップしそうな箇所が2箇所。苦労して上ってみたが、明日の朝にここに来ることは危険と感じてこれ移行は諦めることにした。それでもこの時間から三脚が1台場所取りをしていた。
IMG_0432

平野浜へは何回か来たことがあったが、まだ知らない場所もあったので雪の中を散歩ロケハンしてみた。ここ良くない?雪がなければタダの冬の枝なし木だけど、雪が付いていれば花のよう。しかも、富士山どっちアプリで見るとこの川の向こうに富士山が見えそう。
IMG_0433

場所はここ。一般的な遊歩道だ。
IMG_0696

ここから慶應義塾大学などの山荘がある地域で林を撮っていた。しかし、設定を間違えて、ロクな写真が撮れなかった。そんな中、かわいい建物のカフェを発見。
IMG_0434

「森のアルム」というカフェ。雪が積もってお伽の国?絵本の中?みたいな雰囲気の写真に仕上げてみた。クリスマスツリーみたいな木もあって雰囲気が良いところだった。…すごく寒かったけど…。
IMG_4540-強化_色かぶり_ssha_orton95_R

雪が一向にやむ気配がなく、時間もあるので温泉へと向かってみた。「山中湖平野温泉 石割の湯」だ。
IMG_0436

立派な中庭があって今日の雪景色は雰囲気があって良い感じ。
IMG_0438

露天風呂では久しぶりの雪見風呂を楽しむことができた。定番のコービー牛乳が美味い。
FullSizeRender

雪で動けなくなるといけないので、撮影候補地の平野浜に近いきららで夜を過ごすことにした。本当は晩ご飯にビーフシチューを温めようとしたけれど、ガスバーナーを置く場所もないし外にいたら身体に雪が積もってしまう。パンをもしゃもしゃ食べて、赤ワインで空腹を満たした。富士山出現の時間は午前3時。2時に目覚ましをかけて音楽などを聞く。いつ寝ても良いように。
IMG_0441

車はこんな感じでつららができていた。またひとつ、クルマと仲良くなれた気がする。人間の友だちは増えないが、機械類や仮想の友だちは少しづつ増えていく。
BlogPaint

ポケモンGOの世界でも今日は一日中雪がふっていた。
BlogPaint

湘南ではなかなか出てこない雪ポワルンをついにゲットできた。さあ、明日は良い景色が撮影できるだろうか。
IMG_0421

    このエントリーをはてなブックマークに追加

台風一過のチャンスか。

台風が雲を吹き飛ばしたことを期待して、山中湖での富士山夕陽撮影に来てみました。確かに空は青く晴れ、富士山もクッキリ見えていますが、湖面が風で揺れ、若干の泥混じり色となっています。本日は湖畔ではなく高台からの撮影に決定です。
IMG_2852


山中湖テディベアワールドミュージアムのちょい前に・・、
IMG_2854

このような展望台があるとは知りませんでした。1枚目の富士山はここから写したものです。ウッカリ、夕陽の日時を測定するのを忘れていました。
IMG_2853

パノラマ台に向かう途中・・・、
IMG_2861

ススキと富士山、良いですね~。と思っていたら、パノラマ台の上に向かうに従って、ススキが増えてきて、おお、パノラマ台自体がススキの丘とは初めて知りました。
IMG_2859

夏に来た時はこのすすきは全部緑の植物で光ってましたからね!少しは植物の勉強をすればロケハンに役立ちそうですね。来るべき季節とか。
IMG_2863

日没直前でピッカリ太陽に露出を合わせて、昼間を暗い感じで幻想的に。あと、太陽の光芒が絞りのどこから出てくるかの試しです。レンズが変わるとなかなか慣れません。
IMG_2659_blends

さあ、夕暮れまで待ちましょう。お隣りに茅ヶ崎から来たカメラマンさんも「今年の夏は雲が悪かったですよね。今日は大丈夫かなと。」とおっしゃってました。僕もそう思います。
IMG_2865

雲ひとつない空をバックに富士山へ沈む夕陽の光芒を写真に残しました。日が隠れると、ススキはただの黒い草になります。輝くのはこの日没直前の一瞬です。いやー、久しぶりの絶景です。ありがとうございました。
IMG_2707_blends

ススキだけオートン効果を使ってみました。う~ん、ノーマルの方が良いですね。
IMG_2707_blend_orton_susukis

さて、日が沈んでからは今年最後の夏の天の川を湖畔(長池親水公園)から狙います。パノラマ台とその近辺は、僕が帰る夜まで沢山のカメラマンが夜まで居残りみたいです。本当に大勢の方が三脚とカメラを富士山の方に向けていました。写真という熱を感じた1日でした。
sq_amanogawa_blends

    このエントリーをはてなブックマークに追加

目に焼き付いた。

夕方から朝にかけて富士山を撮ろうかと思い、山中湖に向かいました。国道246号線から山中湖に向かう途中、パノラマ台へと向かう道を通ります。
地点
今日は上のグーグルマップの右下辺りのグレーのポイントの辺りで、素晴らしい光景に会いました。

草原と光芒です。
IMG_1840

あまりの急な光景の出現で、車を停めるところを探していたら一眼レフを取り出すころには光芒が消えていました。
IMG_1842

みんがよく車を止めているパノラマ台の上方にこんな草原が見られるとは知りませんでした。
IMG_1844

Canon EOS 6Dで捉えた昼間の風景です。草と雲の表情がハッキリ見えるようにコントラストを高めています。また、空と草原は違露出画像のブレンドです。
IMG_1336-HDR-2s
雲の向こうには富士山が存在するのですが、富士山が見えなくても十分楽しめる風景です。

夕方まで待ってみましたが、富士山は現れませんでした。
IMG_1846

その代わりに色付いた雲と湖の一点を照らすオレンジの光を見ることができました。
IMG_1390-HDRs
この場所はリベンジ確定です。草木知識に弱い僕が、秋にはこの草原が○○だったと知るということを、この時の僕はまだ知りません。

朝は菩提峠で迎えようかと考えていましたが、富士山が現れそうにないので帰宅に変更です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加