撮り記・食い記

写真を撮ったり、美味しいモノを食べたりの日常の日記的記録です。時々ゲーム・サッカー。

タグ:ノンアルコールビール

お酒を飲まない方々は…

今日の木更津晩ご飯は「じゃむ」さんで沖縄そばと決めていた。久しぶりに猛烈に食べたくなったからだ。
IMG_0182

間違えて地下駐車場に入ってしまって、慌てて近くの駐車場を探し出した。
IMG_0181

広いお店の中、カウンターに案内をされる。ビッグモニターではオリンピックのサッカー日本代表戦が放映されていた。
FullSizeRender

オリオンビールのノンアルコールをオーダー。暑い場所での仕事だったのでどうしても飲みたかった。今まで晩ご飯でノンアルコールビールを頼んだことがほとんどなかったので、初めて気づいたのだが、ノンアルでもお通しが出てくるということにビックリした。しかも僕の嫌いな人参しりしり。これで330円とは!お酒が飲めない人の悲鳴が聞こえてきた気がする。
IMG_0184

予定通りに沖縄そば(700円)の着丼。
FullSizeRender

麺は沖縄そば独特のカサカサな感じと水分のバランスがちょうど良くて美味い。魚介の出汁が効いたつゆもまろやかで美味い。バラ肉は繊維がしっかりしていて歯ごたえが良く美味い。青唐辛子のこーれーぐーすでの味変も好きだ。お通しでちょっと引いてしまったが、何だかんだ言って本州の歴代でも1位2位の美味さの沖縄そばだった。ごちそうさまでした!
FullSizeRender
-------------
沖縄料理 じゃむ
千葉県木更津市真舟5-7-17 パレス1F


本日の相棒。きゅうりのトンネル前にて。
IMG_0176

    このエントリーをはてなブックマークに追加

ノンアルでも気分は上々。

兵庫県から平塚市への帰路、ここは宝塚北サービスエリア。本日の相棒。上下線同一のSAでの駐車場案内看板前にて。
IMG_9144

そして宝塚北SAのトイレにはかつて朝シャンとか言われていたシャワーブースがあった。ん?車中泊の次の日とかに良くない?
IMG_9143

次に止まったのは湾岸長島パーキングエリア。いろんなSAが人気あってたくさん人がいるのに、なぜかここは人が少なかった。僕たちの貸切状態ぐらいに人がいなかった。なぜだろう。
IMG_9145

そして今日もコロナ禍なので早めにSAのレストランが締まってしまう。今日は日没前にNEOPASA浜松に到着。風力発電の山々が見える展望台はコロナ感染防止対策のために立ち入り禁止となっていた。
IMG_9146

夕日が綺麗だったので、持っていた一眼レフの望遠でパチリ。不揃いな風車のシルエットが特徴的かなと思う。
IMG_1496_R

しかしここNEOPASA浜松のレストランエリアは24時間営業と貼り紙がされていた。これは安心である。今日は「石松餃子」さんの餃子をいただいて帰りましょう。
IMG_9147

浜松市に本店がある有名な餃子屋さんらしい。野菜餃子【10P】のテイクアウト(630円)、ノンアルコールビール(390円)をテラス席で。夕日を見ながらの食事も良いもんだ。
IMG_9149

皮は薄めでパリッと焼かれている。餡は細かく刻まれた野菜が多い。口の中で皮と餡がグルグル混ざり合う楽しい食感!もやしは箸休めの付け合わせなのだろうか。浜松餃子の勉強が少し足りなかった。サービスエリアでのちょっとしたつまみ食いの連続も良さそうだ!ごちそうさまでした!
IMG_9150
----------------
石松餃子 新東名店
静岡県浜松市浜北区大平36 新東名高速道路NEOPASA浜松上り線


どの高速道路も昼夜を問わずトラックが多い。日本の物流量の多さを象徴しているのだろうか。運転マナーはあまりよくない。追い越し車線を並走して塞ぐ、急な車線変更など。急いでいるのは分かるのだが…。そして新東名高速道路のSAはどこも狭い。SA電光掲示板などを見ていると、普通車○:大型 満という場所が多い(というかほとんど)。これは道路の設計ミスな気がする。なのでこんな風に普通車エリアにも駐車するトラックも多い。大型駐車スペースだけでも全体で拡大をして、運転中の気持ちだけでも休まるようにさせてあげたいような気がする。
IMG_9152


    このエントリーをはてなブックマークに追加

アウトドア後の地元メシは良い。

昇仙峡をハイキングした後のランチは鳥もつ煮で有名な「きり」さんに行くことにしていた。カミさんがバナナマンのせっかくグルメ!!をチェックしていたからだ。今日の開店営業を確認するために向かう途中の車中で電話をかけたら、ランチなのに予約ができたことにはビックリした。
甲府駅前の蕎麦屋さんでこの日は行列ができていた。駐車場が4軒右隣ぐらいにあるのだが、3台づつ縦に停める駐車場で、奥に入れたら前の車を出さなければ出ることができない仕様になっていて驚いた。のでお店に確認をしに行ってしまった…。
さて、店内は満杯!けど、予約が効いていてすぐに着席できた。有名人色紙もたくさん貼ってある。やはり有名なお店なのだろうが、店員さんの接客対応がほのぼのしていて、高飛車とかな感じを意識させない感じがすごく良い店だ。
メニューは平日ではないので定食などのランチメニューはない。一品料理勝負だ。僕たちは鳥もつ煮(650円)とせいろ(650円)と同じものをオーダーした。
FullSizeRender
真ん中に乗っているのはキンカン。これから白身・殻といわゆる卵になる前の状態で、プリプリしていて美味い。鳥もつ煮の象徴的ビジュアルである。
鳥は、口の中で部位が3種類ぐらいは確認できたと思う。それぞれ食感や味が異なりサクッ、コリッと口中を楽しませてくれる。タレは見た目も食感も濃い。しかし、味はアッサリしているので飽きずに食べられる。甘辛味が嫌いな僕が言うのだからイケてると思います。
車の運転があるのでノンアルコールではあるがやはりビアテイストはなくてはならないと強く思う。斜め前の若いカップルは昼間から刺身で飲んでるしな~。

こちらはせいろ。650円は安い!
FullSizeRender
さすが看板に「生そば」とあるだけに蕎麦が美味い。
香りはたっぷり。コシが少なめの蕎麦粉感を強く感じて口中で溶けるタイプの僕が好きな蕎麦。これを濃いめの鳥もつを頬張りながら、サラッといただく。合う。ここはやはり片手に日本酒が欲しいところだ。ん~、ボーナスが出たら地元で蕎麦前飲みでもやるか!
蕎麦湯は粘土の高いもの。ツユはすっきり醤油。蕎麦湯入りのツユも美味い。ただし、2人ともやっちゃったんだけど、多めに盛られてくるわさびの入れすぎには注意です。
ごちそうさまでした!駐車場の車は何事もなく無事に出ることができました。
---
きり
山梨県甲府市北口2-5-1

帰宅後の晩ご飯で良かったもの。このがんもどき!出汁をたっぷり吸っているので、箸を入れるとプシュッと飛んでくる感じ。減酒中のお酒が進む、進む。ごちそうさまでした!
FullSizeRender

    このエントリーをはてなブックマークに追加