撮り記・食い記

写真を撮ったり、美味しいモノを食べたりの日常の日記的記録です。時々ゲーム・サッカー。

タグ:トイレ

人間と自然。

千葉県の君津で仕事を終えた後は、以前から行ってみたかった富津市の草原海岸へ写真撮影のロケハンに行ってみることにした。乃木坂46のMVロケ地にもなっているそうだ。
さて、地図上では草原海岸の入口にはカフェグローブさんというカフェがあるように見えた。佐貫町駅を過ぎた田園地帯からカフェグローブさんまでは道が細くなっていくので注意が必要だ。車のすれ違いは民家の軒先を使わせてもらわなければおそらくできないだろう。
FullSizeRender

こちらがカフェグローブの駐車場(この写真は撮影帰り時の日没後)。こちらの駐車場は来店時はもちろん、車の方向転換、海岸への散歩には利用してOKという内容が看板に書かれていたので早速車を停めさせていただいて、ロケハンに出発してみた。
IMG_9480

民家を抜けると、海岸への砂道が出てくる。海へと抜けそうな、僕が好きな感じの道である。バッと青い海でも出てきそうだからだ。この道は右でも左でもほぼ同じところに出るので、どっちに進んでも大丈夫だ。
IMG_9454

背丈の高い草を抜けるとそこは海を臨む草原地帯になっていた。おおっ、これは素晴らしい。角度によっては人工物が一切目に見えない砂と草と海だけの場所。千葉にはいろんな秘境があって面白い。ここは僕の中でもトップクラスのお気に入りの場所なった。写真撮影抜きにして、ここでお弁当を食べてワインでも一杯やりたくなる。今度はカミさんを連れてこよう。
IMG_9455

草原は西向きなので写真撮影のポイント時間は主に夕日時となるだろう。1年中大丈夫そうだ。
FullSizeRender

ハマカンゾウでしょうか。オレンジ色の百合が咲いています。今日の夕日のモチーフはこの百合の花に決定です。
FullSizeRender

サボテンの花も見られました。さて、問題は①梅雨時なので雲がある天気予報 ②夕日時に何の交通手段でここまで来るか? の2つ。①は考えてもどうしようもない。
そこで、ロケハンの帰り時にはちょうどカフェグローブのお店の方が駐車場にいらっしゃったので交渉をしてみた。料金をお支払いするので、夕方の夕日写真撮影時に車を停めさせてくれないかという交渉である。答えはノー。それを認めてしまうと止めどなく、いろんな人間が来てしまうという理由。素晴らしい。お金を払うといった自分が恥ずかしくなった。自然を守るためには限りなく人間の出入りを少なくする、これを長年こちらの店主の方は守り続けてきたという訳だ。さて、どうするかだ。
FullSizeRender

ま、飯でも食ってゆっくり考えようとやってきたのは新舞子海水浴場。道すがら、いろんな場所をキョロって来たが、草原海岸付近の道路では車を停めるような場所は一切なかった。ここ新舞子海水浴場の駐車場は約100台が無料で停められる。目の前がすぐ海という抜群のロケーションだ。
IMG_9461

そしてトイレもある。車中泊には抜群の場所だ。メモっておこう。ん?草原海岸へはここから歩いて行けばいいじゃん。Google Mapsでみても2kmほど。通勤時の平塚駅までとほぼ同じ距離じゃん。その計画でここで夕方まで過ごそうと決めた。
IMG_9462

ソロの外飯ぐらいなら、こんな感じでテーブルセットができる。
FullSizeRender

今日はREGALOのパスタにセブンイレブンのカット野菜半分を入れて、日清フーズ マ・マー あえるだけパスタソース ペペロンチーニを混ぜただけのパスタ。しかし、これが美味かった!決まり文句で申し訳ないが、外で食べるご飯は僕が作ったものでも美味い。
FullSizeRender

そして食後は焼酎と、久しぶりのサッポロポテトバーベQあじが止まらなくなった。そして車中で寝落ちである。
FullSizeRender

新舞子海水浴場からは山の上に建つ東京湾観音が見える。他県から来た僕には違和感ばっちりの建立物である。ん?この位置からは北極星グルグルができそうだ。観音様が立つ山の上に行けば、天の川もコラボできるのかな?今度ロケハンに行ってみよう。
IMG_9466

    このエントリーをはてなブックマークに追加

秘境千葉。

君津での仕事を終えた後は館山に写真撮影のロケハンに向かう。Google Mapsで気になっていた館山砂丘だ。館山カントリークラブの北側にある砂地らしいが…。
クラブハウスのちょうど裏側に北側に入る砂利道が出てくる。
IMG_8635

間隔を開ければ何台かの車が停められる駐車スペースがあった。
IMG_8636

奥の道を歩いて行くと、何やら砂の固まりが見えてくる。これがGoogle Maps上の砂山だ。緑地の中にポッカリと砂が溜まっているのはこれも変わった光景だ。
IMG_8637

海に向かって右側の砂丘陵からゴルフ場を見下ろした風景は…。しかし何でこんなところにゴルフ場作るかな?!必要か~?!
IMG_8638

夜はゴルフ場の灯りが目立つのだろうか。
IMG_8640

天の川がゴルフ場辺りから立つイメージだろうか。
IMG_8639

太陽としては冬の夕日が良い感じなのだろう。
FullSizeRender

砂山をさらに登っていくと頂上から下りだしたところで、向こう側に何やら開けた場所が見えてくる。
IMG_8642

お?!砂の斜面が…
IMG_8643

砂の斜面が下って上って?!ちょうど先行の見学人が真ん中にいます。スケール感が分かるでしょう。これだけでも珍景だ。周りに植物があるのが余計に違和感を出している。これが「館山砂丘」か!
IMG_8644

海側の砂丘を下から眺めてみる。
IMG_8648

こんな感じの光景に…
IMG_8647

天の川は45度から、
IMG_8645

垂直までコラボできそう。
IMG_8646

太陽は冬の朝日で砂が輝きそう!
FullSizeRender

夕日は来た道の砂山方面で砂が輝きそう。
FullSizeRender

山側の斜面に登って海側の砂丘を見た図。夜になれば面白いかもしれない。それにしても変わった風景だ。チャンスがあれば天の川撮影に訪れてみたい。
IMG_8652

悲しいかな、白浜フラワーパーク Ocean's キャンプ場の閉業をこの目で確かめた後、布良海岸のロケハンに行ってみた。どうすればこの海岸にたどり着けるのか…
房総フラワーラインから青木繁記念碑方面に行く道路はキャンプマナビス 海サイトや私有地にしか行けない道路なので進めない。しかし、このキャンプマナビス 海サイトは見ただけで良いキャンプ場だと感じた。いつかここに泊まって天の川撮影に呆けたいものだ。
FullSizeRender

房総フラワーラインからは相浜の交差点を布良港線を海の方に入っていくとすれ違いのできる大きな道路が続く。
FullSizeRender

車で進入できる限界地に布良児童遊園の広い駐車場があるのでここに車を停めて海岸に行ける。
IMG_8658

まずは海岸に建っている素敵な一軒家の向こう側。
IMG_8656

斜めに倒れた岩床が海に伸びる白浜独特の風景のひとつ。天の川は垂直が一番合うでしょう。
IMG_8657

そして布良児童遊園から改めて調査。駐車場の海側に堤防道に降りる小道がある。
IMG_8659

階段で海に直接降りることができる。
IMG_8660

この時点での潮位は1mを少し超えたところ。
IMG_8661


階段を降りてすぐの場所。
IMG_8664

白浜らしい細長い岩が海に縞状に伸びている場所でアクセスは簡単。潮位は低ければ低いほどビジュアルが良さそうだ。
IMG_8663

天の川は左側に垂直がせいいっぱい。左に傾いてる時期や時間は画角に入らない可能性がある。
IMG_8662

夕日のシーンの方が撮り安そうだ。冬至がベストっぽい。
FullSizeRender

潮位が高いと隣りの磯場には簡単には移動できないようだ。
IMG_8665

道路上から見える風景①
IMG_8667

道路上から見える風景②
IMG_8668

道路上から見える風景③
IMG_8669

それぞれの赤いエリアは海からは行き来ができない。いったん道路に登ってから小道でのアクセスが必要になる。
FullSizeRender

さらにキャンプマナビス 海サイト方面に行くと公衆トイレがある。いざという時の頼りになる相棒だ。
IMG_8671

そして次の日は塩浦海水浴場をロケハン。ここも広い駐車場がある。夏のシーズンには有料駐車場となるのだろうか。
IMG_8686

駐車場を奥に歩いていくと岩場がある。
IMG_8690

広い岩と海のコラボ。
IMG_8689

天の川は45度から
IMG_8688

垂直まで全てOKっぽい。
IMG_8687

太陽は日の出が良さそうだ。
FullSizeRender

この日この時の潮位は1mを超えているので、潮位が低ければもっと岩が出てきて面白そう。
IMG_8692

    このエントリーをはてなブックマークに追加

見晴らしの良いところではある。

山中湖から忍野村を経由して林道をクルマで上っていける二十曲峠のロケハンに行ってみました。
IMG_5994

今日は風がものすごく強くて寒い日です。途中忍野村辺りで、富士山に笠雲がかかっていました。
IMG_4494

よく見ると、二重の笠雲。風でかなりたなびいています。
IMG_7777-HDR_hipasss

二十曲峠へはこのような林道を通っていきます。雪がなければすれ違いも所々でできますので、ゆっくり運転すれば割りと安全かと思いました。神奈川県の大野山の林道よりはよっぽど整備されています。
IMG_4507

富士八景というものがあるのですね。
http://202.174.49.116/wp_mt-fuji/wp-content/uploads/2012/02/fujihakkei.pdf
面白い考え方の八景です。
IMG_4495

看板のある展望所に着きます。
IMG_4496

奥には休憩所・広い駐車場・トイレもあります。夜間の撮影でも心配ありません。
IMG_4500

休憩所の前からバッチリ富士山が見えます。残念ながら今日の頂上は雲で覆われています。
IMG_4502

まだマシに冠雪が見える富士山です。砂埃が舞い上がり、三脚がブレるほどの風で顔が痛いです。雪景色や紅富士、方角的に天の川もコラボれるのではないでしょうか。
IMG_7783-HDRs

1月7日辺りと、
FullSizeRender

12月7日辺りはダイヤモンド富士を臨めそうです。
FullSizeRender

道路を挟んだ向こう側の駐車場に行ってみました。
IMG_4499

富士山は見えますが、電線と手前の木で眺めがよくありません。
IMG_4498

普通に展望所の前が一番良さそうです。しかし、これだけの眺めを得られる場所にクルマで上がってこれる環境を作っている山梨県は偉大です。次回は夜中に来るかと思いますので楽しみです。

次は日没のダイヤモンド富士を撮りに山中湖へ移動です。雲で駄目かな~。

    このエントリーをはてなブックマークに追加