撮り記・食い記

写真を撮ったり、美味しいモノを食べたりの日常の日記的記録です。時々ゲーム・サッカー。

タグ:しんば

カミさんがファンに…

ランチはどこで食べるか?の問いに「しんば」さん!と答えるカミさん。平塚市の追分にあるラーメン屋さんだ。ウチから散歩がてら行くには丁度いい距離なのだ。この日は若者を中心に満席となっていた。年寄りは僕たちだけだった。
お店に貼ってある紙。いつかじっくり読もうと写真を撮ってきた。読めば読むほど、深い味。僕は今日で醤油・塩・イカ煮干と全ての味を食べたけれど、麺の違いに気づかなかった。僕の舌も相当ダメだが、麺とスープの相性は抜群に良いということでしょう。
IMG_1275

若いお兄さんが働いていて、2人オペレーションになっていた。さらに新しい味が生まれてくるのでしょうか。僕は特わんたん塩らぁ麺(1100円)をオーダー。
FullSizeRender

この透き通った黄金色のスープは良きビジュアル。スープの一口目は魚系の味が塩味の下からやんわりしてくる。これがたまらなく和を感じさせてくれる。塩味自体はとてもまろやかなものだ。
張り紙にはコシのある麺とあるが、コシばかり感じる麺ではなくコシと柔らかさが同居している非常に口当たりの良い麺だ。麺の量は多いと思うが、なのに最後まで一気にすすれる非常にスープと相性のある麺だ。中細の麺。
チャーシューは恐らく、下から豚バラ、豚肩ロース、鶏胸肉、鴨肉だと思います。低温調理が精巧でどれも水々しくてどの肉か分からなくなるぐらい肉の味がする。1000円超えを納得させる具の一つだ。
味玉は白身部分もトロトロなタイプ。メンマは噛みごたえがあって、味が染み込んでいて麺とスープによく合う。
圧巻はワンタンだった。餡がめちゃめちゃ詰まっているにも関わらず、チュルチュルのワンタン皮の口当たりで、肉の力強さと同居している。小田原ワンタン麺をいくつか食べてきたが、どれも遠く及ばない。しんばのワンタンは宝石のようだ。ごちそうさまでした!
FullSizeRender

カミさんは2回連続特製塩らぁ麺(1000円)。チャーシューがバラ2枚なのかな?天外メニューに開発中の「つけ麺」が記載されていた。こりゃ、楽しみだ!
IMG_1296
--------
湘南 しんば
神奈川県平塚市追分7-9
https://www.facebook.com/shonansimba/

晩ご飯は貝汁で炒めたパラパラ炒飯。角煮添え。今日の休日も良い食事ばかりいただいた。幸せだ。
FullSizeRender

本日の相棒。庭の樹木に合わせて切ってある壁の前にて。
IMG_1273

    このエントリーをはてなブックマークに追加

名店へ!

明日からはまた北海道へ出張なので、今日のランチはカミさんと何食べようか~と、雨だったけど平塚の追分まで歩いてきました。そう、カミさんにどうしても「湘南しんば」さんのラーメンを食べてもらいたかったから。アルコール消毒液をビニ傘で守っているのが可愛い。
現在は11時~15時の昼営業です。
FullSizeRender

木目と水色で統一してある店内はカッコ良い。左奥に券売機と給水器が置いてある。
FullSizeRender

おっ、前回訪問時にはなかったイカ煮干しらぁめん(900円)が今日はあるではないですか!速攻ポチり。
FullSizeRender

いやらしくない、ちょうど良い加減の煮干しの香りと味、その奥に焼いたイカでしょうか…香りがする甘い返しの醤油スープはガツンとサラッとする不思議で美味いスープだ。
そしてしんばの麺が美味い。中細麺で、表現が難しいが、サワサワもちもちする素麺のような麺なのだ。年配の方はコシのある細くて小麦の香りのする給食のソフト麺(そんな麺出なかったけど…)を想像してもらいたい。スープと絡みまくること間違いなし。
チャーシューは2種1つはジューシーな部位で噛むと肉の美味さが滲み出てくる。もう一つのレアな方はコリコリとした食感で強いスープとよく合う。どちらもめちゃ美味い。
FullSizeRender

カミさんは特製塩らぁめん(1000円)。黄金の透明スープが美味そうだ。カミさん曰く、わんたんが超絶に美味いらしい。次は塩のわんたんらぁめんをいただこう。
この追分の地の飲食店は良く変わる。成功をして他にお店を出したり、なくなったり。複雑な気分だが、この美味さのしんばさんはずっとここにいてほしい美味いラーメン屋さんだ。歩いて来れるし。ごちそうさまでした!
IMG_0982
----------
湘南 しんば
神奈川県平塚市追分7-9


晩ご飯は今年初のおでん。すじ肉が美味い。
FullSizeRender

〆はタコ飯。タコ自体の美味さと、タコのエキスが染み渡ったご飯がススム。お焦げも美味いし、お茶漬けでも美味い。ごちそうさまでした!
FullSizeRender

明日からはしばらくまた北海道。念のため会社からコロナの抗原検査を依頼された。陰性で良かった!
FullSizeRender

    このエントリーをはてなブックマークに追加

こ、これは…

GWの連休最後の日、写真の現像をしながらぼーっと食べログを見ていると、何やら知らないラーメン店を徒歩圏内に発見。「湘南 しんば」さん。京都に移転したうどん屋の一汁七菜からいろんな麺屋が居抜きをしてきた追分のお店の場所だ。早速行ってみよう。
お店の外観はシンプル。店内も清潔感バッチリで、カウンターだけのつくりの麺屋さんは今までのお店と同じだ。
IMG_8517

イカ煮干しらぁ麺というのが気になったが、券売機では×となっていた。といっても、塩と醤油以外は全部×だったような気がした。ワンタンとかも×。
IMG_8520

ワンオペの店主はすごくいろいろ気がつく方で、消毒や席案内などすごく丁寧に行ってくれる。他の方向を見て調理をしていたはずなのだが、僕の箸を落とした音だけ聞いただけで次の箸をすぐに持ってきてくれた。素晴らしい。僕は醤油らぁ麺(800円)をポチった。
IMG_8518
テーブルセッティングはこんな感じ。

器がオリジナルで青いロゴが綺麗。
スープを一口。清湯系の醤油の味を楽しむスープだ。しかし美味い。醤油が複雑なのだ。甘いのに辛い、辛いのに甘い、そんな醤油味。動物系の味は鶏だろうか、ごっちメンと違ってほのかに感じるタイプ。
そして麺が美味い。醤油だから細めかと思いきや、中太の角がある麺。小麦感をすごく感じ、ねっとりしてモチモチしている。ネットリ感は粉なのだろうか、スープを吸い付けてくる感じ。好きだなぁ。塩は塩で製麺屋を変えて麺を変えているようなので、次回訪問時の塩の麺も楽しみだ。
チャーシューは2種、鶏と豚。どちらも低温調理のレアタイプ。肉厚で肉味が滲み出てくる。このスープ・麺。具のバランス…やばいなぁ。
FullSizeRender
口コミを読んでみると、門前仲町で有名ラーメン店をやっていた方が平塚に移転してきたらしい。嬉しいけど、なぜに平塚?!平塚も美味しいラーメン店が多くなって、週一限定ラーメンの僕には辛い状態になってきた。嬉しい悲鳴だが…。新店開拓か有名店リピートか…悩むなあ。ごちそうさまでした!
---------
湘南 しんば
神奈川県平塚市追分7-9



晩ご飯は手羽でした。ごちそうさまでした!
IMG_8524

    このエントリーをはてなブックマークに追加