撮り記・食い記

写真を撮ったり、美味しいモノを食べたりの日常の日記的記録です。時々ゲーム・サッカー。

カテゴリ: 撮影地

危険には近づいてはいけない。

明日は君津市で仕事なので、前日の今日から千葉入りをして風景写真を撮る計画でやってきた。しかし、今日は日本の東海上に台風10号が接近する日。慎重に行動しなければならない。
新舞子海水浴場に車を停めて、草原海岸に夕日を撮りに行くというのが基本的な計画だった。君津市街から新舞子海水浴場に向かう途中に東京湾観音大参道という看板を見付けたので、ちょっと行ってみることにした。
FullSizeRender

台風の雨はやんできた。ここら辺までは計画通り。曲がりくねった道路を上がると、巨大な観音像がいきなり現れる。今日は曜日の都合なのか、台風のためなのだろうか、入場は禁止されていた。駐車場は、かなりの台数が停められるひろいものがあった。
IMG_0286

入り口からは夕日と観音像のコラボが狙える。
FullSizeRender

夜はかろうじて垂直の天の川とコラボれるかどうか…しかし、夜にここに来てみたら巨大像が動いているんではないかなどの余計な妄想しか出てこない。山や海や川と違った意味でちょっと、怖いかな~
FullSizeRender

さて、新舞子海水浴場に向かってみたのだが、駐車場への進入路には警備員が立っていた。そう、新型コロナウイルス感染防止対策のために海水浴場は開設中止、しかも駐車場としても使用できないと警備員さんは言う。素晴らしい徹底ぶりだ。1回目の緊急事態宣言なみの厳戒態勢。草原海岸での撮影は諦めて撮影地を考えることにした。それにしても調べてくりゃ良かったな…
IMG_0293
そこで千葉県の災害マップにアクセスした。台風10号は千葉県の外房に大量の雨をふらせ、風をたたきつけ、多くの場所で避難指示などが出ていた。明日までは地盤が緩んでいる可能性が高いので、外房または外房地区にアクセスする道路は通らないように決めた。
そこで少し南の明鐘岬に向かってみた。4年前に先代のカメラで訪れた地である。

駐車場は数台分あり、防波堤に車を停めている人もいた。防波堤側から磯に降りることができる。映画「ふしぎな岬の物語」の舞台となった「音楽と珈琲の店 岬」の下である。おそらく度重なる台風や高波でがけ崩れがおきていた。災害が起こらないことを祈るばかりだ。
IMG_0294

到着した時には海の向こうに富士山が見えた。分厚い雲の下で狭く輝いている部分から雲を従えての登場だった。この後30分後には光の加減であろうか、雲はなくても富士山の姿をハッキリと認識できることはなかった。
IMG_0295

「音楽と珈琲の店 岬」から見える明鐘岬は波食棚が海へと続く荒々しくも美しい景色だ。
IMG_0296

さて、左側の岩の上にいる鳥、何の水鳥でしょう。僕の到着時から、この後撮影終了して撤収後もなお、この場にい続けていました。今日の僕の撮影を一部始終見ていたのはこいつだけです。
IMG_0085-CR2_DxO_HQ-Edit_マスク_ssha_R

台風一過時はきっと何かが起こると信じて撮影を続けます。左側の空には小さいけれど、彩雲の出現。
IMG_0299

台風一過だというのに雲の切れが良くない。この後北陸には台風9号が上陸する関係だろうか。太陽が見えそうなのはこの一瞬しかなさそうだ。急いで撮らねば。
IMG_0300

波食棚の先には雲と雲の切れ間から光条を伴った夕日がかろうじて見える。岩以外はオレンジティールに仕上げてみた。実際にそんな2色の世界だった。深度合成によって岩の質感を出すのを忘れずに行った。左の岩の上には相棒がいるぜ!
IMG_0095_R

少しだけ場所を変えて日没後の世界。この画角だと相棒は映らないぜ!でも、い続けてます。
IMG_0301

潮だまりが比較的多めに感じられる場所で空のリフレクションを狙ってみた。空にもう少し表情があれば面白い写真となっただろうが、自然を相手にないものねだりはできない。まあ、予想通りの絶景を見るためには、自然と一生付き合っていきましょうか。
IMG_0136_R

さて、外房は危険で、千葉県は雲予報も良くない。日の出まえに天の川撮影のワンチャンありそうな九十九谷展望広場駐車場へ。ここから東へは危険だし、ここに来るまでの山道でも折れた樹などが道路に落ちていた。
今日はおどやで購入したつぶ貝のボイルで一杯。
IMG_0303

〆はペヤングソース焼きそば。何ヶ月ぶりだろうか。久しぶりにカップものを食うと美味い。しかし、夏の夜のランタンには虫がけっこう飛んでくる。キャンパーたちはどうやって料理をしているんだろうか?!
FullSizeRender

    このエントリーをはてなブックマークに追加

人間と自然。

千葉県の君津で仕事を終えた後は、以前から行ってみたかった富津市の草原海岸へ写真撮影のロケハンに行ってみることにした。乃木坂46のMVロケ地にもなっているそうだ。
さて、地図上では草原海岸の入口にはカフェグローブさんというカフェがあるように見えた。佐貫町駅を過ぎた田園地帯からカフェグローブさんまでは道が細くなっていくので注意が必要だ。車のすれ違いは民家の軒先を使わせてもらわなければおそらくできないだろう。
FullSizeRender

こちらがカフェグローブの駐車場(この写真は撮影帰り時の日没後)。こちらの駐車場は来店時はもちろん、車の方向転換、海岸への散歩には利用してOKという内容が看板に書かれていたので早速車を停めさせていただいて、ロケハンに出発してみた。
IMG_9480

民家を抜けると、海岸への砂道が出てくる。海へと抜けそうな、僕が好きな感じの道である。バッと青い海でも出てきそうだからだ。この道は右でも左でもほぼ同じところに出るので、どっちに進んでも大丈夫だ。
IMG_9454

背丈の高い草を抜けるとそこは海を臨む草原地帯になっていた。おおっ、これは素晴らしい。角度によっては人工物が一切目に見えない砂と草と海だけの場所。千葉にはいろんな秘境があって面白い。ここは僕の中でもトップクラスのお気に入りの場所なった。写真撮影抜きにして、ここでお弁当を食べてワインでも一杯やりたくなる。今度はカミさんを連れてこよう。
IMG_9455

草原は西向きなので写真撮影のポイント時間は主に夕日時となるだろう。1年中大丈夫そうだ。
FullSizeRender

ハマカンゾウでしょうか。オレンジ色の百合が咲いています。今日の夕日のモチーフはこの百合の花に決定です。
FullSizeRender

サボテンの花も見られました。さて、問題は①梅雨時なので雲がある天気予報 ②夕日時に何の交通手段でここまで来るか? の2つ。①は考えてもどうしようもない。
そこで、ロケハンの帰り時にはちょうどカフェグローブのお店の方が駐車場にいらっしゃったので交渉をしてみた。料金をお支払いするので、夕方の夕日写真撮影時に車を停めさせてくれないかという交渉である。答えはノー。それを認めてしまうと止めどなく、いろんな人間が来てしまうという理由。素晴らしい。お金を払うといった自分が恥ずかしくなった。自然を守るためには限りなく人間の出入りを少なくする、これを長年こちらの店主の方は守り続けてきたという訳だ。さて、どうするかだ。
FullSizeRender

ま、飯でも食ってゆっくり考えようとやってきたのは新舞子海水浴場。道すがら、いろんな場所をキョロって来たが、草原海岸付近の道路では車を停めるような場所は一切なかった。ここ新舞子海水浴場の駐車場は約100台が無料で停められる。目の前がすぐ海という抜群のロケーションだ。
IMG_9461

そしてトイレもある。車中泊には抜群の場所だ。メモっておこう。ん?草原海岸へはここから歩いて行けばいいじゃん。Google Mapsでみても2kmほど。通勤時の平塚駅までとほぼ同じ距離じゃん。その計画でここで夕方まで過ごそうと決めた。
IMG_9462

ソロの外飯ぐらいなら、こんな感じでテーブルセットができる。
FullSizeRender

今日はREGALOのパスタにセブンイレブンのカット野菜半分を入れて、日清フーズ マ・マー あえるだけパスタソース ペペロンチーニを混ぜただけのパスタ。しかし、これが美味かった!決まり文句で申し訳ないが、外で食べるご飯は僕が作ったものでも美味い。
FullSizeRender

そして食後は焼酎と、久しぶりのサッポロポテトバーベQあじが止まらなくなった。そして車中で寝落ちである。
FullSizeRender

新舞子海水浴場からは山の上に建つ東京湾観音が見える。他県から来た僕には違和感ばっちりの建立物である。ん?この位置からは北極星グルグルができそうだ。観音様が立つ山の上に行けば、天の川もコラボできるのかな?今度ロケハンに行ってみよう。
IMG_9466

    このエントリーをはてなブックマークに追加

海・海・海。

館山での仕事が終わった後は風景写真撮影のためのロケハン。まずはここ「館山 海の景色」という駐車場。
FullSizeRender

景色はそれほどでもない。近所に民家があるために車中泊での外での煮炊きも難しい。完全車中泊や館山撮影の待機場所としては使えそうだ。
FullSizeRender

続いては伊戸漁港(いとぎょこう)にやってきた。漁港食堂 だいぼの駐車場でもある伊戸駐車場に車を停めた
FullSizeRender

海辺のかなり広い駐車場だ。民家からもかなり離れているので駐車場の端に車を停めて海側にテーブルを出しての夜の煮炊きはできそうだ。
IMG_9424

公衆トイレもあるので安心だ。
IMG_9425

付近の探索。干潮時なのでいろんな岩が出ている。ちょっと道路沿いに歩いてこの辺り。
FullSizeRender

岩と岩の間から夕日が臨めそうだが、激的に心惹かれる景色でもないか。
FullSizeRender

ここは少し盛り上がっていて高台になっている。海に向かって南西向きなので天の川が臨めそう。
FullSizeRender

こんな岩と海の景色に…
IMG_9423

垂直に立つ天の川を中心に撮れる。東でも西でも画角に入れることができそうだ。
FullSizeRender

もう一箇所はこちら。だいぼの海側にある人工的な生簀群。
FullSizeRender

こんな生簀が岩をくり抜かれて作られている。
IMG_9427

夕日のリフレクションが撮れるかどうかだ。
FullSizeRender

続いては洲崎漁港の南側を探索。ここは以前神社から浜の鳥居辺りをロケハンしたのだが、南側の海岸には行っていないことに気づいた。車は257号線から浜の鳥居に入る道に停められる。
FullSizeRender

細長い岩礁が西の海へと突き出している。今日の夕日撮影はここにしよう。手前の大量に漂着している海藻はテングサというらしい。漁港のおじさんに聞いてみた。
IMG_9429

夕日もちょうど良く今日はど真ん中辺りに落ちてきそうだ。
FullSizeRender

上の場所からさらに少し南側に歩いた場所。
FullSizeRender

浅瀬が丸くなっている場所。
IMG_9431

こちらも上手くいけば夕日とコラボさせれば面白いかもしれない。
FullSizeRender

そしてそこから南を向くと、そこは岩の惑星。この景色は好きだ。
IMG_9433

しかも天の川がコラボできる場所だ。早く梅雨よ終わりなさい!
FullSizeRender

    このエントリーをはてなブックマークに追加

最悪の準備。

今日は仕事場の葛西に車で行っていたので、その帰りに写真撮影をと横浜に寄ってみた。今日の被写体はザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜。臨港パークの近くに新しくできたホテルである。全面鏡面の建物だ。
IMG_9318

臨港パーク駐車場に車を停め、いろんな方向から見て回った。
IMG_9320

ここからは直線と曲線で面白いな~などと小一時間見て回った。夜にはどんな景色を見せてくれるのかと長期滞在の計画でいた。さて、雲があるうちに一通り撮っておこうと、車に一眼レフを取りに行った。うわっ、三脚を忘れていることに気づいた。僕は三脚がなければ写真を撮れない病に陥っている。しかし、忘れてしまったのでどうしょうもない。
IMG_9323

手持ちで撮ってみた。動揺していて時期を逸している。鏡面に雲が写っていない。ボツ。
IMG_1581-CR2_DxO_DeepPRIME_マスク_覆い焼き_ssha_R

手持ち撮影の深度合成に挑戦してみた。見事に花の上部が2重になってしまった。ボツ。再挑戦しよう、カハラよ。しかし、DxO PureRAWの有効性が確認できたのは良かった。
IMG_1591-CR2_DxO_DeepPRIME_深度合成_マスク_ssha_R

次回の夜景は樹々の窓構図によるヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルも撮ってみようっと。
IMG_9319

夜景を撮らなかったので晩ご飯にはありつけた。ホルモン炒め!ごちそうさまでした!
FullSizeRender

    このエントリーをはてなブックマークに追加

ルールは絶対。

神奈川県松田町寄(やどりき)に天然のホタルが飛来するという噂をききつけネットで調べてみると、そのものズバリの場所は出てこなかったが、「寄七つ星ドッグラン」の駐車場横の川というキーワードは出てきたのでとにかくその近くに行ってみた。

しかし、ドッグランの駐車場は1日500円、16時で閉場(ドッグラン奥の寄マス釣場駐車場も同様)となるのでゲンジボタルが飛び出す20時までも停めておくわけにもいかなかった。※写真は閉園後に1匹だけいたワンチャン。僕の顔を見るや走ってきて、おしっこをして帰っていったわ(笑)
IMG_9215

そこで周りを探してみた。平成館という旅館(現在の営業は不明)の川側に無料の駐車スペースがあった。谷戸口橋の手前を左折するとすぐだ。
FullSizeRender

平成館さんの壁には大きく「蛍」の文字があって期待が高まる。
IMG_9202

駐車スペースはこんな感じでかなり広い。大自然真っ只中の駐車スペースである。
IMG_9207

駐車場から南を見るとこんな景色。
IMG_9206

方角的には天の川がバッチリコラボできる。川に降りても天の川は画角に入るだろう。
FullSizeRender

駐車場脇には茂みを抜けて河原に出られる小道があった。
IMG_9211

この河原でテントを張ってデイキャンプをしていたご家族に蛍の飛ぶ場所を訪ねたが、昼間専門で数回しか来たことがないらしく分からなかった。
IMG_9210

この浮石群を渡っていくと寄マス釣場のキャンプエリアの方に行くことができる。ただしキャンプは有料エリアなのでもちろん不可だ。
IMG_9209

しかし水が綺麗だ。が、このような草のない流れの早い川に蛍は飛ぶのだろうか?!ちょっと心配になりつつも夜を待つしかないという状態になっていた。
IMG_9208

無料駐車スペースから行けるトイレはここ。歩いて5分ぐらいだろうか。僕はお腹がゆるいので早速お世話になった。
FullSizeRender

このトイレも広い駐車スペースがあるので車で来ても安心だ。さあ、調査は終わって後は神のみぞ知る。僕はiPhoneのアラームを18時にして車中で睡眠に入った。
IMG_9212

18時にはムクリと起きた。少し薄暗くなっている。19時まではさらに辺りを探ってみようと、谷戸口橋からマス釣り場の奥まで歩いてみた。橋にはホタルの絵が飾ってあるので、確かにこの辺りでほたるは飛んでいる(いた)ようだ。
IMG_9214

これが釣り堀のある寄自然休養村 清流マス釣り場だ。昼間はなかなかの人出だったが、今はほとんど人がいない。
IMG_9216

マス釣り場を通り過ぎたところで、ルアーの練習池にカメラを2台向けてチェアをスタンバってるおじさんがいた。そしてそのおじさんは僕の顔を見るなり「蛍?」と声をかけてきた。そんなに蛍の顔をしていたのだろうか。そのルアー練習池の向こう側に流れている小さな川に蛍が飛ぶらしい。さすが地元の方、そして去年も来ている方、頼もしい限りだ。
IMG_9217

一旦車に戻ってから19時30分ごろに中津川の方からチェック。19時50分ごろまでは飛んでいなかった(撮影終了後にはいろんな地点で1匹づつは飛んでいた)ので、20時前には池に行ってみた。
これはすごい。池の反対側から見てもかなりの数が飛んでいる。池横の駐車場はこの時間では無料状態になっているので相当数のご家族やカップルが見学に来ていた。非常にアクセスのしやすい蛍見学場所だと思う。完全にマス釣り場の私有地だと思うので、①過度な光で照らさない ②ゴミを捨てない ③蛍を採らない ④宿泊施設が近くにあるので大声を出さない ⑤川に入らない などのルールを守ればお子様が簡単に見学できる場所なので是非みんなで見てほしいと思う。来年は僕もカミさんを連れてこようと思っている。
IMG_9222

写真はこちら。20時15分を過ぎると、見学者はほとんどいなくなった。教えてくれたおじさんと距離をとって三脚を設置。同じく池にリフレクションする蛍の光跡を狙ってみた。ss30秒×30枚のデータを比較明合成している。もう少し焦点距離の長いレンズを選択した方が良かったかな?
最盛時間(20時30分程度で少なくなった)には100匹程度の蛍が飛んでいたと思う。まさに乱舞状態。おじさんに教えてもらったのは、飛んでるのは雄、岸辺で休んでいるのは雌とのこと。雌のリフレクションも美しい。
今回のこのマス釣り場の蛍は目で見ているともっと美しく感じた。15分間はレリーズで連続撮影をしていたのでその間の時間はぼーっと幻想的な時間を過ごせた。昼間から長時間待ったかいがあったというものだ。おじさん!ありがとうございました!
IMG_1560-強化_背景_中央値_比較明_マスク_ssha_特定色域_オートン_R

撤収時に蛍が車内に入っていた!僕の身体に付いてきたのだろうか。綺麗な光をありがとね。ウインドウをおろしたらフワフワと飛んでいきました。ありがとう!
IMG_9225

    このエントリーをはてなブックマークに追加