撮り記・食い記

写真を撮ったり、美味しいモノを食べたりの日常の日記的記録です。時々ゲーム・サッカー。

カテゴリ: 撮影地

人間と自然。

千葉県の君津で仕事を終えた後は、以前から行ってみたかった富津市の草原海岸へ写真撮影のロケハンに行ってみることにした。乃木坂46のMVロケ地にもなっているそうだ。
さて、地図上では草原海岸の入口にはカフェグローブさんというカフェがあるように見えた。佐貫町駅を過ぎた田園地帯からカフェグローブさんまでは道が細くなっていくので注意が必要だ。車のすれ違いは民家の軒先を使わせてもらわなければおそらくできないだろう。
FullSizeRender

こちらがカフェグローブの駐車場(この写真は撮影帰り時の日没後)。こちらの駐車場は来店時はもちろん、車の方向転換、海岸への散歩には利用してOKという内容が看板に書かれていたので早速車を停めさせていただいて、ロケハンに出発してみた。
IMG_9480

民家を抜けると、海岸への砂道が出てくる。海へと抜けそうな、僕が好きな感じの道である。バッと青い海でも出てきそうだからだ。この道は右でも左でもほぼ同じところに出るので、どっちに進んでも大丈夫だ。
IMG_9454

背丈の高い草を抜けるとそこは海を臨む草原地帯になっていた。おおっ、これは素晴らしい。角度によっては人工物が一切目に見えない砂と草と海だけの場所。千葉にはいろんな秘境があって面白い。ここは僕の中でもトップクラスのお気に入りの場所なった。写真撮影抜きにして、ここでお弁当を食べてワインでも一杯やりたくなる。今度はカミさんを連れてこよう。
IMG_9455

草原は西向きなので写真撮影のポイント時間は主に夕日時となるだろう。1年中大丈夫そうだ。
FullSizeRender

ハマカンゾウでしょうか。オレンジ色の百合が咲いています。今日の夕日のモチーフはこの百合の花に決定です。
FullSizeRender

サボテンの花も見られました。さて、問題は①梅雨時なので雲がある天気予報 ②夕日時に何の交通手段でここまで来るか? の2つ。①は考えてもどうしようもない。
そこで、ロケハンの帰り時にはちょうどカフェグローブのお店の方が駐車場にいらっしゃったので交渉をしてみた。料金をお支払いするので、夕方の夕日写真撮影時に車を停めさせてくれないかという交渉である。答えはノー。それを認めてしまうと止めどなく、いろんな人間が来てしまうという理由。素晴らしい。お金を払うといった自分が恥ずかしくなった。自然を守るためには限りなく人間の出入りを少なくする、これを長年こちらの店主の方は守り続けてきたという訳だ。さて、どうするかだ。
FullSizeRender

ま、飯でも食ってゆっくり考えようとやってきたのは新舞子海水浴場。道すがら、いろんな場所をキョロって来たが、草原海岸付近の道路では車を停めるような場所は一切なかった。ここ新舞子海水浴場の駐車場は約100台が無料で停められる。目の前がすぐ海という抜群のロケーションだ。
IMG_9461

そしてトイレもある。車中泊には抜群の場所だ。メモっておこう。ん?草原海岸へはここから歩いて行けばいいじゃん。Google Mapsでみても2kmほど。通勤時の平塚駅までとほぼ同じ距離じゃん。その計画でここで夕方まで過ごそうと決めた。
IMG_9462

ソロの外飯ぐらいなら、こんな感じでテーブルセットができる。
FullSizeRender

今日はREGALOのパスタにセブンイレブンのカット野菜半分を入れて、日清フーズ マ・マー あえるだけパスタソース ペペロンチーニを混ぜただけのパスタ。しかし、これが美味かった!決まり文句で申し訳ないが、外で食べるご飯は僕が作ったものでも美味い。
FullSizeRender

そして食後は焼酎と、久しぶりのサッポロポテトバーベQあじが止まらなくなった。そして車中で寝落ちである。
FullSizeRender

新舞子海水浴場からは山の上に建つ東京湾観音が見える。他県から来た僕には違和感ばっちりの建立物である。ん?この位置からは北極星グルグルができそうだ。観音様が立つ山の上に行けば、天の川もコラボできるのかな?今度ロケハンに行ってみよう。
IMG_9466

    このエントリーをはてなブックマークに追加

海・海・海。

館山での仕事が終わった後は風景写真撮影のためのロケハン。まずはここ「館山 海の景色」という駐車場。
FullSizeRender

景色はそれほどでもない。近所に民家があるために車中泊での外での煮炊きも難しい。完全車中泊や館山撮影の待機場所としては使えそうだ。
FullSizeRender

続いては伊戸漁港(いとぎょこう)にやってきた。漁港食堂 だいぼの駐車場でもある伊戸駐車場に車を停めた
FullSizeRender

海辺のかなり広い駐車場だ。民家からもかなり離れているので駐車場の端に車を停めて海側にテーブルを出しての夜の煮炊きはできそうだ。
IMG_9424

公衆トイレもあるので安心だ。
IMG_9425

付近の探索。干潮時なのでいろんな岩が出ている。ちょっと道路沿いに歩いてこの辺り。
FullSizeRender

岩と岩の間から夕日が臨めそうだが、激的に心惹かれる景色でもないか。
FullSizeRender

ここは少し盛り上がっていて高台になっている。海に向かって南西向きなので天の川が臨めそう。
FullSizeRender

こんな岩と海の景色に…
IMG_9423

垂直に立つ天の川を中心に撮れる。東でも西でも画角に入れることができそうだ。
FullSizeRender

もう一箇所はこちら。だいぼの海側にある人工的な生簀群。
FullSizeRender

こんな生簀が岩をくり抜かれて作られている。
IMG_9427

夕日のリフレクションが撮れるかどうかだ。
FullSizeRender

続いては洲崎漁港の南側を探索。ここは以前神社から浜の鳥居辺りをロケハンしたのだが、南側の海岸には行っていないことに気づいた。車は257号線から浜の鳥居に入る道に停められる。
FullSizeRender

細長い岩礁が西の海へと突き出している。今日の夕日撮影はここにしよう。手前の大量に漂着している海藻はテングサというらしい。漁港のおじさんに聞いてみた。
IMG_9429

夕日もちょうど良く今日はど真ん中辺りに落ちてきそうだ。
FullSizeRender

上の場所からさらに少し南側に歩いた場所。
FullSizeRender

浅瀬が丸くなっている場所。
IMG_9431

こちらも上手くいけば夕日とコラボさせれば面白いかもしれない。
FullSizeRender

そしてそこから南を向くと、そこは岩の惑星。この景色は好きだ。
IMG_9433

しかも天の川がコラボできる場所だ。早く梅雨よ終わりなさい!
FullSizeRender

    このエントリーをはてなブックマークに追加

最悪の準備。

今日は仕事場の葛西に車で行っていたので、その帰りに写真撮影をと横浜に寄ってみた。今日の被写体はザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜。臨港パークの近くに新しくできたホテルである。全面鏡面の建物だ。
IMG_9318

臨港パーク駐車場に車を停め、いろんな方向から見て回った。
IMG_9320

ここからは直線と曲線で面白いな~などと小一時間見て回った。夜にはどんな景色を見せてくれるのかと長期滞在の計画でいた。さて、雲があるうちに一通り撮っておこうと、車に一眼レフを取りに行った。うわっ、三脚を忘れていることに気づいた。僕は三脚がなければ写真を撮れない病に陥っている。しかし、忘れてしまったのでどうしょうもない。
IMG_9323

手持ちで撮ってみた。動揺していて時期を逸している。鏡面に雲が写っていない。ボツ。
IMG_1581-CR2_DxO_DeepPRIME_マスク_覆い焼き_ssha_R

手持ち撮影の深度合成に挑戦してみた。見事に花の上部が2重になってしまった。ボツ。再挑戦しよう、カハラよ。しかし、DxO PureRAWの有効性が確認できたのは良かった。
IMG_1591-CR2_DxO_DeepPRIME_深度合成_マスク_ssha_R

次回の夜景は樹々の窓構図によるヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルも撮ってみようっと。
IMG_9319

夜景を撮らなかったので晩ご飯にはありつけた。ホルモン炒め!ごちそうさまでした!
FullSizeRender

    このエントリーをはてなブックマークに追加

ルールは絶対。

神奈川県松田町寄(やどりき)に天然のホタルが飛来するという噂をききつけネットで調べてみると、そのものズバリの場所は出てこなかったが、「寄七つ星ドッグラン」の駐車場横の川というキーワードは出てきたのでとにかくその近くに行ってみた。

しかし、ドッグランの駐車場は1日500円、16時で閉場(ドッグラン奥の寄マス釣場駐車場も同様)となるのでゲンジボタルが飛び出す20時までも停めておくわけにもいかなかった。※写真は閉園後に1匹だけいたワンチャン。僕の顔を見るや走ってきて、おしっこをして帰っていったわ(笑)
IMG_9215

そこで周りを探してみた。平成館という旅館(現在の営業は不明)の川側に無料の駐車スペースがあった。谷戸口橋の手前を左折するとすぐだ。
FullSizeRender

平成館さんの壁には大きく「蛍」の文字があって期待が高まる。
IMG_9202

駐車スペースはこんな感じでかなり広い。大自然真っ只中の駐車スペースである。
IMG_9207

駐車場から南を見るとこんな景色。
IMG_9206

方角的には天の川がバッチリコラボできる。川に降りても天の川は画角に入るだろう。
FullSizeRender

駐車場脇には茂みを抜けて河原に出られる小道があった。
IMG_9211

この河原でテントを張ってデイキャンプをしていたご家族に蛍の飛ぶ場所を訪ねたが、昼間専門で数回しか来たことがないらしく分からなかった。
IMG_9210

この浮石群を渡っていくと寄マス釣場のキャンプエリアの方に行くことができる。ただしキャンプは有料エリアなのでもちろん不可だ。
IMG_9209

しかし水が綺麗だ。が、このような草のない流れの早い川に蛍は飛ぶのだろうか?!ちょっと心配になりつつも夜を待つしかないという状態になっていた。
IMG_9208

無料駐車スペースから行けるトイレはここ。歩いて5分ぐらいだろうか。僕はお腹がゆるいので早速お世話になった。
FullSizeRender

このトイレも広い駐車スペースがあるので車で来ても安心だ。さあ、調査は終わって後は神のみぞ知る。僕はiPhoneのアラームを18時にして車中で睡眠に入った。
IMG_9212

18時にはムクリと起きた。少し薄暗くなっている。19時まではさらに辺りを探ってみようと、谷戸口橋からマス釣り場の奥まで歩いてみた。橋にはホタルの絵が飾ってあるので、確かにこの辺りでほたるは飛んでいる(いた)ようだ。
IMG_9214

これが釣り堀のある寄自然休養村 清流マス釣り場だ。昼間はなかなかの人出だったが、今はほとんど人がいない。
IMG_9216

マス釣り場を通り過ぎたところで、ルアーの練習池にカメラを2台向けてチェアをスタンバってるおじさんがいた。そしてそのおじさんは僕の顔を見るなり「蛍?」と声をかけてきた。そんなに蛍の顔をしていたのだろうか。そのルアー練習池の向こう側に流れている小さな川に蛍が飛ぶらしい。さすが地元の方、そして去年も来ている方、頼もしい限りだ。
IMG_9217

一旦車に戻ってから19時30分ごろに中津川の方からチェック。19時50分ごろまでは飛んでいなかった(撮影終了後にはいろんな地点で1匹づつは飛んでいた)ので、20時前には池に行ってみた。
これはすごい。池の反対側から見てもかなりの数が飛んでいる。池横の駐車場はこの時間では無料状態になっているので相当数のご家族やカップルが見学に来ていた。非常にアクセスのしやすい蛍見学場所だと思う。完全にマス釣り場の私有地だと思うので、①過度な光で照らさない ②ゴミを捨てない ③蛍を採らない ④宿泊施設が近くにあるので大声を出さない ⑤川に入らない などのルールを守ればお子様が簡単に見学できる場所なので是非みんなで見てほしいと思う。来年は僕もカミさんを連れてこようと思っている。
IMG_9222

写真はこちら。20時15分を過ぎると、見学者はほとんどいなくなった。教えてくれたおじさんと距離をとって三脚を設置。同じく池にリフレクションする蛍の光跡を狙ってみた。ss30秒×30枚のデータを比較明合成している。もう少し焦点距離の長いレンズを選択した方が良かったかな?
最盛時間(20時30分程度で少なくなった)には100匹程度の蛍が飛んでいたと思う。まさに乱舞状態。おじさんに教えてもらったのは、飛んでるのは雄、岸辺で休んでいるのは雌とのこと。雌のリフレクションも美しい。
今回のこのマス釣り場の蛍は目で見ているともっと美しく感じた。15分間はレリーズで連続撮影をしていたのでその間の時間はぼーっと幻想的な時間を過ごせた。昼間から長時間待ったかいがあったというものだ。おじさん!ありがとうございました!
IMG_1560-強化_背景_中央値_比較明_マスク_ssha_特定色域_オートン_R

撤収時に蛍が車内に入っていた!僕の身体に付いてきたのだろうか。綺麗な光をありがとね。ウインドウをおろしたらフワフワと飛んでいきました。ありがとう!
IMG_9225

    このエントリーをはてなブックマークに追加

やっぱり自然には勝てないね。

カミさんの実家でのお義母さんの用事が案外早く済んだので、ささやかな写真撮影タイムが開始された。まずはカミさんの実家近くの田んぼ。この田んぼの向こうに電車が走る。田植え時期の特長として田んぼにモノがリフレクションする。これを狙うという訳だ。
IMG_9110

こんな感じ。いや~、鉄道写真は難しい。この写真を撮った時間は15時。実は朝9時に同じこの場所でこの鉄道風景を撮っているのだが…。①電車の高さと両数が分からない:朝は2両だったので、画角からはみ出してしまった。ディーゼルなのでパンタグラフがないので車両でどれぐらいの背景が隠れるか分からない。 ②電車の動きが早い:朝はSS1/250秒で良いだろうと撮るとブレていた。この写真は1/500秒。 ③スタックができない:SSを早くするためにISOを高くしても電車写真は一瞬なので、スタックしてノイズ減少などの技術を使えない。 ④ダイヤを知る:駅間を何時に通過するか、踏切の音を感じられるか、電車の車輪音を感じられるかなど五感を研ぎ澄まさねばならない ⑤ローカル線は本数が少ない:姫新線は1時間に1本平均。チャンスは少ない。
IMG_1449_R

ニャースの色違いポケモンゲット。でも2匹目なんだよね~
FullSizeRender

さて、その後は施設に入っているお義父さんへ、父の日プレゼントを届けるために佐用町の平福に行っていた。ん~、コロナ禍なので面会することはできず、2年間ほどお義父さんには会っていない。元気にやっていて、コロナワクチンも2回摂取終了しているとのこと。いつまでも元気でいてほしいものだ。
そして平福には「利神城」というお城がある。山の上にある山城だ。雲海の上に見えるお城として有名なのは兵庫県の竹田城だが、実は利神城のあるこの平福地域も佐用川からの霧が立ち、雲海上の城址としての景観を見せてくれる。現在は佐用町のホームページを見てみると、城郭の崩落などがあるのでガイド付きのツアー以外の登山は禁止しているようだ。だが…
IMG_9112

遠くからの風景写真が撮れるのではとロケハンをしてみた。道の駅 ひらふくにある展望台からだ。
FullSizeRender

展望台には道の駅脇から登れる車道があって、駐車場に車が停めれます。
IMG_9117

左端にあるのが利神城址。よく見ると、城壁を修復しているのが分かった。シートなどがかけられている。竹田城と並ぶ観光の資源にしようとしているのでしょうか。期待できそうです。安全が確保されたなら、一度は登ってみたい山となりそうです。
IMG_9115

天の川は早い時期の東側。ちょっと遠いかな?やはり山に登ってもっと近づかなければ駄目でしょうね。
FullSizeRender

太陽との関係は日の出との関係が良いでしょう。ここからは望遠で狙うのが良いのでは?
FullSizeRender

さて、お義父さんへプレゼントを届けた後は、かねてから温めてきた姫新線の撮影スポットかと勝手に思ってきた相坂へ。たつの市から佐用町に抜ける国道179号線の峠である。
FullSizeRender

撮影場所は橋梁橋の一択。大きなトラックがびゅんびゅん通るので三脚は使えない。というか、手持ち撮影でもけっこう危険が伴う場所かなと思いました。
IMG_9119

こんな感じで森の中を通る1両のローカル線を撮ることができる。日照は日の出時と夕日時に線路に入ってくるはずである。秘境感たっぷりな鉄道風景写真を撮ることができる場所だった!ちょっと幸せ。
IMG_1458-強化-超解像度_マスク_覆い焼き_ssha_オートン_blend_R

続いてはこれも前から気になっていた大川稲荷神社鳥居と姫新線のコラボ。179号線の太陽発電パネル横に車を停めてしばらく歩いてはみたが、線路に立ち入れないので鳥居側に行くことができなかった。あるカメラマンは線路を歩いて超えていったのだが、やはりマナー違反はやめときましょう。歩いて車の方まで帰還。農道への路駐カメラマンとか、けっこう目立つ場所でした。まあ、田植えの時期だからね~とか言っても駄目なものは駄目でしょう。
IMG_9120

ということで、駐車している場所手前でじゃがいもの花と姫新線とのコラボを狙う。お義母さんの買い物時に通った時に目をつけていたじゃがいもの白い花である。
IMG_9121

しか~し、これが鉄道写真の難しいところ、というか僕の完全失敗。電車が来る!っと待ってた瞬間にライブビュー撮影にしてた!僕のカメラはライブビューだと連続撮影ができない。ここから連続撮影をして、もう少し電車が進んで向こうの駐車車を隠すぐらいの写真を選択する想定をしていた。
IMG_1474_R

気づいて次のシャッターを押した写真はこれ。間の写真はまったく撮れなかった。いい感じで待ち受けできてたのに~。次の電車はあと1時間後、光もなくなる。残念ながら今日はこれで撤収~。
IMG_1475_R

夕食まえにはお義母さん、カミさんと3人で蛍を見に行くことを計画。子どもたちが小さい頃、今は施設に入っているお義父さんに連れて行ってもらった場所を思い出しながらのショートドライブだ。本郷川沿いの道を北上する。かなり上に行ったがいない。そして飛ぶといわている20時。Uターンして帰ってきた本郷川沿いには3人がびっくりするほどのゲンジボタルの乱舞!写真は動画から切り出したものなので点々しか写ってないが、本当に乱舞の言葉がぴったりの景色だった。お義母さんもカミさんもおそらく40年ぶりの蛍鑑賞に感激してた!今日はみんなと一緒なので一眼レフの出番はないけど、写真を趣味にして自然に興味を出してきたかいがあったと感じた瞬間だった。
FullSizeRender

ゲンジボタルなので人間への耐性はまだある方なので、場所は公開します。ここです。川には至る所にホタルは存在しているが、この場所には駐車スペースがあります。お子様などには見せたほうが良いと思いますので内緒で教えます。ここです。くれぐれも、ゴミ、めったやたらの光、などには注意して鑑賞してくだいね。
FullSizeRender

お義母さんが育てた初獲れきゅうり。きゅうりの味がしっかりするんだよね!
IMG_9128

いろんな経験をした後は焼き肉!みんな刺激的な1日を過ごせたようで、会話も盛り上がる!ただ、お義母さんは口の中の傷に染みるみたいでがんばって食べてる感じ。でも、久しぶりに人と話しながら食べる食事で楽しそう。
IMG_9129

〆は地元で有名なホルモン焼きうどん。この焼きうどんの麺を作っている平谷製麺所さんが急用で買えなかったのが残念。普通のうどんでのホルモン焼きうどん。いや、環境・食事などいろいろごちそうさまでした!
IMG_9130

本日の相棒。川の上にて。
IMG_9099

    このエントリーをはてなブックマークに追加