撮り記・食い記

写真を撮ったり、美味しいモノを食べたりの日常の日記的記録です。時々ゲーム・サッカー。

カテゴリ:

秘境へ。

この日はあいかわ公園内にある大沢の滝を日の出時に写真撮影をしようと2時半ぐらいに車で出発をした。しかし、あいかわ公園の南駐車場は8時30分に開門なので駐車不可。宮ヶ瀬ダム右岸駐車場に移動してそこから臨めないかと思ったが、ここも通路のゲートが下がっていて車の進入不可。大棚沢広場駐車場も鎖が下がってる。水の郷第2駐車場も無料の表示にも関わらず閉まってる。何時に開くんだろう?
IMG_8989

水の郷第1駐車場・小中沢駐車場・宮ヶ瀬虹の大橋手前の駐車場・鳥居原園地駐車場など全ての駐車場に停められず、朝の宮ヶ瀬湖撮影は断念してお釜の滝に向かってみることにした。それにしても、日の出前は確かに経済的に地元にお金を落とすことは少ないとは思うが、湖と日の出とか霧の湖の日の出とか、立派な観光資源になるんではないだろうか…とカメラマン的には思うのだが。そういう地道な努力なくしてネイチャーは取り上げられないと思うのだが。小中沢駐車場なんかはそんな時間帯は有料にしてしまえば良いのに。私は使います。下のスクショはあいかわ公園から迷い果てた僕の車のタイムライン(笑)
さまよい

ここはお釜の滝付近の地図。
お釜の滝

駐車文字の場所に車が停まっていて、赤ピンの場所で写真を撮っている。え~!誰かのブログによるとこの斜面を降りていってるんだよね。無理だ~。踏み道すらない。お釜の滝は諦めよう。ということで写真の朝活は断念して朝飯を食べる場所を探すことにした。道志川沿いの道志みちなんだから、川を見ながらの場所があるだろうとまた車で彷徨った。
IMG_8990

これが案外良い場所がなかった!バカンス村 NG→寺入の滝 車が入れないNG→青山親水公園 ゲート締めNG→ちょうど、青山親水公園の対岸を走っていると、河原に降りれる坂道を発見。ここは川にポールが設置してあるカヌーの練習場だった。よく見ると、直火BBQの跡もある。ここで朝食としよう。
IMG_8991

朝食はカット野菜の半分をコンソメスープで煮込んだもの。そして昨日の筍ご飯の残りでおにぎり。綺麗な水辺での食事が美味い。今日の目的地は青野原オートキャンプ場組合。デイキャンプは8時のオープンなのでここで8時近くまで車の中でゴロゴロしていた。こんな時間が楽しくてたまらない。
IMG_8992

8時になったので、青野原オートキャンプ場組合に車を停めてから牧馬大滝・牧馬小滝へと向かう。この滝へと向かうには、車で来た場合の出発地は青野原オートキャンプ場組合か青野原野呂ロッジキャンプ場しかないのではないだろうか。
IMG_9012

長靴と蚊取り器を装備してから、吊り橋を渡っていきます。
IMG_9009

川沿いの道はこんなに細いので少々不安になりますが…
IMG_9013

大滝入口という看板がすぐに出てくる。方向が指すように左に曲がっていく。
IMG_9014

すると、いきなり道の土砂が崩れてなくなっているので、木の根っこからロープをつたって河原に降りることになっていた。危険な箇所といえばここが一番危険だったかも。
IMG_9015

こんな河原を歩いていった。前回来た時はこの河原にはくるぶしほどの水があり川となって下の堰へと流れていた。雨が少ないのだろう、水が全くなくて歩きやすいのは歩きやすい。しかし同時に水不足が心配だ。
IMG_9016

ここは左側の川の地域には大規模な土砂崩れがあったみたいで土や倒木で通行ができないので、右手の木の中を通っていくようになる。ピンク色のリボンが目印かと思われた。
IMG_9017

途中に出現する大きな岩壁。一眼レフで狙ってはみたものの、ちょっと絵にならなかったので残念ながらスルー。
IMG_9019

そして牧馬小滝がすぐにある。前回訪問時はこの5倍ぐらいの水量で、なかなか面白い滝だということで川に三脚を立てて下から撮ってはみたのだが、如何せんこの水量では絵にならない。今日は早々に右側のトラロープを掴んで上に超えていった。この小滝を通らないと、大滝には行けない。
IMG_9020

牧馬小滝を超えて少し右に曲がると牧馬大滝が見えてくる。3方を岩壁に囲まれた秘境感抜群の滝だ。
FullSizeRender

ほとんどの滝は落ちてきた方向に川を形成させているのだが、この滝は滝壺から横に川を形成している珍しい滝だ。
IMG_9021

ドームの屋根が開いた感じの樹々の間から光が差し込んでくる。その光と影を強調すると、洞窟感が増すように思えた。僕の17mmレンズでも樹上ギリギリから滝下まで入らなかったので、パノラマ撮影に切り替えた。横2枚のパノラマ写真合成である。細い筋の水の流れも美しい。樹々の部分はオートン効果でふんわり、岩の部分はオートン効果なしでガッチリという表現手法をとっている。
IMG_1348-強化-Pano_深度合成_光_ssha_オートン_blend_R

今日は水量が少ないので滝の奥側にも簡単に来ることができた。森の緑が綺麗なのでそこをカメラに収めてみた。
IMG_9023

こちら側からのアングルだと緑の面積が多い。ゆえにオートン効果は写真全体にかけても違和感なく幻想的になった。水の落ち方も実に柔らかかったのでオートンが合う。最初に滝の水具合が良いSSを決めてから、その前後の露出で合計5枚。ピントは滝の手前と森の始まりの2箇所。計10枚の中から良いヒストグラムの露出の2枚を選んで深度合成。
IMG_1357-強化_深度合成_マスク_覆い焼き_ssha_オートン_R

さて、帰り道。牧馬小滝は今日は被写体にならなかったが、小滝の上で僕のカメラは止まった。三脚を短く立ててみた。
IMG_9026

水量が少ないので、長細い岩が水面から顔を出している。その隙間に写る新緑の緑、そして透ける川底。遠景には明暗差が美しい緑の森。樹々の集合体だ。ピントは手前の岩、真ん中の丸石、遠景の森の始まりの3箇所を深度合成。水面に映る緑を強調させる色再現。長靴が活躍したシーンだ。初夏のネイチャーが気持ち良い。
IMG_1389-強化_深度合成_blend_マスク_光_ssha_オートン_ssha_R

茶色の蝶だか蛾が大量発生。写真ではよく見ないと分からないが…あとコバエも大量発生していた。水量と何かの関係があるのだろうか。
IMG_9028

この写真にはトカゲが写ってます。多分2匹。山の中のトカゲがあまり逃げないのは人馴れしていないからだろうか。
IMG_9029

    このエントリーをはてなブックマークに追加

海空居酒屋。

今日は曇り。天の川写真撮影のワンチャンを狙って、神奈川県の三浦海岸に車中泊をすることにした。仕事場の東京から行ったので久里浜を通過した。久里浜にはこんな名前の道路が存在していた。
FullSizeRender

お風呂には入れないので、着替えも兼ねて海辺の湯 久里浜店に寄った。久里浜のフェリー乗り場にある銭湯だ。土日は880円で一般入浴できる。駐車場は広く、海が見える露天風呂があるので良いお風呂なのではないだろうか。
IMG_8793

三浦海岸の南側には無料駐車スペースがいくつかある。全部見て回ったが、三浦海岸朝日ビュースポット近くの駐車場が一番良さそうだった。15時頃に到着したのだが無料駐車スペースはほぼ満車だった。では、京急ストア 三浦海岸店まで買い出しに行くことにしよう。
IMG_8795

天の川の出現と撮影チャンスは明日の2時から4時なので時間はたっぷりある。海が見える居酒屋の開店だ。
IMG_8794

買い出しでは焼き肉の食材を買ってきたのだが、今日はマグカップに砂が入り込んでくるほど風が強い。火力を保てるのか心配になってきた。YAHOO!天気を見ても21時ぐらいまで風速10m以上となっている。
IMG_8799

ま、タフまるの風耐性の実験ということで焼き肉を開始してみた。今日は京急ストアに売っていたラム肉だ。羊好きの僕にはたまらなく美味しそうに見えたお肉だった。
FullSizeRender

直接駐車場で焼き肉をするのはマナー違反の気がするので、砂浜までの階段状のコンクリートを使わせてもらった。眼前は一面の海と砂浜だ。美味しいお酒を飲みたいので、今日は夕日時の写真撮影はなしにして、キャンプ飯に没頭しようとしている。
IMG_8801

ジンギスカン風にもやしを敷いてから焼こうと考えたが、①鉄板がメスティンサイズで小さくてもやしを乗せるのが難しい ②風で火が横揺れするのでもやしの高さで火が通らない なので肉ともやしを単独で鉄板で焼くことにした。もやしぐらい苦労しないで焼けなければ困るので、クッカーの買い直しを考えることにしよう。
IMG_8803

三浦海岸は東向きなので直接の夕日は見ることができないが、日没時は反対側の東の空もピンクに染まってきた。トワイライトの良い景色を見ながらだと、肉もお酒も美味い。が、風は相変わらずふいている。
IMG_8805

完全日没後は〆のパスタを作る。月の砂漠ならぬ月の砂浜での食事もおつなものだ。が、しかし、風が強くて火が流れて、タフまるをもってしてもお湯が沸騰しない!
IMG_8806

急遽、車の後部に調理場を移動。少し火が安定してきた。
IMG_8809

無事に完成。パスタはレガーロ。僕はやはりこのパスタが好きだ。パスタソースは青の洞窟のボロネーゼ。この組み合わせが最強に良かった。
IMG_8784

辺りは完全に夜。かすかに見える海から波の音が聞こえてくる。波音レストランでパスタを食す。最近は写真を撮るよりこの時間の方が楽しみになってきているのかもしれない。楽しい。〆をいただいた後は社内でゲームでもしながら眠りにつく。すぐ後ろが215号線なので、時々暴走族の爆音も聞こえる夜だった…
IMG_8811

さて、アラームで起きたのは2時。空はどんよりとした雲に覆われている。残念ながら天の川は完全に見えない。それではと頭をよぎる夜の岩と雲の長時間露光撮影などを振り払い、明日の朝ごはんが楽しみなので、ぐっすり寝ることにした。再睡眠へ~
IMG_8813

朝は日の出の写真をワンショット撮ってから、ご飯を作り出した。コンソメで昨日の余りのもやしとラムを煮てスープにする。これとおにぎりだ。海を見ながらの朝食。最高の時間だ。当分写真撮影と車中泊は辞められない。
IMG_8821

帰宅後のお昼ごはんは寿がきやの袋ラーメン。前に愛知のサービスエリアで購入しておいたもの。
FullSizeRender

かくし味はかなり大量の魚粉。こんなに魚っぽい豚骨ラーメンだったかな…
FullSizeRender

    このエントリーをはてなブックマークに追加

花は心を安らげる。

神奈川県のコロナ感染防止策として、県外には遊びに出ないでとあるので、今はなかなか風景写真撮影遠征に行けない。車で千葉県に仕事で来ている今日はほんの少々のチャンスだ。しかし、夕日時しかそのチャンスはない。それ以降は雲が出てきて星は見れそうにないし、朝は仕事で君津に出発せねばならない。
館山市の布良海岸で見つけておいたミヤコグサの群生を狙う。砂浜に咲く小さく黄色くかわいい花だ。ここはキャンプマナビス 海サイトの近くにある海岸だ。
IMG_8673

太陽が沈む前、辺りがオレンジ色の光に包まれて花の黄色さが増す時間だ。深度合成で手前から奥までかっちりピントを合わせて、オートン効果で幻想的に。たまたま漁船が通りかかったのでそちらもいただきました。
IMG_1146-強化_R

太陽が沈む時はこちら。館山~白浜辺りの岩場にはかつて生簀として使っていた人工の岩のくぼみが多くある。今日はこのくぼみにミヤコグサが生えているという珍しい景色を発見した。
IMG_8676

横構図バージョン。海岸の広さと岩肌の質感を強調した構図。殺風景な岩場にひっそりと固まるカラフルな花。岩場のオアシスのようだ。
IMG_1201_R

縦構図。岩場の奥行き表現とミヤコグサを主役にした絵だ。この頃になると、太陽の右横に富士山のシルエットが浮かび上がってきた。房総半島の南端でも見える富士山とは何と大きい存在なのだろう。
IMG_1235_R

雲があって稜線が見えないのが残念だが、日本人なら富士山と認識できるレベルかな。
IMG_8681

急いで富士山をテーマにできる場所を瞬間的に探して移動してみた。こればかりは予想していなかったなぁ。
IMG_8682

岩場の間から姿を見せる富士山シルエット。岩の間から照らされる夕日の赤い光。今日の1日はこれで終わりという静寂が流れる。もちろんこの海岸にはこの時誰もいなかった。
IMG_1274_R

さて、コロナ対策なのか南房総の生活時間なのか、19時過ぎまで写真撮影をしていると、飲食店はほぼ営業を終了にしている。必然的にコンビニ食となるのだが、この房総白浜ウミサトホテルで久しぶりに食べたカップヌードル BIGがこれまた美味かった。これはこれで悪くないかな。
IMG_8683

こちらのホテルはオーシャンビューで温泉がついている。現在、部屋にWi-Fiがないのが残念だが、広い部屋に泊まれて心地よいホテルだった。
IMG_8685

左奥の白い建物だけど、塩浦海水浴場の目の前に建っている。この日はあわよくば天の川撮影ができるのではないかとこのホテルに決めたのだが、夜は雲が出て無理だった。また来ます、南房総。
IMG_8693

    このエントリーをはてなブックマークに追加

秘境千葉。

君津での仕事を終えた後は館山に写真撮影のロケハンに向かう。Google Mapsで気になっていた館山砂丘だ。館山カントリークラブの北側にある砂地らしいが…。
クラブハウスのちょうど裏側に北側に入る砂利道が出てくる。
IMG_8635

間隔を開ければ何台かの車が停められる駐車スペースがあった。
IMG_8636

奥の道を歩いて行くと、何やら砂の固まりが見えてくる。これがGoogle Maps上の砂山だ。緑地の中にポッカリと砂が溜まっているのはこれも変わった光景だ。
IMG_8637

海に向かって右側の砂丘陵からゴルフ場を見下ろした風景は…。しかし何でこんなところにゴルフ場作るかな?!必要か~?!
IMG_8638

夜はゴルフ場の灯りが目立つのだろうか。
IMG_8640

天の川がゴルフ場辺りから立つイメージだろうか。
IMG_8639

太陽としては冬の夕日が良い感じなのだろう。
FullSizeRender

砂山をさらに登っていくと頂上から下りだしたところで、向こう側に何やら開けた場所が見えてくる。
IMG_8642

お?!砂の斜面が…
IMG_8643

砂の斜面が下って上って?!ちょうど先行の見学人が真ん中にいます。スケール感が分かるでしょう。これだけでも珍景だ。周りに植物があるのが余計に違和感を出している。これが「館山砂丘」か!
IMG_8644

海側の砂丘を下から眺めてみる。
IMG_8648

こんな感じの光景に…
IMG_8647

天の川は45度から、
IMG_8645

垂直までコラボできそう。
IMG_8646

太陽は冬の朝日で砂が輝きそう!
FullSizeRender

夕日は来た道の砂山方面で砂が輝きそう。
FullSizeRender

山側の斜面に登って海側の砂丘を見た図。夜になれば面白いかもしれない。それにしても変わった風景だ。チャンスがあれば天の川撮影に訪れてみたい。
IMG_8652

悲しいかな、白浜フラワーパーク Ocean's キャンプ場の閉業をこの目で確かめた後、布良海岸のロケハンに行ってみた。どうすればこの海岸にたどり着けるのか…
房総フラワーラインから青木繁記念碑方面に行く道路はキャンプマナビス 海サイトや私有地にしか行けない道路なので進めない。しかし、このキャンプマナビス 海サイトは見ただけで良いキャンプ場だと感じた。いつかここに泊まって天の川撮影に呆けたいものだ。
FullSizeRender

房総フラワーラインからは相浜の交差点を布良港線を海の方に入っていくとすれ違いのできる大きな道路が続く。
FullSizeRender

車で進入できる限界地に布良児童遊園の広い駐車場があるのでここに車を停めて海岸に行ける。
IMG_8658

まずは海岸に建っている素敵な一軒家の向こう側。
IMG_8656

斜めに倒れた岩床が海に伸びる白浜独特の風景のひとつ。天の川は垂直が一番合うでしょう。
IMG_8657

そして布良児童遊園から改めて調査。駐車場の海側に堤防道に降りる小道がある。
IMG_8659

階段で海に直接降りることができる。
IMG_8660

この時点での潮位は1mを少し超えたところ。
IMG_8661


階段を降りてすぐの場所。
IMG_8664

白浜らしい細長い岩が海に縞状に伸びている場所でアクセスは簡単。潮位は低ければ低いほどビジュアルが良さそうだ。
IMG_8663

天の川は左側に垂直がせいいっぱい。左に傾いてる時期や時間は画角に入らない可能性がある。
IMG_8662

夕日のシーンの方が撮り安そうだ。冬至がベストっぽい。
FullSizeRender

潮位が高いと隣りの磯場には簡単には移動できないようだ。
IMG_8665

道路上から見える風景①
IMG_8667

道路上から見える風景②
IMG_8668

道路上から見える風景③
IMG_8669

それぞれの赤いエリアは海からは行き来ができない。いったん道路に登ってから小道でのアクセスが必要になる。
FullSizeRender

さらにキャンプマナビス 海サイト方面に行くと公衆トイレがある。いざという時の頼りになる相棒だ。
IMG_8671

そして次の日は塩浦海水浴場をロケハン。ここも広い駐車場がある。夏のシーズンには有料駐車場となるのだろうか。
IMG_8686

駐車場を奥に歩いていくと岩場がある。
IMG_8690

広い岩と海のコラボ。
IMG_8689

天の川は45度から
IMG_8688

垂直まで全てOKっぽい。
IMG_8687

太陽は日の出が良さそうだ。
FullSizeRender

この日この時の潮位は1mを超えているので、潮位が低ければもっと岩が出てきて面白そう。
IMG_8692

    このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ、いいよ!

朝から大滝沢の地獄棚と大滝という2つの滝を見てきた後は、疲れた身体を癒すべく「大滝キャンプ場」でソロデイキャンプだ。県道76号線の新大滝橋をくぐった所にある。デイキャンプは車1台770円、ひとり770円、なので僕は1540円だ。予約はバンガローしか受けていないので、キャンプは早めに行った方が良いかもしれない。
FullSizeRender

管理棟の前を川の方に細い道を降りていくと、右と左に分かれる。右側のキャンプサイトには写真のような川を渡って行く。僕は左側のキャンプサイトに行った。
IMG_8335

とにかく綺麗な水の川のほとりにキャンプサイトが続く。子どもたちが遊んでいるのが楽しそうだ。
IMG_8336

左側のキャンプサイトの一番奥。結構な距離があって奥まで十分広い。奥側にも仮設トイレがあるので急なもよおしものでも安心だ。
IMG_8337

管理棟の裏にはピザ窯があって自分たちでピザを作って焼けるみたいだ。この日も何人かは作っていた。
IMG_8339

僕は中間地点ぐらいの木陰に車を置いてベースを作った。飲酒を少々したいので昼前から肉を焼き出すという計画だ。
IMG_8326

ベースといっても僕のベースはいつもこれだけ。網のテーブル、簡易な椅子、ガスコンロ、ゴミ箱、食材、夜だったらここにランタンが追加される。新緑の山々を見ながら食事開始だ。
IMG_8328

まずは牛肉を鉄板で焼く。お義母さん製の美味いタレと塩胡椒で交互にいただく。戸外飯はやはり美味い。風景写真撮影が趣味なのだが、最近はこちらの楽しみも外出の動機付けとなっている。
IMG_8330

どこからともなく黒いワンちゃんがやって来た。鋭い目つきをしていたが、食べ物に寄ってくるでもなく大人しく一人散歩をしている。
IMG_8329

どうやらキャンプ場で飼っている犬みたいだ。後でトイレに行った時に見てみたら、管理棟近くで呑気にくつろいでいた。
IMG_8334

牛肉を3切れぐらい残しておき、〆のカレーうどんを食べる。家で切ってきた玉ねぎと揚げを入れて煮る。ヒガシマル醤油のカレーうどんのもとは万能選手だ。そしてメスティンもひとつあれば何にでも使うことができて便利だ。
IMG_8331

食後はサッと片付け。テーブルや椅子は川で洗えばすぐに綺麗になる。そしてこれから夕方までのお昼寝の時間で全て乾いてしまう。セレナはフルフラットにしてあるので、片付けが終わればすぐに睡眠に入ることができる。フルフラット、こいつもやはり便利だ。それではおやすみなさい。
FullSizeRender
後でキャンプ仲間に聞いたところ、こちらの大滝キャンプ場にもヒロシが出没するようだ。環境が良くて広くて平らで、車を横付けできるこちらのキャンプ場はお勧めかもしれない。

本日の相棒。キャンプ場にて。
IMG_8340

    このエントリーをはてなブックマークに追加